バンコク観光

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

もうバンコクに6年以上住んでいる私達夫婦ですが、初心に戻ってバンコク観光をしてみようということで、ジムトンプソンの家に行ってきました。

「ジムトンプソンの家」は、タイの有名シルクブランド「ジムトンプソン」の創設者が住んでいたタイの伝統様式の家で、現在は博物館として公開されています。

入場料は大人200バーツ、22歳以下は100バーツ。日本語を話せるガイドさんが30分ほどをかけて館内を案内してくれました。

 

場所

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家があるのは、BTSナショナルスタジアム駅から徒歩4分ほどの場所です。

地図はこちら。

駅から歩ける距離ではありますが、ソイ(小道)の入り口付近からシャトルサービスもあります。

ジムトンプソンの家(THE JIM THOMPSON HOUSE MUSEUM)の店舗情報

営業時間11:00-19:00(最終ツアーは18:00)
入館料大人:200バーツ
22歳以下:100バーツ ※IDまたはパスポートの提示が必要
TEL
02 216 7368
住所(英)6 Kasem San 2 Alley, Wang Mai, Pathum Wan District, Bangkok 10330
住所(タイ)6 ซอย เกษมสันต์ 2 แขวง วังใหม่ เขตปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
公式URLWeb Facebook Instagram
アクセスBTSナショナルスタジアム駅から徒歩4分
ソイKasem Sanの入り口からシャトルサービス有り
駐車場有り(2020年8月現在:駐車場は工事中のため、Holiday Inn Express Bangkokの駐車場を利用)
地図Google Mapで開く

 

ジム・トンプソンとは

ジムトンプソンの家は、タイを代表するシルクブランドであるジム・トンプソン(Jim Thompson)の創業者が暮らしていた家で、現在は博物館として公開されています。

ジム・トンプソンは1906年生まれのアメリカ人です。第二次世界大戦前は建築家として働いていましたが、その後従軍して終戦間際にタイに派遣され、退役するまでバンコクに勤務。その後もタイに永住しました。

タイに来てからはタイシルクの普及につとめ、タイシルクの名を世界に広めたことで知られています。

ジムトンプソン氏ジムトンプソンの写真

そんなジムトンプソンですが、1967年、61歳のときにマレーシアのキャメロン高原での休暇中に失踪を遂げ行方不明のままとなりました。そんな謎めいた最期を遂げたことも、人々の興味をひきつけています。

彼が住んでいたバンコクの家は、タイの古い建築様式をベースにしつつ、随所に彼の建築家としてのアイディアが生かされています。また、彼が収集したタイと周辺諸国の貴重な古美術品が展示されています。

 

緑あふれる庭とタイ伝統家屋

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家に一歩足を踏み入れると、緑いっぱいの庭が迎えてくれます。

窓口でチケットを購入後、館内ツアーまで少し時間があったので、お庭を散策しました。庭は写真撮影OKです。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家は、えんじ色の木造のタイの伝統家屋です。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

たくさんの緑の植物たちに囲まれています。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

洪水に備えて、高床式になっているのが特徴です。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

庭には植物が生い茂り、バンコク都心だということを忘れてしまいそうです。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

高床式になっている1階部分にも、ところどころに美術品が並べられていました。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

お庭の緑も相まって、とてもよい雰囲気です。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家の裏手の方へと歩を進めます。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

裏庭には大きなネムノキがそびえていました。

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家の裏手には、センセープ運河が流れていて、そちらも見学できます。ジムトンプソンが住んでいた当時は船着き場になっていたのだそう。

 

日本語ツアー

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

ジムトンプソンの家の屋内にを見学するには、ジムトンプソンの家専属のガイドさんが案内してくれるツアーに参加する必要があります。

日本語ガイドもあるのがありがたい。基本的には日本語がしゃべれるタイ人ガイドさんが案内してくれますが、火曜日の午前中には日本人ガイドさんもいらっしゃると、パンフレットに記載がありました。

現在は新型コロナウイルスの影響で、火曜日の午前中に必ず日本人ガイドさんがいらっしゃるわけではないそうです。

チケット購入時に、ツアーの時間と待ち合わせ場所が指定されます。時間になったので待ち合わせ場所に行ってみると、この回のツアー参加者は私達夫婦だけでした。

かわらしいタイ人女性が日本語で案内してくれることになりました。

館内にはタイや周辺諸国から買い集めた古美術がたくさん。貴重な古い宗教画や仏像、ベンジャロン焼きなどの陶磁器などなどが美しく配置されていました。

日本語で案内してくださるので、理解も深まってよかったです。ツアーは30分ほどで終了しました。

 

レストランとショップ

【ジムトンプソンの家】緑あふれるタイ伝統家屋でタイのシルク王が収集した古美術を鑑賞

敷地内には、タイ料理が食べられるレストラン&カフェや、ジムトンプソン製品が購入できるショップがあります。

レストラン&カフェでひと休みして行きたいところでしたが、雲行きが怪しくなってきたので、急いで退散しました。レストランには、また別の機会に行ってみたいと思います。

 

まとめ

「ジムトンプソンの家」は、えんじ色のタイの伝統家屋と植物の緑のコントラストが美しい場所でした。館内にはタイ国内外から集めた貴重な美術品の数々が展示されていて、見ごたえがあります。

バンコクで一度は訪れたい、おすすめの観光地です。

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2020年8月現在) 

近くのレストラン&観光地
バンコクの巨大ショッピングセンターMBKでお買い物 東南アジアのいまが分かる情報サイトTRIPPING!に寄稿しました。 今回はMBKの歩き方について、私なりにまとめてみました。 tri...
バンコク・アート&カルチャー・センター(BACC)内のバミー屋さん
これは美味しい!バンコク・アート&カルチャー・センター(BACC)内のバミー屋さん 数あるタイ料理の中でも私が大好きなバミー。 あっさり味のラーメンみたい料理で、全然辛くないし、誰でも美味しく食べられます。...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です