交通

アイコンサイアム直結!バンコクの自動運転モノレール・ゴールドラインに乗車してみた(2020年12月開通)

どんどん鉄道の延伸が続くバンコクで、2020年12月に待望のゴールドラインが開通しました。

ゴールドラインはBTSシーロムラインのクルントンブリー駅からクロンサン駅をつなぐたった3駅の短い路線ではありますが、ジャルンナコーン駅から巨大モールであるアイコンサイアム(ICONSIAM)に直結していることが大きな魅力です。

また、タイ国内初の全自動無人運転車両が採用されている点も注目ポイント。運転手さん不在のまま自動で動いていくのが不思議な感覚でした。

それでは、実際に乗車してどんな感じだったのかレポートしていきます。

 

ゴールドラインに乗ってアイコンサイアムに行ってみた

ゴールドラインの路線図

まずはゴールドラインの路線図を確認。

ゴールドラインの駅は以下の3駅のみ。とても短い路線です。

  1. クルントンブリー駅(Krung Thon Buri)
  2. ジャルンナコーン駅(Charoen Nakhon)⇒アイコンサイアム直結
  3. クロンサン駅(Khlong San)

BTSシーロムラインのクルントンブリー駅に、ゴールドラインのクルントンブリー駅が直結しています。

今回はゴールドラインのクルントンブリー駅からアイコンサイアムに直結しているジャルンナコーン駅まで乗車してみました。

BTSシーロムライン・クルントンブリー駅3番出口からゴールドラインの駅へ

まずはBTSシーロムラインのクルントンブリー駅(Krung Thon Buri)で下車します。

そうしたら③番出口方面へ。下の写真のような看板が出ているので、その指示に従いましょう。

いったん改札を出ます。

その後看板の指示どおりに進むと、ゴールドラインのクルントンブリー駅が見えてきます。

乗車券を購入(ラビットカードも利用可能)

乗車券を購入。運賃は一律15バーツ(約53円)。チケットマシーンのほか、窓口でも購入可能です。

購入したSingle Journey Ticket(1回券)。

これを改札にタップして入場します。改札から出るときにはタップではなく差込み式なので注意!チケットの裏面に改札での入退場方法の記載があります。

このほかBTSでおなじみのラビットカードも使用可能。ラビットカードを利用した場合も運賃は15バーツです。

この日私は旅行フェアのギフトでもらったBTSのOne Day Pass(1日乗車券)を利用していたのですが、ゴールドラインでは使用できませんでした。

ゴールドラインの運行時間は朝6時から24時くらいまで。運行間隔は時間帯によって6分から12分です。

全2両の全自動無人運転車両に乗車

エスカレーターに乗ってホームへと向かいます。エレベーターもありました。しばらくするとホームにゴールドラインの車両が到着。2両しかない短い車両です。

真ん中の1本のレールに沿って走るモノレール式ですが、左右にタイヤが付いているのが面白い。

カナダのボンバルディア製の「イノービアAPM300」という車両なんだそうです。

車内に乗り込んでみると、かなり小さな車両であることを実感します。自動運転車両のため、運転手さんはいません。下の写真のように車両の前後に前大きなガラス窓があって、見渡しが良いのが特徴です。

もし乗車するチャンスがあれば、眺めの良い先頭車両に乗るのがおすすめです。

ゴールドラインの車両はゆっくりのんびり進んでいきます。全自動運転だから少しドキドキ…。運転手不在で、先頭車両の前の見晴らしが良いのが不思議な感覚です。

車窓からは、今回の目的地であるアイコンサイアムがよく見えました。

ジャルンナコーン駅直結のアイコンサイアムへ

そうこうするうちに、アイコンサイアム最寄り駅であるジャルンナコーン駅(Charoen Nakhon)に着きました。

改札を出ます。

そのまま左手に向かうと、すぐアイコンサイアムの入り口です。

ゴールドラインができたことでアイコンサイアムへ行くのがすごく楽になりました!チャオプラヤー川の船の旅も風情があって良いものですが、サクッとアイコンサイアムに行くならこの方法が良いかもしれません。

 

ゴールドライン各駅からの最寄り施設

最後に、ゴールドラインに乗っていきたい観光地について紹介します。

ジャルンナコーン駅(Charoen Nakhon)

アイコンサイアム(ICONSIAM)

ゴールドラインができたことで一番便利になったのは巨大商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)でしょう。駅直結は嬉しい!

アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク【アイコンサイアム】旅行者におすすめしたい8つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...

The Jam Factory

バンコクのおしゃれ複合施設の先駆けともいえるThe Jam Factory。リバーサイドに雑貨屋、レストラン、カフェなどが集まっています。

私の大好きなタイ料理レストランNever Ending Summerもここにあります。

地図上ではクロンサン駅の方が近いけれど、大きな交差点を渡ることになるからジャルンナコーン駅からのほうが行きやすいのでは…と予想。

ネバーエンディングサマーはおしゃれ&ヘルシーなタイ料理で女性ウケ間違いなし! チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区にあるタイ料理レストラン、ネバーエンディングサマー(The Never ending s...

【ホテル】ザ・ペニンシュラバンコク

バンコクを代表するホテルの1つであるザ・ペニンシュラバンコク。スパやアフタヌーンティーで訪れる人もいるかも。こちらもジャルンナコーン駅から徒歩5分ほどの場所です。

【ホテル宿泊記】ペニンシュラバンコク|最高の朝食と美しいプールがあるホテル バンコクの憧れのホテルの一つ、チャオプラヤー川沿いにあるザ・ペニンシュラバンコク(The Peninsula Bangkok)に...

【ホテル】ミレニアム・ヒルトン・バンコク

ミレニアム・ヒルトン・バンコクは、ちょうどアイコンサイアムのお隣に立地しています。360度パノラマビューが魅力だというルーフトップバーThree Sixty Loungeにいつか行ってみたいな~と思っています。

【カフェ&ホテル】Vacation Bangkok

かわいいカフェにホテルが併設されたVacation Bangkokも近くにあります。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内
ICON SIAM近くのパソコン作業向きカフェ【VACATION(バケーション)】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにあるホテル併設のカフェ「VACATION」を紹介します。 今回PRのためにご...
Vacation Bangkok The Artistic Home タイトル画像
暮らすように旅したい方におすすめICONSIAM近くのカフェ付きブティックホテル【Vacation Bangkok The Artistic Home】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにある全4室のブティックホテル、Vacation Bangkok The Artis...

クロンサン駅(Khlong San)

Lhong 1919

中華風の複合施設Lhong 1919にも電車で行きやすくなりました!オープン時にのぞいたきりですが、今はどんなふうになっているんだろう…?

 

まとめ

以上、バンコクで2020年12月に開通したばかりのゴールドラインについてレポートしました!チャオプラヤー川の対岸にある観光施設やホテルにも行きやすくなって嬉しい。

行きは時間が読みやすい電車(ゴールドライン)で、帰りは風情のある船で、というのも良いかも。何にせよ選択肢が多いのは利用者にとっては嬉しいことです。

 

ゴールドライン

公式URLWeb


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2021年1月現在) 

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。