バンコク観光

【ホテルレビュー】ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

バンコクの憧れのホテルの一つ、チャオプラヤー川沿いにあるザ・ペニンシュラバンコク(The Peninsula Bangkok)に泊まってきました。

これまで足を踏み入れたことすら無い高級ホテルだけれど、安くなっているこのタイミングで「えいやっ」と予約しちゃいました。

結果、大満足です。特にプールと朝食が良かった。接客もすばらしく、優雅な気持ちになれました。

最近疲れが溜まっていて、ブログも全然更新できていなかったのですが、良い気分転換になりました。良いホテルにはパワーがありますね!

以下、どんな感じだったか簡単に紹介したいと思います。

 

私が利用した宿泊プラン

私たち夫婦が利用したのは、タイティアオタイという旅行イベントで販売された特別プランです。

Megatixという高級ホテル等のクーポン販売サイトがあるのですが、そのメールマガジンを見てオンラインで購入しました。現在は販売終了しています。

STAYCATION BY THE CHAO PHRAYA RIVER

1泊THB 3,900 net (通常料金 THB 11,300)

  • デラックスルーム1泊
  • River Cafe & Terraceでの2名分朝食付き
  • アーリーチェックイン6:00AM、レイトチェックアウト10:00PM
  • アルコール以外の室内ミニバー無料
  • ホテル内レストラン&バーで使えるTHB 500のクレジット付き
  • 2020年11月中の滞在でグランドデラックスルームに無料アップグレード

※57th Thai Teaw Thai でのプロモーション(現在は販売終了)

私が予約したプランは販売終了しているのですが、よく似たプラン「STAYCATION BY CHAO PHRAYA RIVER」が販売中です。Megatix利用の場合、クーポン購入後にホテルにメールなどで改めて予約が必要なので注意!

もしくはウェンディーツアーからスパ&アフタヌーンティー付きTHB 6,500のプランが出ているので、そちらを利用するのも良いかも。

実はホテルが安くなっているこのタイミングで憧れのマンダリンオリエンタルに泊まってみたいと思っていたのですが、普段より安いとはいっても私達にとってはお高くて諦めていました。

その点、もう一つの憧れだったザ・ペニンシュラは比較的手が届きやすい価格だったので即決してしまいました。

でも泊まってよかった。大満足です!

agodaなどのホテル予約サイトと価格を比較してみると、どれだけオトクなプランかわかると思います。

ホテル予約サイトで価格をチェックする

agodaで見る

Expediaで見る

Hotels.comで見る

Booking.comで見る

 

 

場所

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ザ・ペニンシュラバンコクがあるのは、バンコクのチャオプラヤー川沿いです。

地図はこちら。

川向うのトンブリー地区にあります。

BTSサパンタクシン駅近くのサトーンピアから送迎ボートでアクセス可能です。

 

ホテル内の雰囲気

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

まずはホテル内の雰囲気から。1998年開業の歴史あるホテルで、クラシックな雰囲気が魅力です。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ディナータイムのみオープンするタイ料理レストラン「THIPTARA」。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

アフタヌーンティー会場にもなるロビーラウンジはこんな感じでした。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

翌日ここでランチを食べたのですが、とても良かったです。

ザ・ペニンシュラバンコクのTHB 600(税サ込) のランチセット 週末に宿泊してきたザ・ペニンシュラバンコク。宿泊プランの中にTHB 500のクレジットが含まれていたので何に使うか迷っていたので...

夕暮れ時は、ますます良い雰囲気になります。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

リバーサイドのレストラン&バー。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

朝食会場にもなるリバーカフェ&テラスは夜はブッフェをやってきて、たくさんの人で賑わっていました。

 

お部屋(グランドデラックスルーム)

11月中の滞在だったので、デラックスルームからグランドデラックスルームにアップグレードされました。

グランドデラックスルームとデラックスルームは部屋の広さは同じ。違いは、グランドデラックスルームの方がより高層階にあります。部屋の広さは45 – 47 ㎡とのこと。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

めちゃくちゃ広い部屋というわけでもなく、派手な装飾もないけれど、使われているチーク材とか家具はすごく良いものなんだろうな~という感じ。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

特にこのデスクが優れもので。プリンタもついているし、電源タップも豊富にあってワーケーションにも向いていそうでした。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ザ・ペニンシュラバンコクは全室リバービュー。31階の高層階だったので、最高の眺めです。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

昼も良いけれど、夜景の方がもっと素敵でした。ついでに言うとお部屋の雰囲気も夜の方が良かった。写真では伝わらないと思いますが…。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ちなみにベッドの上に飾ってあるのはバーンガジャオ空撮写真。バンコクらしい写真なんだけど、どれだけの人がそのことに気づくのだろう…なんて思ったりもしました。

そうそう、古いホテルだからベッドまわりの電源タップは無いよな~と思っていたら、サイドテーブルの中にこんなものがありました。最高です。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

お布団だけでなく、スリッパもふわふわでした。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

エスプレッソマシーンは無料で使えます。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

もちろん使ってみました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ミニバーはアルコール以外のソフトドリンクとスナックが無料です。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

バスルームには大きなバスタブ有り。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

バスタブにテレビが付いていて、世界中のザ・ペニンシュラのプロモーションビデオを見ることができました。

洗面ボウルは左右対象に2つあって不思議な感じ。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

入り口あたりにシャワールーム。古いホテルだし高層階だしってことで期待していなかったけど、期待以上の水圧で驚きました。さすがだわ~。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

アメニティは、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディークリームがありました。私は知らなかったのだけれどOscar de la Renta(オスカーデラレンタ)というブランドらしい。どれも良い香りです。

使いかけの写真ですみません。

歯ブラシやシャワーキャップ、コットン、綿棒などもありました。

トイレはシャワールームの向かい側スペースにあり。ちゃんとドア付きで落ち着きます。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

部屋の入口付近にはスーツケース置き場、クローゼット等がまとまっています。ドライヤーはドレッサーの引き出しに入っていました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

部屋の電気のコントロールパネル等も使い勝手良くまとまっていて、そんなところも好きでした。

そうそう、チェックインのときにマスク、マスク収納ケース、アルコールジェルがもらえました。特にマスク収納ケースが使い勝手が良くて今後も重宝しそうです。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

 

プール

ザ・ペニンシュラバンコクの滞在中、特に気に入ったのがプールです。

とにかく雰囲気が良いし、今はゲストも少なく静かにのんびり過ごせました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

席に座ると、頃合いを見てスタッフさんが冷たい水を持ってきてくれるのは、さすが高級ホテル。

日替わりのコンボセットもありました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ガゼボ(西洋風あずまや)にはファンが付いているし、何なら電源タップも付いていて驚き。ベッドもクッション性があってふわふわしていました。

プールの正面にはマンダリンオリエンタルバンコクが見えます。マンダリンオリエンタルの送迎ボートはひっきりなしに動いていて、宿泊客が多そうに見えました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

夜のプールの雰囲気も良いのだけれど、残念ながら今は19時でクローズなんだそう。これはクローズ後にゲートの外から撮った写真です。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

 

朝食

朝食はリバーカフェ&テラスにて。土日は6:00-11:00まで。

リバーサイドのテラス席で朝食といきたかったところでしたが、この時期の朝8時くらいは日向になっていて暑そうだったので屋内席へ。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記 ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

帰るころには日が昇って丁度よい感じになっていました。遅めの朝食にして、朝食兼ランチにしちゃうのが良いかも。

朝食はオーダー制ですが、食べ放題です。うっかりたくさん頼んじゃった。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

特にこのThe Peninsula Breakfast Standが圧巻!

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

朝食なのにアフタヌーンティーみたいな3段トレイで出てきました。生ハムやチーズ、スモークサーモンとよりどりみどり。朝からお酒飲みたくなっちゃいそう…。

そんな人にもちゃんと応えてくれます。有料だけど。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

このエッグベネディクトは絶品でした。絶対に頼んだ方が良いと思う。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

ほかほかで提供してくれる飲茶セット。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

フレンチトーストは、卵液にそんなに浸かっていないタイプ。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

サラダは新鮮そのもの。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

パンはクロワッサンとベーグルを食べました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

他にも種類はいっぱいありましたよ。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

旬じゃないのに、マンゴーがすっごく甘くて美味しかったのが印象に残りました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

他にもお粥や麺などのメニューがたくさんありました。

また朝食だけ食べに来てもいいな~と思うくらい、とても満足度の高い朝食でした。

 

送迎ボートについて

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

チャオプラヤー川沿いのザ・ペニンシュラバンコクは、送迎ボートが充実しています。

現在は以下の3路線が運行しているとのこと。

  • サトーンピア(BTSサパンタクシン駅)
  • ジャルンクルン通り(マンダリンオリエンタル付近)
  • ICONSIAM

私達は夜にICONSIAMに出かける際に利用しました。

ザ・ペニンシュラバンコク宿泊記

船で移動するってだけでワクワクするし、夜はさらに雰囲気がよかったです。帰りもICONSIAMの船着き場から電話するとすぐに迎えに来てくれました。

アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク【アイコンサイアム】旅行者におすすめしたい7つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...
アイコンサイアム(ICONSIAM)の噴水ショー
バンコク【アイコンサイアム】の無料の噴水ショーがすごい! バンコクのチャオプラヤー川沿いに2018年にできたばかりの商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)。日本の高島屋や、タイ発の...

 

まとめ

憧れのザ・ペニンシュラバンコクに泊まれて大満足です。

けっして部屋が広いとか、特別な施設があるわけじゃないのだけれど、すべてが上質で優雅な気持ちになれるホテルでした。

スタッフさん達は総じて良くしてくださったのですが、2020年11月に再オープンしたばかりということもあり、プロモーション内容やレストランのメニュー等を把握しきれてないのかな?と感じる場面が少しありました。どんどん自分から質問したり、自分の当てはまるプロモーション内容を主張していくのが良いかと。

再オープンしたばかりの今は、土日でも宿泊客が少なめで本当にのんびりリラックスできました。おすすめです。

私が予約したプランは販売終了しているのですが、よく似たプラン「STAYCATION BY CHAO PHRAYA RIVER」が販売中です。

もしくはウェンディーツアーからスパ&アフタヌーンティー付きTHB 6,500のプランが出ているので、そちらを利用するのも良いかも。

 

ザ・ペニンシュラバンコク(The Peninsula Bangkok)の施設情報

TEL+66 2 020 2888
E-mailPBK@PENINSULA.COM
住所(英)333 Charoen Nakhon Rd, Khlong San, Bangkok 10600
住所(タイ)333 ถ. เจริญนคร แขวง คลองสาน เขตคลองสาน กรุงเทพมหานคร 10600
公式URLWeb Facebook Instagram
予約サイトagoda Expedia Hotels.com Booking.com
アクセスBTSサパンタクシン駅そばサトーンピアより専用船利用可
地図Google Mapで開く

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ザ・ペニンシュラバンコクのTHB 600(税サ込) のランチセット 週末に宿泊してきたザ・ペニンシュラバンコク。宿泊プランの中にTHB 500のクレジットが含まれていたので何に使うか迷っていたので...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です