タイ国内旅行

パタヤの国際花火大会に行ってきた!人が少なくてゆっくり見れる花火大会だよ

パタヤの花火大会2019

パタヤ国際花火大会に2年連続で行っていきました。今年も人が少なくて、のんびり見れて最高でした。昨年書いたブログに今年の花火の写真を追記して更新します。

 

2018年のパタヤの花火大会

スケジュール

花火大会は2018年6月8日(金)、9日(土)の二日間にわたって行われました。スケジュールは以下の画像のとおりです。

*1

スケジュールを見てもらえば分かるとおり、1日につき3回(オープニング、Part1、Part2)に分けて花火が打ち上げられ、花火と花火の合間にはコンサートが行われます。

私は9日の花火を見学したのですが、案の定スケジュールが押してこの時間どおりには進みませんでした。

花火が上がる場所

花火を打ち上げるのはパタヤビーチです。ビーチロードとセントラルパタヤロードが交わるあたりの沖合に浮島が作られて、そこから花火が打ち上がっていました。

花火が打ち上がるところの正面のビーチにはメインステージが作られていて、ここでコンサートが行われてようです。

花火大会直前の周辺の様子

花火大会が始まるまで周辺をぶらぶら散策してみました。

こちらはビーチロードの様子です。ビーチ沿いに露天が並んでいます。

六時半くらいはまだまだ人影もまばらでした。

こちらは六時半ごろのビーチの様子です。まだまだ余裕で場所とりできそう。

メインステージのところでは、300バーツでチケットが売っていました。ちゃんと聞いたわけじゃないけど、これを買えば特等席で花火が見れるのかな?

結果的には有料の席を抑えなくても十分に大迫力の花火を見ることができたので、買う必要はないと思います。

Pattaya Discovery Beach Hotelから見た花火

私達は花火が見えるビーチ沿いのホテルを予約していたので、オープニング花火とPart1の花火はそちらから見ました。

予約したのはPattaya Discovery Brach Hotelです。

Pattaya Discovery Brach Hotelの価格を調べる

Hotels.com・☆Expedia・☆agoda

予約したのは花火大会の前日でしたが空いていました。チェックイン時に花火が見える部屋にしてって頼んで、6階の10号室をあてがってもらいました。

こちらがホテルの部屋のベランダから撮影した花火です。

パタヤビーチに上がるきれいな花火を見ることができました。

Hard Rock Cafe前から見た花火

Part2の花火はHard Rock Cafeに晩ごはんを食べに行っているタイミングで始まったので、Hard Rock Cafeの目の前から見学しました。

ホテルから見る花火も十分に良かったんだけれど、やはり間近から見ると迫力満点!その分人混みもすごいんじゃないかと警戒していたんだけど、意外にそうでもなくって快適に花火を見学できました。

 

2019年のパタヤの花火大会

次は2019年の花火の様子です。

スケジュールはPR PattayaのFacebookに載っていました。

花火は両日とも20:00, 20:15, コンサートをはさんで、21:35, 21:50の四回に分けて打ち上げるスケジュールでした。

打ち上がる場所は、2018年と同様、だいたいヒルトンの前あたりだったように思います。

今回はホテルではなくてビーチで花火鑑賞&撮影してみました。小さい三脚しか持っていないので、より人混みが少ない南側の無料ゾーンから見ました。

打ち上げ前のパタヤビーチの様子。

そして、花火です。

パタヤの花火大会2019

こんな感じで様々なタイプの花火が打ち上がって、見応えがありました。

私はミニミニ三脚しか持っていないので、どうかなと思ったけれど、人が少なかったからちゃんと花火の写真が撮れましたよ。花火の写真を撮る方法は以下のとおり。

【覚書】SONYα6300で花火の写真を撮る方法 今週末、パタヤで花火大会があります。せっかく行くならきれいな花火の写真が撮りたい!ってことで花火の撮り方を復習しました。メモを残...

これだけの花火を人混みに疲弊することなく見られるっていうのはなかなかないと思います。来年も開催されるなら、また行きたいです。

バンコクからパタヤへの行き方は、こちらの記事をご参照ください。エカマイからバスに乗れば、安くサクッといけます。

バンコクからパタヤへバスで行く方法
バンコクからパタヤへの行き方【エカマイ・バスターミナルからバスに乗る方法】 先日パタヤに花火を見に行ってきました。バンコクからパタヤまではエカマイ・バスターミナルからバスに乗っていきました。 所要時...

*1:画像はパタヤ市Facebookより引用

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年5月現在) 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です