ショッピング

【CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)】スワンナプーム国際空港近くにできたアウトレットモールでタイ土産探し

【CENTRAL VILLAGE】スワンナプーム国際空港近くにできたアウトレットモール タイトル画像
2019年9月15日:無料シャトルバスの情報を最新のものに更新しました。

ショッピングモールの建設ラッシュが続くバンコク。今度は、スワンナプーム国際空港の近くにCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)というアウトレットモールができました!

さっそく見に行ってみたところ、NaRaYa(ナラヤ)Jim Thompson(ジムトンプソン)などタイ土産の定番品がアウトレット価格で買えて、また今後スーパーマーケットもオープン予定なので、お土産探しにも良さそうだと思いました。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)とBTSウドムスック駅やスワンナプーム国際空港を結ぶ無料シャトルバスにも乗ってみたので、紹介します!

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)の場所

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)があるのは、バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港のすぐ近くです。

地図はこちら。

これまでスワンナプーム国際空港の近くにはあまり目立った観光施設やショッピングモールがなかったので、注目です!

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)の無料シャトルバスについて

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)は、電車の駅からかなり離れているので、空港やBTSの駅などから無料シャトルバスが用意されています。

私が訪れた日(オープン2日目)とシャトルバスの時刻表が変わったので追記修正しました。今後も変更になる可能性があるので、シャトルバスの時刻表については公式Webサイトや現場にて確認してください。

 

スワンナプーム国際空港⇔CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)からスワンナプーム国際空港までの無料シャトルバスですが、オープン当初に公開されていた時刻表とは異なり、現在は10:00から22:00までの間、1時間に1本の間隔で運行しているとのことです。

私が乗ったセントラルビレッジからスワンナプーム国際空港行きのシャトルバスは、12:08に出発しました。スワンナプーム国際空港到着は12:30だったので所要時間は22分です。

スワンナプーム国際空港での降車&乗車場所は、1階タクシー乗り場の奥の方です。

スワンナプーム国際空港1階の3番出口から出ます。

スワンナプーム国際空港からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗降車場所

タクシー乗り場を横切るように横断します。

スワンナプーム国際空港からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗降車場所

もうちょい進んでから撮影した写真がこちら。

スワンナプーム国際空港からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗降車場所

タクシー乗り場の奥にあるテントがある場所がシャトルバス降車&乗車場所です。

スワンナプーム国際空港からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗降車場所

私が乗ったセントラルビレッジからスワンナプーム国際空港行きのシャトルバスはこのようなシルバー無地のバンでした。

スワンナプーム国際空港からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバスの外観

セントラルビレッジのシャトルバスを示す表示はどこにもありません。やってきたバンに片っ端から行き先を聞くくらいの気概が無いと、スワンナプーム国際空港からセントラルビレッジ行きの無料シャトルバンに乗るのは至難の技だと思いました。

うたのすけさんが利用したときには、バンのフロントガラスに表示があったそうです!情報ありがとうございました!

これなら気をつけていれば見つけられるかも!

ただし本数は1時間に1本と少ないので、急ぐ方はタクシーや配車アプリグラブを利用してもいいかもしれません。

【2019年最新版】バンコクでの車移動にグラブ(Grab)が便利!バンコク旅行者におすすめです バンコクでの移動手段でおすすめなのが、配車アプリのグラブ(Grab)です。アプリに目的地を入力するだけで、近くの登録車が現在地ま...

 

BTSウドムスック駅⇔CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)

ウドムスック駅発セントラルビレッジ発
9:30 10:00 10:30 11:30 12:00 12:30 13:30 14:00 14:30 15:30 16:00 16:30 17:30 18:00 18:30 19:30 20:00 20:3010:30 11:00 11:30 12:30 13:00 13:30 14:30 15:00 15:30 16:30 17:00 17:30 18:30 19:00 19:30 20:30 21:30 Last Departure 22:30

BTSウドムスック駅からセントラルビレッジ行きの無料シャトルバスにも乗車してみました。

乗車場所はBTSウドムスック駅下(Ext1,3,5)のバス停です。メガバンナー(IKEA)行きの無料シャトルバスが出ている場所と同じ場所です。

ウドムスック駅からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗降車場所

目印になるのは、下の写真のバス停の看板。ちょうどセブンイレブンの前あたりにあります。

ウドムスック駅からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス乗車場所

10:00発のシャトルバスに乗る予定にしていたのですが、実際にバスが来たのは10:17でした。時刻表は目安程度に思っていたほうが良さそうです。

ウドムスック駅からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス外観

横からみるとこんな感じ。

ウドムスック駅からCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)へのシャトルバス外観

セントラルビレッジに着いたのは、10:40分で、所要時間は23分でした。

 

セントラルワールド⇔CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)

セントラルワールド発(1階D出口)セントラルビレッジ発
10:00 11:00 12:00 14:00 15:00 16:00 18:00 19:00 20:0012:00 13:00 14:00 16:00 17:00 18:00 20:00 21:30 22:30

この路線については、私はまだ利用したことがありません。

 

セントラルビレッジの無料シャトルバス乗り場

セントラルビレッジ側の無料シャトルバス乗り場は、下の画像のとおり。

セントラルビレッジの無料シャトルバス乗り場ちょうどVIP LOUNGEの近く、出口Aの横にあります。

この付近の係員さんに声をかけると、目的のシャトルバスに案内してくれますよ。

セントラルビレッジの無料シャトルバス乗り場

私が利用したときにはシャトルバスの時刻表はあって無いような感じでした。そのため、シャトルバスを利用したい方は、その日の運行状況について、あらかじめ係員さんに確認しておくと良いと思います。

また私が利用したときには無かったのですが、現在セントラルビレッジ発のシャトルバスに乗るには、整理券を受け取る必要があるみたい。その点においても、帰りにシャトルバスを利用する予定の方はあらかじめ係員さんに聞いて整理券をもらっておくのが良さそうです。

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)でアウトレット価格でお土産探し

セントラルビレッジの雰囲気

到着後、さっそくアウトレットモールCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)の中へ。

アウトレットモールCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)は1階平屋のモールです。中央に噴水があり、その周りにたくさんのテナントが並んでいます。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)で販売されている商品は、定価から35~70%OFFのアウトレット価格なんだそう!

ここでは、CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)内のたくさんのテナントの中で、タイらしいお土産が買えるショップを紹介したいと思います。

 

NaRaYa(ナラヤ)

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のNaRaYa(ナラヤ)

最初に紹介するのは、カラフルで格安のコットンのポーチ&バッグで人気のNaRaYa(ナラヤ)です。ただでさえ低価格のNaRaYa(ナラヤ)製品をアウトレット価格で買えるというのですからお得です!

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のNaRaYa(ナラヤ)

一通り見て回ったけれど、やはり通常店舗よりはアイテムのバリエーションは少なめに感じました。

でも、50%OFFになっているアイテムもあってけっこう割り引かれている!私もカメラグッズを入れるのに一つ購入しました。

セントラルビレッジで買ったNaRaYaのポーチポーチ 360バーツ⇒180バーツ(約630円)

ちょうどミニ三脚とか掃除道具とかもろもろ入れるのにちょうどよい大きめのポーチです。

 

Jim Thompson(ジムトンプソン)

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のJim Thompson(ジムトンプソン)

お次は、これもタイ土産の定番!タイシルクの高級ブランドJim Thompson(ジムトンプソン)です。

洋服やポーチ、スカーフ、バッグなどがアウトレット価格で販売されています。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のJim Thompson(ジムトンプソン)

Jim Thompson(ジムトンプソン)のアウトレットといえば、BTSバンジャーク駅近くの店舗が有名です。

バンコクでタイシルクをオトクに買うならジム・トンプソンアウトレットへ 東南アジアのいまが分かる情報サイト「TRIPPING!」寄稿しました。 高級タイシルクブランド、ジム・トンプソン製品をオトクに買えるア...

布地なども売っているバンジャーク駅近くの店舗に比べると、アイテム数は少ないですが、セントラルビレッジの店舗の方が高級感のあるディスプレイで購買欲はそそられる気がしました!

ポーチもかわいいのがたくさんあって、大きさによって400~1,000バーツくらいでした。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のJim Thompson(ジムトンプソン)

 

タイコスメ(Oriental Princess、Lalilなど)

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のタイコスメ

お手頃価格のタイコスメなら、cos marcheへ!この中には、タイの4つのコスメブランドが入っています。

  1. Oriental Princess
  2. Lalil
  3. Cute Oress
  4. Bosous Bisous

私も知らなかったのだけれど、この4つのブランドは同じグループなんですって。

この中で、私が愛用しているのは2つ!一つはOriental Princess(オリエンタルプリンセス)です。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のOriental Princess(オリエンタルプリンセス)

私が愛用しているのは、ロールタイプの制汗剤です。いろんな香りがあってパッケージもかわいいから、選ぶのも楽しいんですよね。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のOriental Princess(オリエンタルプリンセス)

お値段控えていないけれど、定価でも100バーツ代だと思います。

もうひとつは、有害化学物質不使用にこだわった自然派コスメブランドのLalil(ラリル)です。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のLalil(ラリル)

このブランドは、以前ブログでレビューさせてもらったときに知って、それからリピート使用させてもらっているものもあります。

LALIL(ラリル)は有害化学物質不使用にこだわったタイのアロマ&ホームスパブランド【PR】 今回はタイのアロマ&ホームスパブランドのLALIL(ラリル)の製品を試させてもらったので、レビューしたいと思います。有害化学物質不使用...

ハンドクリームが3本セットで500バーツ(約1,750円)です。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のLalil(ラリル)

ただいまオープニング記念で全品35%OFFだから、とってもお得に買えちゃいます!

 

HARNN(ハーン)[Coming Soon]

まだオープンしていませんでしたが、タイの有名アロマスパブランドであるHARNN(ハーン)もできるみたいです。HARNN(ハーン)もアウトレット価格で買えるのかな?楽しみです。

 

ドラッグストアBoots(ブーツ)[Coming Soon]

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のドラッグストアBoots(ブーツ)

プチプラコスメや、ヤードム、タイガーバーム、マンゴスチンせっけんなどのタイ土産が買えるドラッグストアBootsも今後オープン予定です。

 

スーパーマーケットTops(トップス)[Coming Soon]

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のスーパーマーケットTops

スーパーマーケットTopsも9月10日オープン予定!バラマキ土産用のお菓子などもここで買えそうです。

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)に入っているブランドの例

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のブランドの例

2019年9月1日時点で開いていた店で、私が気になったものを並べるとこんな感じ。

  • Calvin Klein
  • anello
  • sunglasshut
  • GUESS
  • Wacoal
  • DAKS
  • MICHAEL KORS
  • VICTORIA’S SECRET
  • トイザラス
  • crocs
  • adidas
  • CONVERSE
  • Champions

今後は、Chloe、Cath Kidston、marimekko、ポロ・ラルフローレンなどなど、私でも知っているそうそうたるブランドがオープン予定です。まだオープンしていないお店は『10月オープン予定』って書いてあるところが多かったけれど、どうかなぁ?

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)に入っているブランドの例

もっと詳しく入っている店舗について知りたい方はセントラルビレッジの公式Webサイトを御覧ください。

私はHOME&LIVINGのお店でタオルが70%OFFになっていたので買いました。バンコクではタオルが高い気がして、この割引価格はありがたい!

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のレストラン

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のレストラン情報です。

フードコート FOOD VILLAGE

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のフードコート

セントラルビレッジ内には大きなフードコートがあって、ココがメインの食事処になっているようでした。

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のフードコート

タイ料理はもちろんのこと、日本食などもあって、バラエティ豊かな料理が食べられます。

 

その他のレストラン

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)のレストラン

レストランは施設の規模に対して少なめのように感じました。2019年9月1日時点で開いているものはこんな感じ。

  • タイスキのMK
  • Fuji レストラン
  • LAEM CHARON SEA FOOD
  • すしひろ
  • アイスクリームのSWENSEN’S
  • STARBUCKS

オーソドックスなタイ料理がそろうnaraが今後オープン予定になっていました。現時点でタイ料理食べるなら、フードコートか、LAEM CHARON SEA FOOD、タイスキのMKが候補かなぁ。

 

まとめ:CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)ならお得なアウトレット価格でお土産が手に入る!

というわけで、新しくオープンしたスワンナプーム国際空港近くのアウトレットモールCENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)についてレビューしました。

「せっかく新しくできたことだし、いっちょ見に行ってみるか」くらいの軽い気持ちで行ったのですが、NaRaYaやジムトンプソンなどの定番のお土産をアウトレット価格で買えるのはけっこう良いかも。スーパーマーケットTopsがオープンすれば、お土産はここで全部そろいますね。

あと、バンコク在住者としてはタオルやコスメが安く買えるのが地味に嬉しかった。今後も割引が続くといいな。

今後Coming Soonだったお店がオープンして、本格稼働したくらいにもう一度見に行ってみたいと思います。

ちなみに、CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)をオープンするにあたってスワンナプーム国際空港の運営会社と揉めているとニュースにもなっていて、ちゃんとオープンするものか心配でしたが、ちゃんとオープンできたみたい。

Coming Soonの店は多かったものの、7割完成でオープンしちゃうのはタイとしては通常運転。お客さんとして利用する分には問題ありませんでしたよ。

 

CENTRAL VILLAGE(セントラルビレッジ)の施設情報

  • 営業時間:10:00-22:00
  • 定休日:なし
  • TEL:(+66) 2 550 6555
  • 住所(英語):98 98/1 Suvarnabhumi 3 Rd, Tambon Bang Chalong, Amphoe Bang Phli, Chang Wat Samut Prakan 10540
  • 住所(タイ):98 98/1 ถนน ท่าอากาศยาน สุวรรณภูมิ 3 ตำบลบางโฉลง อำเภอบางพลี สมุทรปราการ 10540
  • 公式URL:Web Facebook Instagram
  • アクセス:スワンナプーム国際空港から車で25分、BTSウドムスック駅から車で25分
  • 地図:Google mapで開く

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年9月現在) 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です