お寺

バンコクの美しい寺【ワットベンチャマボピット(大理石寺院)】に行ってみよう

ワット ベンチャマボピット(大理石寺院)

バンコクで以前から行ってみたかったお寺の一つ、ワットベンチャマボピット(大理石寺院)に行ってきました!

オレンジの屋根が美しいシンメトリーの本堂、青い光の中で輝く御本尊にステンドグラス、大理石でできたピカピカの床など、どこをとっても美しいお寺でした。

観光の中心となるバンコク三大寺院(ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン)に比べると観光客が少なく、ゆっくりと見学することができました。

 

ワットベンチャマボピット(大理石寺院)の概要

ワット ベンチャマボピット(大理石寺院)

ワットベンチャマボピット(大理石寺院)の概要について簡単に説明します。

 

ワットベンチャマボピットってどんなお寺?

ワットベンチャマボピット(大理石寺院)は、日本の明治時代と同時期の王様ラーマ5世によって建てられたお寺です。

この時代は日本と同様、タイも西洋の影響を大きく受けた時代。ラーマ5世は西洋の技術を取り入れて、タイを近代化に導いた王様として尊敬されています。

そんなラーマ5世によって建てられた寺院だからなのか、床に大理石が使われていたり、ステンドグラスがあったりと、どこか西洋風のお寺になっています。

 

ワットベンチャマボピットの場所・行き方

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)があるのは、バンコク旧市街地の北側のドゥシット地区と呼ばれるエリアです。地図はこちら。

私達はBTSパヤタイ駅からタクシーで向かいました。

タクシーの運転手さんにワット・ベンチャマボピットと言ってもピンとこないようだったので、お寺のある通り「タノン・シーアユタヤー」を伝え、近くなったらお寺を指さしておろしてもらいました。

 

入場料

外国人は入場料を支払う必要があります。50バーツ(約175円)です。

チケットは本堂に入るときに必要です。

 

ワットベンチャマボピット(大理石寺院)の見どころ

それではワットベンジャマボピットについて写真で紹介していきます。

 

オレンジ色の美しい寺院

駐車場からの入り口です。白い門の中に、オレンジ色の寺院が覗いています。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)

シンメトリーの外観が美しいお寺です。

ワット ベンチャマボピット(大理石寺院)

斜めからももう一枚。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)

どこから見ても完璧なフォルム。お庭の植物たちも手入れが行き届いている感じがします。

 

青い光の中輝く本尊とタイ風ステンドグラスが美しい本堂

チケットを提示して本堂の中へ。

ここで気がついたのですが、このお寺は無料WiFiが飛んでいるんですね。これにはびっくり。パスワードはチケットに記載されていました。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の無料WiFI

さてさて、靴と帽子を脱いで本堂の中へ。

青色をバックにした仏像って、他ではあまり見かけないですよね。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の仏像

とってもきれい。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の仏像

この仏像はピサヌローク県にあるタイで最も美しいと言われている仏像を模造したものなんだそう。

本堂の窓にはステンドグラスがはめ込まれていました。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)のステンドグラス

ステンドグラスにタイの文様が描かれているのが不思議。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)のステンドグラス

大理石寺院の名の通り、床にも大理石が敷き詰められています。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の本堂の床

この一角、光が差し込んでキラキラと輝く感じがきれいだったな…。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の本堂の中

壁の模様にも、よく見ると手を合わせている方がいらっしゃいました。

 

シャラララと鐘が鳴り響く回廊・インスタスポットも

本堂を出て回廊の方に出てみます。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の回廊

多分、ココの床も大理石です。白さが眩しい。

屋根の下には、鈴がついていて、シャラララと気持ちの良い音を奏でています。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の回廊

回廊の中には、仏像が並んでいました。シックな色合いが素敵。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の回廊

屋根を見上げると、ここにも手を合わせている人のモチーフが。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の回廊の屋根

回廊の下のアーチから本堂を眺める…かっこいい!

ワット ベンチャマボピット(大理石寺院)

 

のんびりとした庭

回廊を十分に満喫したところで、水路の上にかかる橋を渡ってお庭の方へ。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)

あっ、パイナップル売りのおじさんがいる。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)のお庭

お庭には、鐘楼がありました。なんだか日本のお寺の鐘を通じるものを感じる…。

 

お坊さんたちが暮らす宿坊

さらに進むと、お坊さんたちが暮らす宿坊があります。緑色のかわいらしい建物です。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の宿坊

お坊さんたちもたくさんいらして、お坊さんたちの生活をちょっとだけ垣間見ることができました。

宿坊の合間から見えるピンクの建物が気になったので行ってみました。どうやらこれは学校みたい。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)内の学校

お寺の裏口から外をのぞくと、タイらしい生活空間が広がっていました。。

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の裏口

 

まとめ:ワットベンチャマボピット(大理石寺院)は落ち着いて見学できる美しい寺院

ワットベンチャマボピット(大理石寺院)はとても美しいお寺でした。

3大寺院のワット・プラケオワット・ポー、ワット・アルンに比べたら知名度は低いけれど、美しさでは負けていないと思います。

観光客の数もメジャーなお寺よりは少ないので、ゆっくり見学できるのも良かったです。

2度目のバンコク旅行の方、バンコクに長期滞在中の方、人混みが苦手な方におすすめです。

私が監修させてもらったベルトラのツアーでもワットベンチャマボピット(大理石寺院)に立ち寄ります。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアーがオプショナルツアー予約サイトVELTRA(ベルトラ) にて発売中!【PR】 現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!! もともとVELTRA(ベ...

私の2019年の行きたいところリストも順調に消化できていて嬉しい…!

タイで行きたいところ・やりたいことリスト(2019年) 2年連続で作っているタイ・バンコクで行きたいところ・やりたいことリスト。 タイで行きたいところ・やりたいことリスト...

 

ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)の基本情報

  • 営業時間:6:00-18:00(本堂)
  • 入場料:50B(約175円)
  • 住所:69 ถ. ศรีอยุธยา แขวง ดุสิต เขต ดุสิต กรุงเทพมหานคร 10300
  • アクセス:BTSパヤタイ駅からタクシーで7分
  • 地図:Google mapで開く

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年3月現在) 

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ジャイアントスイングとワット・スタット
ジャイアントスイングで有名なワットスタットは壁画が美しいお寺でした 巨大ブランコで有名なお寺「ワット・スタット」に行ってきました。 迫力満点の巨大ブランコ(ジャイアントスイング)はもちろんの...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です