タイ・バンコクについてのQ&A

【バンコクQ&A】バンコク旅行での注意点を教えてください

バンコク旅行での注意点は?インスタグラムで、またまた質問をいただきました。

SNSはTwitterとInstagramを主に利用しているのだけれど、フォロワーさんから質問とかコメントをいただけるのは圧倒的にInstagramの方が多いんですよね。SNSによって特性が違うの、面白いな。

さて、今回のご質問はこちら。

バンコク旅行での注意点を教えてください

ということなので、私が考えるバンコク旅行での注意点を書いてみたいと思います。

 

深夜にタクシーに乗らない

女性だけで深夜にタクシーに乗ることは危険だといわれています。実際に強姦などの事件も起きていますので注意。

個人的には、駅から近い場所に宿をとり、夜遊びするときは電車で行ける範囲で楽しむのがいいんじゃないかと思います。

私自身、深夜便でバンコクの空港に到着した場合には、リムジンタクシーを利用するようにしています。

【AOTリムジン】女子旅での深夜のスワンナプーム空港からバンコク市内への移動もエアポートリムジンなら安心! 日本への一時帰国時にPeach(ピーチ)のバンコク⇔沖縄便をよく利用しています。 飛行時間が4時間半ほどと短く、トランジッ...

昼間のタクシー利用の場合も、アプリに乗車履歴が残るGrab(グラブ)を使ったほうが安全面から考えてもおすすめです。グラブアプリはインストール時にSMSでの認証が必要なので、日本でインストール&登録まですませておきましょう。

【2019年最新版】バンコクでの車移動にグラブ(Grab)が便利!バンコク旅行者におすすめです バンコクでの移動手段でおすすめなのが、配車アプリのグラブ(Grab)です。アプリに目的地を入力するだけで、近くの登録車が現在地ま...
Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

詐欺に注意

いろんなタイプの詐欺があります。詐欺のタイプを知っておけば対策がしやすくなります。

  • お札見せて詐欺…日本に興味があるふりをし、日本円を見せてほしいと言う。そのすきに現金などを盗む。
  • スーツ仕立て、宝石詐欺…トゥクトゥクの運転手などが良い店を教えてあげるといってぼったくり店に連れていく。
  • レストラン店員なりすまし詐欺…レストランとは無関係の人物が店員を装って食事代金を徴収する。

特に向こうから日本語で話しかけてくる場合は、詐欺の可能性が高いと思って気をつけたほうがよいかも。

 

スリに注意

スリもよくあります。

私自身、ヤワラート(中華街)の市場でスマホをスられた経験有りです。

リュックや、後ろに来るタイプのななめ掛けバッグは注意!貴重品は常に自分の前に来るようにして、気を配りましょう。

またレストランやフードコートで食事をしている際に、椅子の後ろ側に荷物を置いていてスられたっていう話も聞いたことがあります。荷物からは目を離さないように。

 

パスポート原本を持ち歩く

両替するとき、王宮に入るときなど、パスポートを見せてといわれる場面は意外とあるので、パスポートを持ち歩きましょう。もちろんスリ対策をしっかりと!

万が一紛失した場合にそなえて、パスポートのコピーをスーツケース内にいれておこう。

※記事投稿時は「パスポートのコピー」を持ち歩くように記載していましたが、原本が必要な場合も多々あるとの意見をいただき、パスポート原本に変更しました。

 

病気や事故にそなえる

旅行の間に食中毒や事故などで病院にかかることも十分に考えられます。対策しておきましょう。

 

海外旅行保険に加入する

一番重要なのは海外旅行保険に加入しておくことです。タイで日本語が通じる病院にかかると、治療費はかなり高額になります。しっかり備えておきましょう。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを利用する場合は、いざという場合に使えないと困るので、付帯条件・利用条件について確認しておきましょう。

 

水に注意

タイでは水道水は飲めません。かならずペットボトルの水を購入しましょう。

また、食中毒予防の観点から、屋台やローカル食堂で出される水も飲まないほうが無難です。

 

蚊に注意

デング熱やジカ熱など蚊を媒介とする病気もたくさんあります。なるべく蚊に刺されないように、虫よけスプレーを利用するとよいでしょう。

 

たびレジに登録する

たびレジとは、日本の外務省が運営する海岸安全情報配信サービスです。海外旅行前に登録しておけば、現地の安全情報がメールで配信されます。また、事件や事故が起こったときにもお知らせしてくれます。

バンコクは今のところ落ち着いていますが、ときどき政治集会があったりして大使館から注意喚起のメールが届きます。登録しておくに越したことはないと思います。

たびレジに登録する

 

不敬罪・お寺での服装・マナー

タイでは、王室への批判・侮辱行為は不敬罪になります。外国人も同様です。気をつけましょう。

また、王宮やお寺などでは服装の規定があり、肩を露出する服やミニスカートでの入場はできません。王宮やお寺観光時は服装に気を配りましょう。具体的には、まめこさんのブログが詳しいです。

お寺は神聖な場所なので、服装に気を配るだけでなく、騒ぎすぎずにマナーを守って参拝したいですね。

それから、タイの僧侶は女性に触れてはいけないことになっているので、女性は僧侶にあまり近づかないようにしましょう。

最後に、マナーというわけじゃないのですが、自戒をこめてもう一点。

海外旅行に行くと外国だから日本語が通じないと思って日本人同士でなんでもしゃべってしまいがちです。でも、バンコクには日本語がわかるタイ人もたくさんいます。日本人もたくさん住んでいます。いつでも日本語がわかる人が周りにいるという意識を持っておいた方が良いと思います。また、日本語が分からなかったとしても、悪口を言われているのは何故かわかってしまうものです。

私もついついやっちゃいがちなのですが、口にする内容には気をつけたいところです。

私が思いついたところだと以上です。もしもれがあったらごめんなさい。楽しいバンコク旅行になりますように。

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

タイ・バンコク旅行の持ち物リスト【女性向け】 タイ在住者のがタイ旅行に来る家族や友達に必ず聞かれる質問といえばコレ。 この質問に答えるべく、タイ旅行に必要な持ち...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です