タイ料理

ネバーエンディングサマーはおしゃれ&ヘルシーなタイ料理で女性ウケ間違いなし!

チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区にあるタイ料理レストラン、ネバーエンディングサマー(The Never ending summer)を紹介します。

古い倉庫を改装したお店はおしゃれだし、野菜やハーブをたっぷり使った料理の盛り付けも素敵だし、味も美味しいし、女性ならきっと好きになるタイ料理レストランです。

私が監修させてもらったベルトラのツアーにもネバーエンディングサマー(The Never ending summer)での昼食が含まれています。

サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアーがオプショナルツアー予約サイトVELTRA(ベルトラ) にて発売中!【PR】 現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!! もともとVELTRA(ベ...

 

ザ・ネバーエンディングサマーの場所・行き方

The Jam Factory の外観

今回は国鉄ウォンエンヤイ駅を散策した後にネバーエンディングサマーを訪れました。

※ウォンエンヤイ散策の様子はこちらの記事からどうぞ↓

マクラメバッグの材料もそろう!川向こうウォンウェンヤイの問屋街へ バンコクで手芸好きの人達が材料を調達する場所と言えば、ヤワラート(中華街)にあるサンペンレーンが定番。私達も何度も足を運んでいま...

ウォンウェンヤイ周辺からタクシーに乗って川沿いにあるミレニアム・ヒルトン近くへ(渋滞無し・約50バーツ)。ネバーエンディングサマーが入っているモール、The Jam Factory に向かいました。

地図はこちら。

ちなみに、The Jam Factoryの隣にはミレニアム・ヒルトン・バンコクがあります。ここに宿泊する予定なら、ぜひ行ってみてほしいレストランです。

スクンビットエリアから行く場合は、BTSサパーンタクシン駅で降りて、サトーンピアからミレニアム・ヒルトン行きのシャトルボートに乗ってしまうのが簡単です。(本当は駄目なのかもしれないけれど。)

2018年には、近くにICON SIAMという大きなショッピングモールができて、ますます盛り上がっているエリアになりました。

 

古い倉庫を改装したおしゃれなモール The Jam Factory

ヒルトンでタクシーを降りて、市場っぽいところを抜けてちょっと歩くとThe Jam Factoryの看板が。

The Jam Factoryの看板

ちょっと分かりづらかったな。

The Jam Factryは昔の倉庫を改装した建物に、いくつかのカフェやショップが入っている小さなモールです。

上の写真で見えている一番手前の建物にはオシャレな雑貨屋が入っていました。

一つ一つがものすごく洗練されていて「かわいい~!欲しい~!」ってなるのですが、お値段はそこそこします。2019年5月に再訪したら雑貨の扱いは減って、インテリア中心の品ぞろえになっていました。

それから、バンコクでチェーン展開している人気のおしゃれカフェLibrary(ライバーリー)も入っています。

The Jam Factory内のライバーリーカフェ

 

ザ・ネバーエンディングサマーの雰囲気

座ネバーエンディングサマーの入り口

倉庫を改装した建物内にザ・ネバーエンディングサマーはあります。

ザネバーエンディングサマーの内装

倉庫感の残る、むき出しの梁やレンガの壁の空間にテーブルが並べられていて、おしゃれ。キッチンはオープンキッチンになっています。

ザネバーエンディングサマーの内装

ほどよく配置されたグリーンが効いています。

以前はこちらの建物だけがザ・ネバーエンディングサマーとして利用されていましたが、2019年5月に再訪した際には、川側の建物もザ・ネバーエンディングサマーになっていました。

ザ・ネバーエンディングサマーの川側の店舗

こっちの店舗の方が自然光が差し込んで明るいので、写真を撮りたいならこっちを選んだ方がよさそうです。

 

ネバーエンディングサマーのメニュー

メニューを見ながら、とりあえずお水を頼んで出て来たのがコレ。

ちょっと待って。こんなオシャレそうな水…いくらなん?と焦る庶民派主婦たち!

恐る恐るメニューを確認すると、このボトル一本で160バーツでした。セレブな店では水を注文するのにも注意が必要です。笑

四人で食べたのは、こんな感じ。

  • 左:ウンセン炒め
  • 左上:卵と豚の角煮スープ
  • 中央:ナムプリックガピ
  • 右:コームーヤーン

どれも辛くないか、辛さ控えめで、味付けも優しい感じで美味しかったです。

珍しい野草がたくさん食べられたのも面白かった。ナムプリックガピのお皿の右下のツブツブしているのが付いている野菜が一番美味しかったです。これは何なんでしょうかね?

盛り付けもキレイで、コームーヤーンがバタフライピーの青い花で飾られて出て来ちゃいましたよ。本当にオシャレ。

知人の一番のおすすめがコームーヤーンだったのですが、柔らかくて炭火の香ばしい香りがして、うっかり「うなぎみたい」と呟いてしまいました。豚なんですけどね。

なお、お会計は1人420バーツでした。高級だけど、その価値はあるレストランだと思います!!女性グループで来れば盛り上がること間違いなしです。

2016年11月にも再訪しました。

このバタフライピーのドリンクがすごく美味しかったです。色もキレイだしオススメです。

今回も全部美味しかった!!味よし雰囲気良しでお気に入りのお店です。

私が監修させてもらったベルトラのツアーにもネバーエンディングサマー(The Never ending summer)での昼食が含まれています。こちらもチェックしてみてください!

サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアーがオプショナルツアー予約サイトVELTRA(ベルトラ) にて発売中!【PR】 現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!! もともとVELTRA(ベ...

レストランの近くに、商業施設アイコンサイアムができました。こちらも併せて訪れても楽しめると思います!

アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク【アイコンサイアム】旅行者におすすめしたい7つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...

 

The Never Ending Summerの店舗情報

 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です