サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

深夜午前3時ごろのバンコク・スワンナプーム空港の様子

深夜のバンコク・スワンナプーム空港

この年末年始は台湾を旅行しつつ日本に帰省して、本日バンコクに戻ってきました。今日はのんびりして明日から通常営業の予定です。

今回、バンコク・スワンナプーム空港に到着したのは深夜2時半ごろ。以前から「深夜の空港ってどんな感じ?」と質問をいただくことも多かったので、午前3時ごろの深夜の空港の様子をサクッとレポートしたいと思います。

 

両替

空港の銀行系の両替所はどこも24時間営業しています。

スワンナプーム空港でレートが良い両替所である、B1(エアポートリンクのフロア)のスーパーリッチなどは23時ごろまでには閉まってしまい、深夜は営業していません。

 

SIM

スワンナプーム空港、深夜のSIM売り場

バンコクでの通信手段は現地のトラベラーSIMを買って確保しようと思っている方へ。タイの大手通信会社TRUEの到着フロアのカウンターは午前3時でも営業していました。

ただし、タイのトラベラーSIMは日本でもAmazonで安くで入手できます。旅行までに余裕が有る方はこちらで購入しておけば安心ですね。

SIMフリーじゃない携帯電話をお持ちの方、難しいことはよく分からないという方は、割高にはなりますが、モバイルWiFiレンタルサービスを利用して通信手段を確保しておきましょう。

 

飲食店など

スワンナプーム空港深夜のファミリーマート

飲食店などが集まる2階の午前3時の様子をチェック。ファミリーマートは元気に営業中。ドラッグストア「ブーツ」も営業していました。ちょっとした不調があれば、ここで薬を入手できますね。

深夜のバンコク・スワンナプーム空港

相当具合が悪ければ、空港内に病院があるのでそちらへ。日本人御用達のサミティベート病院もあります。

飲食店は閉まっているものもありますが、カフェ系のお店は開いていました。ちょっとした軽食やタイ料理が食べられるS&P、その奥にはスタバも営業中です。

DEAN & DELUCAは閉まっていました。

 

エアポートリムジン

深夜の一人や女性だけでの移動に心強いエアポートリムジンも24時間営業です。エアポートリムジン・AOTリムジンの利用方法についてはこちらをご覧ください。

 

休憩場所

1階のタクシー乗り場に出る手前のフロアには、椅子がたくさんあってここで寝転がっている人がたくさんいました。ここで時間をつぶして空港とバンコクをつなぐ電車エアポートレイルリンクが動き始めてから乗るのかな?

 

タクシー

今回は私と夫と二人だったので通常のタクシーを選択しました。タクシーは24時間営業。深夜でももちろん利用できます。

レギュラータクシーの列に並び、自動端末を押してチケットをもらいます。チケットが出てくるまではしばらく時間がかかります。

こちらがチケットです。

印字されているレーンナンバー(この場合は59)に行き、そこに停まっているタクシーのナンバーを確認&チケットをタクシー運転手に見せてあっていることをお互いに確認してから乗り込みます。

このチケットには、タクシーでトラブルがあった場合の連絡先なども書いてあるので、ちゃんと自分で持っておくこと。少なくとも写真に撮って記録に残しておくことが肝心です。

タクシーの運賃はメーター+高速料金+空港利用料の50バーツになります。

 

まとめ:スワンナプーム空港に深夜到着でも大丈夫

以上、午前3時ごろのスワンナプーム空港の様子をレポートしました。両替所もSIMの販売所、飲食店、エアポートリムジン、タクシーと必要なものは24時間営業なので、深夜到着便でもほぼほぼ困らないと思います。