サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

レストラン内に自家農園のある【Haoma(ハオマ)】でウィークエンドブランチを@スクンビットソイ31(PR)

Haoma タイトル画像

Haomaは、バンコクの中でも日本人が多く住むスクンビットソイ31にある創作西洋料理レストランです。

ここでは、レストランの敷地内にある自家農園で育てられたフレッシュな野菜やハーブなどを、ミシュランガイドに掲載された店での経験を持つシェフDKが調理した料理をいただくことができます。

今回はバンコクブロガーのMiOさんからお誘いをいただいて、インスタグラマーのaiさんと一緒にHaomaのウィークエンドブランチをいただいてきたのでレビューしたいと思います。

 

場所

Haomaがあるのは、BTSアソーク駅とBTSプロンポン駅のちょうど間くらい。スクンビットソイ31のかなり奥の方になります。

地図はこちら。

駅から歩くとかなりかかるので、タクシーやシーローに乗って行くのがおすすめです。

お店の入り口はこんな感じです。緑いっぱいで癒やされます。

Haoma の入り口の様子

小さ目の看板しか出ていないので見逃しに注意!

 

お店の雰囲気

Haoma レストランのエントランス

先程の入り口から少し中へ入ると一軒家のレストランが現れます。

木の板で組まれた天井の幾何学模様がとても印象的です。

 

レストラン内のファームに囲まれた屋外席

まずは庭にある屋外席から見ていきましょう。

緑に囲まれた小上がりの屋外席では、思う存分のんびりできそうです。

Haoma 小上がりの屋外席

屋外席の周りには、レストランで使用される野菜やハーブが育てられています。

Haomaの屋外席とレストラン内ファーム

Haomaでは食の持続可能性(サスティナビリティ)を重要視していて、可能な限りレストラン内に設けた農園で採れた野菜やハーブを利用しているんだそう。

Haomaのレストラン内の農園

Haomaのレストラン内で育てられている水菜

雨水を利用したタンクで魚も育てているのにはびっくり!

また、使い捨てのストローを使わずにステンレスのストローを利用するなど、自然環境保全に配慮した取り組みを行っています。

 

リラックスできる雰囲気の屋内席

続いてレストランの中へ。

店内は木をふんだんに使ったリラックスできる雰囲気です。

Haoma 店内写真(入り口付近)

大きな窓からはレストラン自慢の農園が見えます。

Hamao 店内写真

テーブル数はさほど多くなく、この日も予約でいっぱいだったようなので事前予約して訪れることをおすすめします。

Haoma 店内写真 奥の方

どうやらブランチの時間帯は屋内席もペットOKらしく、可愛らしい犬さんが訪れていました。ペットを飼っている人には嬉しいですね。

 

メニュー

Haomaは基本的にはディナーの時間帯のみの営業していますが、週末(土日)はブランチの時間帯も営業しています。

今回は、ブランチメニューからお店のおすすめのものをだしてもらって、みんなでシェアしていただきました。

ジュース

Haomaのジュース

緑(Green Machine)、オレンジ(Detox)、赤(Cleanse) 各150B++(約580円)

ドリンクはフレッシュシェイクをそれぞれ選びました。

緑色のGreen Machineはナシ、キウイ、ほうれん草、ミント、りんごが入っていて、自然を感じる味です。

オレンジのDetoxは、オレンジ、青りんご、にんじん、しょうがで、フルーツジュースの中にほのかにスパイシーを感じる味。

赤色のCleanseは、青りんご、ビーツ、にんじん、セロリで、サラダをそのままシェイクしたような味でした。

どれも健康になれそうな味のジュースでしたよ。

Pulled Pork Sliders

HaomaのPulled Pork Sliders

Pulled Pork Sliders 400B++ (約1,550円)

こちらはポークのサンドウィッチです。パンも自家製だって言ってたかな?ふわふわで美味しかったです。

付け合せの黄色のソースは中に唐辛子が入っていて辛かった!

Quinoa Quinoa

Haomaのキヌアのサラダ

Quinoa Quinoa 350B++(約1,360円)

キヌアと鶏の胸肉を使ったサラダです。

キヌアのほかにも、コーンやザクロが入っていて食感が楽しく、かかっているドレッシングも爽やかな味で美味しかったです。

Smash my Avocado

Haomaのアボカドのオープンサンド

Smash my Avocado 380B++(約1,480円)

パンの上にアボカドをひいて、ポーチドエッグをのせ、さらにアボカドのペーストをのせたブランチらしいメニュー。

アボカドの緑に卵の黄色、そしてトマトの赤と彩りがきれいな一皿です。

アボカドはもちろんのこと、添えられているセミドライトマトの濃縮された味が印象的でした。

Pork Ribs

Haomaのポークリブ

Pork Ribs 450B++(約1,750円)

ナイフを入れるとほろほろと骨から外れるほど柔らかく調理されたポークリブ。

添えられているマスタードのソースともよく合って、とても美味しかったです。

French Ingulgence

Haomaのフレンチトースト

French Indulgence 320B++(約1,240円)

最後はフレンチトースト。

こちらのフレンチトーストは中にいちごジャムがサンドしてあります。

甘いフレンチトーストにいちごジャムって甘すぎないかと思ったのですが、そんなこともなくとても美味しくいただきました。

HaomaのオーナーシェフであるDK(DEEPANKER KHOSLA)は、ミシュランガイドに掲載されたレストランでの経験もあるとのお話を伺いましたが、それも納得。どれもとても美味しかったです。
 

Haomaの店舗情報

  • 営業時間:17:30-23:00(火~金)、11:00-15:00, 17:30-23:00(土日)、月曜定休
  • 住所:231/3 ถนน สุขุมวิท แขวง คลองเตยเหนือ เขต วัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
  • TEL:(+66) 2 258 4744
  • Web:http://haoma.dk/
  • Facebook:https://www.facebook.com/HaomaBKK/
  • Instagram:https://www.instagram.com/haomabkk/
  • アクセス:BTSアソーク駅から徒歩18分、プロンポン駅から徒歩21分(タクシーまたはシーロー推奨)
  • 地図:Google mapで開く

 

まとめ:Haomaは食の持続可能性にこだわった創作西洋料理店

Haomaはレストランの敷地内に自家農園を持ち、食の持続可能性・地産地消にこだわった創作西洋料理の店です。

社会問題に正面から向き合いつつも、美味しさも決してないがしろにされていないところに好感を持ちました。

今回はブランチでしたが、ディナーメニューについてはMiOさんが詳しくレビューされていました。ディナーも気になる!

【Haoma (ハオマ)】シェフDKが手がけるミシュランレベルの自然派レストラン | MiOのバンコクブログ

残念ながら平日のお昼はやっていないので、ディナーか休日のブランチで訪れてみてはいかがでしょうか?

ご一緒させてもらったお二人のHaoma(ハオマ)のブランチレビューはこちら♪

ぜひあわせて御覧ください。

 

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.3円で計算(2018年7月現在) 

そのほかのアソーク・プロンポン周辺のレストラン・カフェ