バンコク発海外旅行

【ジャカルタ旅行記2019】観光するところが無いなんて言われるけど予想以上に面白い街でした

夫の出張終わりにタイミングをあわせて、インドネシア・ジャカルタに旅行に行ってきました。

ジャカルタと聞いて、どんなイメージを持ちますか?Twitterの記録をさかのぼったら、1年半ほど前にこんなつぶやきをしていました。

そう、ジャカルタと言えば「観光をするところが無い」なんて言われがち。インドネシアの首都にもかかわらず、旅行先としては影の薄い街です。

実際ジャカルタに行ってみて、たしかに日本からわざわざ旅行で来るほどではないかな、とは思いました。でも、バンコクから「ジャカルタってどんなところだろう?」ってふらっと見に行くという意味では、十分に満足できたし、おもしろかったです。特に、ジャカルタ内でもエリアごとに全然雰囲気が違うのが興味深かった。

そんなジャカルタ旅行の記録をまとめておこうと思います。

 

ジャカルタ旅行の基本情報

まずはジャカルタ旅行にあたっての基本情報から!

 

タイバーツからインドネシアルピアへの両替

私達はタイ在住のため、タイバーツからインドネシアルピアに両替しました。この場合、バンコクのオレンジのスーパーリッチのレートが良かったです。

タイバーツからインドネシアルピアへの両替はバンコクのスーパーリッチがレート良好!インドネシアのジャカルタに旅行に行った際に、タイバーツからインドネシアルピアに両替をしました。 その際バンコクのジャカルタの両替所...

 

ジャカルタでの通信(SIM)

ジャカルタでの通信手段の確保には、SIM2flyを使いました。ジャカルタで買った方が安いのかもしれないけど、以前買ってキープしていたSIM2Flyがあったので、ちゃんと使えるかどうか確かめたくて。

私のスマホはデュアルシム対応なのでSIM2Flyをスロット2に入れっぱなしにしているのですが、SIMの入れ替えが必要なくてたいへん便利でした。通信速度も申し分なかったです。

【AISのSIM2Fly】タイから日本へ一時帰国時の通信手段はこれ一択! たまの一時帰国。日本での通信手段の確保は重要ですよね。 スマホでいつでもどこでも誰とでも繋がれる状態に慣れてしまう...

SIM2Flyは日本のAmazonでも買えます。

 

電源プラグはC型・変換プラグ必須!

タイからジャカルタに行って(夫が)困ったのがこれ!

ちゃんと調べていなかったのが悪いのですが、タイでは問題なく使えるA型のプラグがなくて困りました。ホテルでも変換プラグを貸してもらえなかったそうで。夫はジャカルタのスーパーで変換プラグを買ってしのいだそうです。

インドネシア・ジャカルタの電源タイプはC型です。

世界対応の変換プラグ、やっぱり買おうかな。

 

日本からジャカルタに行くなら電圧にも注意が必要ですね。タイからなら電圧はだいたい一緒だから心配ありません。

 

移動はグラブ(Grab)を利用しました

ジャカルタ市内での移動はすべてグラブ(Grab)を利用しました。安いし、安心だし、インドネシア語が分からなくても問題なく利用できて便利でした。

ジャカルタの空港からGrab(グラブ)に乗る方法【2019年最新】~スカルノハッタ空港国際線ターミナル2~ジャカルタ旅行での移動はすべてグラブ(Grab)を利用しました。タイと同様、グラブ(Grab)が安くて便利でした!そこで、スカルノハッタ国際空港でグラブ(Grab)を利用する方法について解説します。...

 

ジャカルタの天気・服装

私がジャカルタを訪れた12月上旬は、ちょうど雨期に入った時期。暑いけど、そこまで暑すぎず、わりと快適に過ごせました。

雨期と聞いていましたが、そんなに雨は降りませんでした。

それよりも、大気汚染アプリで見るとバンコクに比べて空気がきれいだったことに驚き。夫はすごく快適だったみたい。でも私は目が痒かったり、鼻がむずむずしたりしました。ジャカルタには花粉でも飛んでいるのかしら?

イスラム教の国なので服装はどうしようか調べてみましたが、寺院以外の場所ではさほど気にしなくて大丈夫みたい。なので、普通にバンコクで過ごすのと同じ服装で過ごしました。

 

ジャカルタで滞在したホテル

私達が滞在したのは、ジャカルタのタムリン地区Ibis Arcadiaというホテルです。

1泊3000円くらいで安いし場所も良いのでここにしました。水回りの清潔感が若干気になりましたが、お値段の割には快適に過ごせたと思います。

Ibis Arcadiaを予約する

agoda Booking.com Expedia Hotels.com

ジャカルタで泊まるホテルを選ぶにあたって、在住の方によって運営されている情報サイト「ジャカルタ飯」の以下の記事を参考にさせてもらいました。

 

ジャカルタ観光で面白かった場所

ここからは、ジャカルタで行った観光地で良かったところをピックアップしてまとめます。

 

インドネシア国立博物館の日本語ガイド

私が今回の旅で一番良かったのは国立博物館の日本語ガイド(毎週火曜日と、第一土曜日限定)。やっぱり日本語でガイドしてもらえると理解度が違います。これが無料ってすごいなー。

インドネシア国立博物館を代表する光景として紹介してもらった、たくさんの石像が鎮座する場所は圧巻でした。

黄金とか宝石とか、由来がよく分からなくても純粋に興味が湧く展示物もたくさんあって楽しめました。

インドネシア国立博物館

地図:Google Mapで開く

 

コタ地区&コタ駅

ジャカルタ旧市街のコタ地区。オランダ統治時代の名残であるコロニアル建築がたくさん見られるエリアです。

ファタヒラ広場

地図:Google Mapで開く

コタ地区のファタヒラ広場で絶対に行ってみたかったのがカフェバタヴィア。レトロ感がたまらない…!

カフェの1階は喫煙ゾーンになっていました。ジャカルタにおいて全体的に感じたのが、喫煙OKの場所がまだけっこうあること。バンコクでは屋内喫煙不可の場所が多いから意外に感じました。

Café Batavia

地図:Google Mapで開く

駅を見ておきたくて、コタ駅にも行ってみました。

バンコクのフアランポーン駅と同じような感じかな、と漠然と予想していたけれどコタ駅の方が現代的でした。自動改札機があってプラットフォームには入れず。駅の周辺は、人混みと車とバイクで大混雑でした。

コタエリアは昼間はいいけれど、夜は治安がとても悪い場所だから近づかない方がいいらしい。

Stasiun Jakarta Kota

地図:Google Mapで開く

 

イスティクラル・モスク

ジャカルタ旅行で一番見てみたかったのがこのモスクです。

イスラム教徒以外の観光客は、入り口あたりで手招きされてノートにいろいろ記入します。そして英語ガイド役の方に連れられて館内を見学させてもらいました。

着いてから「この格好でいいのか!?」と焦ったけど、中で羽織を貸してもらえるから大丈夫でした。私は長袖&ロングスカートだったので羽織なくてもOKでしたが、夫は半ズボンだったので羽織を着せられていました。それから館内では靴を脱ぐ必要がありました。ちょうど改築工事中ということもあってけっこう足の裏が汚れたので注意。

私達が行ったときには、見学に来ている人はほかにいなかったような気がします。

モスクはとにかく大きくて、圧巻でした!

モスクの中に入ったのははじめてで、メッカの方向を示す矢印だとか、お祈りの一人分のスペースの枠とか、興味深く見学させてもらいました。

20~30分くらいのガイドの後、ガイド役の方にお布施を求められます。全然下調べをしていなかったからいくら渡せばいいのか分からなくて、手元にあったRp50,000を二人分として渡しましたが、どうやら相場からそう外れていなかったみたいで良かった。

Istiqlal Mosque

地図:Google Mapで開く

 

ジャカルタの乗り物

観光地ではありませんが、ジャカルタの街を走っている乗り物がどれもかわいくて、興味深かったです。

トゥクトゥクみたいな青い乗り物。

扉を開けたまま走る水色のバン。

馬車。

 

ジャカルタで美味しかったレストラン&カフェ

ジャカルタで食べて美味しかったレストランとカフェを紹介します。

以下のラインナップを見て「インドネシア料理は?」と思われるでしょうが、一食目に食べてイマイチ合わない気がしたので、スパッと諦めて西洋料理中心にしました。

 

Mamma Rosy(イタリアン)

元バンコク在住で現在はジャカルタにいらっしゃるまきこさんがブログで勧めていらして、またほかのブログでも絶賛の嵐だったのでチョイスしました。

皆さんラザニアを勧めてるんだけど、ラザニア自体がそんなに好きじゃないからピザとパスタにしました。どちらも美味しかったです。

宿泊していたタムリン地区からけっこう離れていたけど、わざわざ来てよかった。

Mamma Rosy

地図:Google Mapで開く

 

DOPE Burger & CO.(ハンバーガー)

こちらも在住の方のブログで評判がよかったハンバーガーショップ。

これが絶品で!ピンクのネオンには驚いたけれど、味はピカイチでした。グローブをはめて手づかみで食べるスタイルも面白かった。

Dope Burger & Co.

地図:Google Mapで開く

 

ピピルティンのチョコレートカフェ

以前夫がインドネシア出張に行ったときに買ってきてくれたピピルティンのチョコ。

そのカフェを、グランドインドネシアの地下にあるスーパーにて発見。

Buy1Get1でお得だったし、濃厚で美味しかったです!

Grand Indonesia

地図:Google Mapで開く

 

ジャカルタのマッサージ&クリームバス

 

クリームバス(サリナーデパート内のJohnny Danuarta Salon)

今回のジャカルタ旅行がここまで楽しい思い出になっているのは、クリームバスがめちゃくちゃ気持ちよかったからだと思う。

クリームバスとは、たっぷりのクリームを使って行うインドネシア発祥のヘッドマッサージのこと。ジャカルタ滞在中に一度は受けてみたかったのですよね。

ためしにホテルにほど近いサリナーデパート内の美容室でお願いしたらハマってしまいました。気持ち良いし、終わった後に髪がココナッツっぽい香りになるのも良い。

あまりに気持ちよかったので、次の日も行きました。次の日行ってわかったことは、初日のお兄さんのテクニックがすごかったってこと(笑)やっぱりマッサージ系は人によりますね。それでも、やっぱり気持ちよかったけど。

Johnny Danuarta Salon

地図:Google Mapで開く

 

マッサージ(BERSIH SEHAT)

私がクリームバスを受けている間、夫は何をしていたかというと、ホテル近くでマッサージを受けていました。オイルを使ったマッサージで気持ちよかったらしいです。

BERSIH SEHAT

地図:Google Mapで開く

 

ジャカルタのお土産

 

コーヒー

ジャカルタに行ったら、絶対に買いたかったのがコーヒー豆。これも在住の方のブログで読んで目をつけていたAnomali Coffee で買いました。せっかくだから奮発してコピ・ルアックも買っちゃった!Anomali Coffee で見つけられなかったトラジャはスーパーで。

Anomali Coffeeでは豆をひいてくれたのだけれど、私の伝達ミスでエスプレッソ用の細かさに…。それでも美味しかったけど。

Anomali Coffee

地図:Google Mapで開く

 

バティック(Lucy’s Batik)

最終日にランチを食べにいったクマンエリアは、おしゃれな雑貨屋さんが集まってるエリアだとかで、そのうちの一軒に行ってみました。

そこで出会った大判のバティックを自分へのお土産に。さっそく帰りの冷えた機内で大活躍でした。

Lucy’s Batik

地図:Google Mapで開く

 

ヘアビタミン Elips

おなじみのインドネシア土産のヘアビタミンElips。

日本にもバンコクでも、売っていることは知っている。…知っているが、個人的にはこれをもらえたら嬉しいので、今回の友達へのお土産もコレにしました。

あとでバンコクのスーパーで価格を比較したら、やっぱりインドネシアで買う方が安かったです。

 

ジャカルタのお酒事情

ジャカルタでは予想以上にお酒が手に入らなくて驚きました。レストランではあまり出されていないことはふわっと把握していたけれど、スーパーやコンビニでも売っていない店が多いなんて!

小規模の店舗ではお酒の販売が禁止されていて、大型スーパーじゃないと売っていないんだそう。

 

ジャカルタの治安

気になるジャカルタの治安のこと。Twitterでも治安についてアドバイスをいただいたり、「治安どうですか?」とメッセージをいただいたりしました。旅の直前に爆発騒ぎがあったこともあって、私達も頭の隅で気になっていました。

幸運なことに何事もなく旅を終えることができましたが、ジャカルタは治安が悪いというイメージがあります。

実際に行ってみた感想としては、ジャカルタの街は、エリアごとに全然違う雰囲気であるということ。数キロ離れているだけとは思えないくらい。

たとえば、オバマ元大統領が幼少期に暮らしたというメンテン地区は、見渡す限りの高級住宅街で緑も豊かで驚きました。

そうと思えば、車の車窓からスラムのような光景も見えたり。ジャカルタはバンコク以上にエリアごとの特色がはっきり別れているように感じました。

以上、私のはじめてのジャカルタ旅行についてまとめました。「何も見るところがない」なんていわれるジャカルタですが、やっぱりはじめての街は興味深く面白かったです。タイに住んでいるうちに、機会があれば一度は行ってみてもいいんじゃないかと思います。

ブログに掲載しきれなかった写真は、インスタグラムにアップしています。#サクのジャカルタ旅行 でタグ検索してみてください♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

サク@バンコクの日常&旅(@sakubkk_trip)がシェアした投稿

とはいっても、インドネシアに行くなら、まずは王道のバリ島からでしょうね~。

ジャカルタ旅行記2019


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
 
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.6円で計算(2019年12月現在) 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です