読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住3年めのサクが紹介するブログです。

バンコク発タイ国内旅行先の超個人的ランキング(随時更新)

f:id:saku_bangkok:20160731105945j:plain

バンコクに越してきてもうすぐ2年半。私も夫も旅行好きなので、タイの連休を利用して色んなところに出かけました。まだまだ出かけたい場所や興味があるイベントはたくさん残っていますが、これまで行った場所について現時点での超個人的ランキングを作成しちゃいます。随時更新予定です!

 ちなみに、私たち夫婦の旅行パターンはこんな感じ。

  • タイ国内旅行は一泊二日か長くて二泊三日。連休の最後の一日は家でゆっくりしたい派。
  • ホテルは三ツ星を中心にセレクト。コスパ重視。
  • 夫はタイ料理が嫌いなので、タイ国内旅行先ではイタリアンを中心とした西洋料理が主。
  • ダイビング、シュノーケリングはしない。アクティビティも基本しない。景色が見られれば十分。街の散策は大好き。
  • 夫は乗り物大好き。旅先での楽しみの一つがレンタルバイクに乗ること。
  • 夫婦ともどもツアーはあまり好きじゃない。なるべくツアーは回避。

 そんな私達夫婦がこれまで行ったタイ国内旅行先は以下の7箇所です。日帰りで行ったところは除きました。まだまだ行っていないところがたくさんあるなぁ~。まぁボチボチ増やしていけたらと思います。 

  • プーケット(①二泊三日、②一泊二日)
  • チェンマイ(一泊二日)
  • ホアヒン(一泊二日)
  • サメット島(一泊二日)
  • カンチャナブリ(一泊二日)
  • クラビ(含ピピ島)(二泊三日) 
  • チャーン島(二泊三日)

それでは、超個人的ランキングを発表していきます!なお、各項目の★は最高5個(物価は安い方が高評価)で評価しています。 

 

第7位 ホアヒン

雰囲気:★★★ 食事:★★★ 物価:★★★ 景色:★★★

ホアヒン、良かったですよ。でも、これといった特徴は無いかなというのが正直なところ。気軽に行くには遠すぎるし、海がすごくキレイというわけでもないし。ホアヒンではホテルステイを楽しむのがいいのかな?ホアヒンの良さが分かるには、我々はおこちゃますぎたのでしょうか? 

  1. ホアヒン旅行 旅程とロットゥ 
  2. アフタヌーンティー@センタラグランドホテル【ホアヒン旅行】
  3. ホアヒン駅&カオタキアップ【ホアヒン旅行】
  4. チャオレイシーフード【ホアヒン旅行】 
  5. ホテルリゾートデパスカニー【ホアヒン旅行】
  6. 昔の王様の別荘【ホアヒン旅行】

 

第6位 カンチャナブリ

雰囲気:★★ 食事:★★ 物価:★★★★ 景色:★★★★

太平洋戦争時に旧日本軍が建設した泰緬鉄道が残るカンチャナブリ。日本人としては一度は見ておくべきなのかなと思います。国鉄トンブリー駅からナムトック駅まで、泰緬鉄道の残っている部分を全線制覇したのは良い思い出になりました。電車内でのタイの人々との触れ合いが楽しかったです。ヒンダート温泉はムリして行かなくても良かったかな。 

  1. 【カンチャナブリ旅行】 電車に乗ってカンチャナブリ
  2. 【カンチャナブリ旅行】移動手段まとめ (バス,レンタカー,ソンテウ,ロットゥー) 
  3. 【カンチャナブリ旅行】ザ ブリッジ レジデンス ホテル
  4. 【カンチャナブリ旅行】カンチャナブリ市内観光 
  5. 【カンチャナブリ旅行】ヒンダート温泉とヘルファイアパス 
  6. 【カンチャナブリ旅行】サイヨークノイ滝入り口の道の駅 

 

第5位 プーケット

雰囲気:★★★ 食事:★★★ 物価:★ 景色:★★★★

プーケットには雨季と乾季に2回行きました。やはり海は乾季の方が断然キレイですね。でも絵葉書にのっているような美しい海を期待するなら、離島に行った方が良いみたいですね。我々は離島に行っていないのでなんとも言えませんが。パトンビーチ沿いに広がる街はとても賑わっていて楽しかったです。惜しむらくは物価がリゾート価格で高めだったということ。日本から行けばそんなに感じないんでしょうけどねー。バンコクから行くと気になる。

<1回目>

  1. プーケットへ新婚旅行 その1 カタタニプーケットビーチリゾート 
  2. プーケットへ新婚旅行 その2
  3. プーケットへ新婚旅行 その3 プーケットファンタシー 
  4. プーケットへ新婚旅行 その4
  5. プーケットへ新婚旅行 総括!

<2回目>

  1. 【2度目のプーケット】初めてのパトンビーチ
  2. 【2度目のプーケット】お手頃価格だけどしっかりリゾート!バーンライマイビーチリゾート 

第4位 チャーン島

雰囲気:★★★★ 食事:★★ 物価:★★ 景色:★★★★★

タイ東部、カンボジアと国境を接するトラート県にある島です。島の南部にあるロングビーチがとにかく美しくってとても印象に残っています。海の美しさでは、サメット島よりチャーン島の方がキレイだったのですが、チャーン島はとにかく遠い。バンコクからバスで6時間、船で40分。これを考えるともう一度行くならサメット島でいいかな、と思ってしまったので4位にしました。

島自体はとても良いところなので、ぜひ一度は訪れてほしいです!

第3位 サメット島

雰囲気:★★★ 食事:★★ 物価:★ 景色:★★★★

バンコクからバスで行ける島、サメット島です。海や砂浜がキレイで、とても楽しめました。島特有ののんびりした感じも良かったです。リゾートなので物価は高めですが、サメット島までのバス代が安いので、そこまで気にならなかったです。もう一度訪れたい場所の一つです。 

  1. 【サメット島旅行】サメット島までの行き方 
  2. 【サメット島旅行】 超おすすめホテル!バーアンドベッド
  3. 【サメット島旅行】サメット島の思い出 

第2位 チェンマイ

雰囲気:★★★★★ 食事:★★★ 物価:★★★★ 景色:★★★★★

タイの古都チェンマイ。街中にお寺がありとても雰囲気が良かったです。山の上にある金色のお寺ドイ・ステープは必見です!一泊しかしてないので、まだまだ訪れたい場所が残っています。一斉にランタンを上げるコムローイも在タイ中に一回は参加してみたい!体験した人に話を聞くと、すごく感動するみたいですねー。

  1. 寝台列車でチェンマイ旅行 その1
  2. 寝台列車でチェンマイ旅行 その2
  3. 寝台列車でチェンマイ旅行 その3 
  4. 寝台列車でチェンマイ旅行 その4 
  5. 寝台列車でチェンマイ旅行 その5 
  6. 寝台列車でチェンマイ旅行 その6 
  7. 寝台列車でチェンマイ旅行 その7 
  8. 寝台列車でチェンマイ旅行 その8

第1位 クラビ(含ピピ島)

雰囲気:★★★★★ 食事:★★★★★ 物価:★★★★ 景色:★★★★★

これまで訪問した中だとクラビが文句なしの1位です。私たちはクラビタウンに滞在したのですが、こぢんまりとした街の雰囲気が良かったですし、美味しいレストランに出会うこともできました。ゴツゴツとした岩山やマングローブ林がもも珍しく楽しめました。そしてピピ島の海の美しかったこと! また行きたいです。 

  1. クラビもピピ島も本物の楽園でした【クラビ・ピピ島旅行1】
  2. クラビタウンのゲストハウスOrange Tree House 【クラビ・ピピ島旅行2】
  3. 憧れの南の島~ピピ島へ【クラビ・ピピ島旅行3】
  4. アットホームなクラビタウンのホテルKrabi Cozy Place Hotel【クラビ・ピピ島旅行4】
  5. クラビタウンで絶対に行きたいレストランCAFE EUROPA【クラビ・ピピ島旅行5】

以上が我々がこれまで訪れた場所になりますが、タイにはまだまだ行ってみたい場所がたくさんあります。ビーチリゾートで行きたいのはサムイ島、リペ島あたり。山ならカオヤイですね。今後も旅行に行く度に随時ランキングを更新して行こうと思います!

 ****************************

ブログランキングに参加しています。
気に入ってもらえたらポチっとお願いします。↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ