バンコク観光

【スワンナプーム国際空港】利用方法まとめ~両替・SIM・タクシー・お土産~

スワンナプーム国際空港まとめ タイトル画像

日本から、タイ国際航空、JAL、ANAなどを利用してバンコクに来る場合に、降り立つのがスワンナプーム国際空港です。

最近では、沖縄発着のLCC、Peachもスワンナプーム国際空港発着ですね。

そこで、タイに来るのが初めての方でも迷わないよう、スワンナプーム国際空港の情報についてまとめておきたいと思います。

 

日本からスワンナプーム国際空港に到着後

まずはスワンナプーム国際空港で飛行機を降りてから、バンコク市内行きのタクシーに乗るまでの流れに沿って解説します。

 

入国審査

飛行機を降りたあとに、まず向かうのは入国審査(イミグレーション)です。

機内で出入国カードが配布されると思うので、記入を済ませておきましょう。万が一機内でもらいそびれても、入国審査の近くにも置いてあるから焦らなくてもOK。

記入方法についてはタイ国政府観光庁のページをご参照ください。

入国審査のレーンはいくつかに分かれていますが、Foreignerと書かれたレーンに並びまます。

自分の番が来たら、パスポート出入国カードを審査官に提出して審査を受けます。

パスポートが返却されたら、正しい日付でスタンプが押されていることを確認しておきましょう。また返却された出国カードは帰りに必要になるので大切にとっておいてください。

そのほか注意点としては、入国審査エリアでの写真撮影は厳しく禁じられています。絶対にやめましょう。

入国審査は長く待つこともあります。待っている間に空港の無料WiFiにつないでおけば便利です。以下の記事でつなぎ方を解説しています。

スワンナプーム国際空港で無料WiFiに接続する方法
スワンナプーム国際空港での無料WiFiへの接続方法 海外旅行で現地の空港に着いたら、まずはスマホをインターネットにつなげたいもの。 そんな需要に応えて、バンコクの玄関口スワン...

 

預け荷物のピックアップ

入国審査エリアを抜けると、預け荷物のピックアップエリア(Baggage Claim)に向かいます。

掲示板で自分の便の荷物が出てくるレーンを確認し、荷物をピックアップします。

 

税関

荷物をピックアップしたら、税関を抜けて到着ロビーへと進んでください。

税関は特に申告するものがなければ緑色の「Nothing to Declare」のレーンを通ります。

 

両替

スワンナプーム国際空港で両替するなら、BフロアのオレンジのSUPER RICHなどの両替所が集まっているところがおすすめです。

Bフロアのエアポートレイルリンクの乗り場に向かう途中にあります。

このあたりに集合している両替所なら、バンコク市内と同じくらいレートが良いから、滞在中に必要な分をまとめて両替しちゃって大丈夫です。

他の階の両替所はレートが良くないから、多少遠くてもBフロアまで来るのがおすすめ。

営業時間はお店によって違いますが、オレンジのスーパーリッチは5:30-23:00。(※でも2019年6月に私が行ったときには9:00ごろ閉まってました。なぜだろう?他の両替所は営業していました。)

深夜到着便の場合は、残念ですが別の両替所を利用するしかないですね。

オレンジと緑のスーパーリッチは、バンコク市内にたくさんあってレートが良く、安心して利用できる両替所です。ここで見た目を覚えておくといいかも。

オレンジのスーパーリッチ@スワンナプーム国際空港オレンジのスーパーリッチ
緑のスーパーリッチ@スワンナプーム国際空港緑のスーパーリッチ

 

SIMの購入

両替ができたら、通信手段を確保するため、SIMを購入しましょう。

先程のB階の両替所が集まっているエリアにもSIMを買える場所があります。

スワンナプーム国際空港 SIMの店

お値段はこちら。

スワンナプーム国際空港のSIM 価格

ただし、タイで使えるトラベルSIMは、日本の通販で安く売っているので、旅行まで時間があるなら事前に購入しておいてもよいと思います。

 

近くには、ポケットWiFiレンタルのお店もたくさんあります。

 

荷物の一時預かり&配送

荷物の一時預かり&配送@スワンナプーム国際空港

B階の両替所が集まっているエリアには、荷物の一時預かりや配送を請け負っているカウンターがあります。

ここで先日友人が利用してよかったというAIRPORTELSのカウンターも発見!24時間営業なので、深夜早朝到着便でも利用できます。

荷物の預かりは、荷物の大きさに関係なく1日(24H)100バーツ(約350円)です。

滞在ホテルへの荷物配送サービスも行っています。

バンコク・スワンナプーム国際空港
バンコクの空港ホテル間の荷物配送・保管サービスを利用して身軽に旅行【AIRPORTELs】 GWに日本からバンコクに遊びに来てくれた友人に便利なサービスを教えてもらったので、備忘録としてメモ。 空港→ホテル、ホテル...

 

タクシー乗り場

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動は、大きな荷物があるならタクシーが便利だと思います。

パブリックタクシーの乗り場は1階にあります。タクシーは24時間営業。深夜でももちろん利用できます。

タクシーを利用するには、まずは自動端末から整理券のようなチケットを入手します。

普通のタクシー(セダン)or大きなタクシー(ワゴン)、希望する大きさのタクシーの自動端末機の列に並びます。

自分の順番が来たら、自動端末のタッチパネルを押してチケットをもらいます。チケットが出てくるまではしばらく時間がかかります。

こちらがチケットです。

印字されているレーンナンバー(この場合は59)に行き、そこに停まっているタクシーのナンバーを確認&チケットをタクシー運転手に見せてあっていることをお互いに確認してから乗り込みます。

このチケットには、タクシーでトラブルがあった場合の連絡先なども書いてあるので、ちゃんと自分で持っておくこと。少なくとも写真に撮って記録に残しておくことが肝心です。

タクシーの運賃は以下のとおり。

メーター+高速料金+空港利用料の50バーツ

最近は、Grab(グラブ)というタクシー配車アプリがあって、

  • 行き先はアプリで入力するので口頭で伝える必要がない
  • ぼったくられることがない

ので便利です。

登録時に電話番号を使ったSMS認証が必要なので、日本にいるうちにインストールしておくのがおすすめです。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

Grab(グラブ)を利用するなら、到着フロア(2階)から利用すると良いと思います。

リンク先はハノイで使ったときの例ですが、バンコクでの使用方法も同じです。

ハノイで【Grab(グラブ)】が安くて便利!ノイバイ空港・市内の移動にも ベトナム・ハノイに旅行に行ってきました。 ハノイでのメインの交通手段はタクシーになるのですが、調べたところベトナムのタクシ...

 

深夜便ならリムジンタクシーの利用も視野に

タイでは深夜に女性だけでタクシーに乗るのは危険といわれています。タクシーの運転手による強姦事件などの話も聞きますので…。

そのため、私は深夜便の場合にはタクシーではなくリムジンタクシーを利用しています。

【AOTリムジン】女子旅での深夜のスワンナプーム空港からバンコク市内への移動もエアポートリムジンなら安心! 日本への一時帰国時にPeach(ピーチ)のバンコク⇔沖縄便をよく利用しています。 飛行時間が4時間半ほどと短く、トランジッ...

その他の選択肢としては、 電気自動車タクシー(EVタクシーVIP)もありますが、私は先日利用したところ運転手さんの質が良くなくて、あまりおすすめできないなと思いました。

具体的にいうと、

  • Google Mapによる道案内を上手く利用できておらず結局私がナビする羽目に
  • クレジットカード決済可能なはずだけれど決済機器の利用に慣れていない
  • 降りるときにチップ、チップと言ってくる

という点が残念でした。

また、

  • メーター制なので乗る時に料金が確定していない

のも、私にとってはマイナスポイント。

たまたまハズレの運転手さんにあたってしまったのでしょうが、これならあまり普通のタクシーと変わらない気がしました。次回から深夜到着時にはリムジンを利用したいと思います。

こちらは、深夜にスワンナプーム国際空港の様子をレポートした記事です。どんな感じなのか参考まで。

【スワンナプーム空港】深夜午前3時ごろの様子〈両替・SIM・飲食店〉 この年末年始は台湾を旅行しつつ日本に帰省して、本日バンコクに戻ってきました。今日はのんびりして明日から通常営業の予定です。 ...

 

エアポートレイルリンク

エアポートレイルリンクは、スワンナプーム国際空港とバンコク市内を結ぶ電車です。

  • 一人旅の方
  • 旅費を節約したい方
  • 荷物がそんなに多くない方

は、エアポートレイルリンクを使うのもよいと思います。

渋滞を避けられる一方、ローカルの人々の通勤の足にも使われているので、朝夕の通勤時間帯は車内の混雑が予想されます。

スワンナプーム国際空港のB階に乗り場があります。運行時間は6:00~24:00です。

 

スワンナプーム国際空港から日本に帰るとき

次にスワンナプーム国際空港から日本に帰るときについて解説します。

 

バンコク市内からスワンナプーム国際空港までタクシーで移動

まずはバンコク市内のホテルからスワンナプーム国際空港までタクシーで移動します。

バンコク市内からスワンナプーム国際空港までは渋滞がなければ1時間弱程度、渋滞がある場合は1時間以上かかることもあります。

余裕をもって、1時間30分みておけば大丈夫だと思います。

バンコクからスワンナプーム国際空港までの相場は250~350バーツほど。それに加えて、高速代を料金所で50バーツほど支払う必要があります。高速料金はタクシーの経路によって変わります。

後述しますが、スワンナプーム国際空港にはレストラン街やお土産店もたくさんあって見応えがあるので、もし早く着いても時間を持て余す心配はないと思います。

この場合もGrab(グラブ)を利用すると便利です。

繰り返しになりますが、登録時に電話番号を使ったSMS認証が必要なので、日本にいるうちにインストールしておくのがおすすめです。

ハノイで【Grab(グラブ)】が安くて便利!ノイバイ空港・市内の移動にも ベトナム・ハノイに旅行に行ってきました。 ハノイでのメインの交通手段はタクシーになるのですが、調べたところベトナムのタクシ...
Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

チェックイン

空港に着いたら、チェックインカウンターでチェックインします。事前にWebチェックインをしておくと早いです。

 

お土産探し

出国前に最後のお土産探しはいかがでしょうか?

出国審査前、そして出国審査後にもたくさんお土産屋さんがあります。スワンナプーム国際空港のお土産情報はこちらをご覧ください。

スワンナプーム国際空港で買えるお土産 タイトル画像
スワンナプーム空港のお土産情報【2019年】 海外旅行に行ったら、日本で待つ友人や家族にお土産を買って帰りたいもの。 購入場所は現地のスーパーなどが一般的には安くて品ぞ...

 

手荷物検査&出国審査

手荷物検査後、イミグレーションで出国審査を受けます。出国審査の列も並ぶことが多いので、早め早めの行動が吉。

出国審査時には、入国時に返却された出国カードが必要になるので、必ず手元に用意しておきましょう!

 

無料充電スタンド

スワンナプーム国際空港 電源スタンド

スワンナプーム国際空港には、ゲート前・ゲート後とも、無料の充電スタンドがたくさんあります。もしスマホの充電が心もとなても安心です。

 

搭乗

時間になったら、飛行機に搭乗します。

日本の飛行機と違って、搭乗時間(ボーディングタイム)が飛行機の出発時刻より早めに設定されていることがほとんどです。航空券の情報をよく見て乗り遅れないようにしましょう。

以上、バンコクのスワンナプーム国際空港の情報をまとめてみました。 今後もちょくちょく追記していこうと思います。

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です