おすすめ記事

【マハナコン】超高層ビルにあるタイで一番高い展望台&ルーフトップバー

マハナコン MahaNakhon 展望台 タイトル画像

地上314m、超高層ビル「マハナコン」が開業して早2年。待望の屋上展望台&ルーフトップバーが2018年11月にオープンしました!

入場料は時期によって変わるみたい。2019年6月17日から9月30日までは、公式Webサイトで平日15%OFFで650B、土日726Bになっています。

高いけど、その分やっぱり感動する景色でした。平日の昼間は空いていたのでゆったりと見学できましたよ。でもね、夕方の黄昏時に行くのがベストだとは思う。次回機会があればぜひ夕方に行ってみたいと思います。

この記事の公開時にはタイで1番高いビルって紹介しましたが、よくよく調べたらもう抜かされていた!失礼しました。

1番高いのは新商業施設アイコンサイアムのレジデンスで318mらしい。ただし一般客が登れる展望台としてはマハナコンが最高層。

 

「マハナコン」とは

マハナコン MahaNakhon

マハナコンは地上314m、タイで2番目の高さを誇る超高層ビルです(2019年7月時点)。

虫食いされたような凸凹の外観が印象的で、バンコクの新ランドマークとして、すでに定着してきています。

ビル自体は2年ほど前に完成していたのですが、2018年11月に待望の屋上展望フロア&ルーフトップバーが完成しました。これができるのを待ってた!

このマハナコンの屋上展望フロア&ルーフトップバーは、タイの免税店として有名なキングパワーが運営しており、MAHANAKHON SKYWALK(マハナコンスカイウォーク)というのが正式名称のよう。

 

場所・行き方

チョンノンシー駅

マハナコンの最寄り駅は、BTSチョンノンシー駅です。バンコクの都心部でアクセスもラクラクです。

BTSチョンノンシーで下車したら、駅直結のスカイウォークをつたってマハナコンの方へ向かいます。駅の出口番号を確認してくるのを忘れたんだけど、たぶん表示が出てるからそれに従ってね。

ビルの2階部分くぐるようにして、一旦エスカレーターで下の広場に降ります。

この広場には、ちょっと怖い感じのエラワン象のモニュメントが置いてあります。

広場から見上げるマハナコンタワー。高い!迫力ある!

近くにいた警備員さんに誘導してもらって、マハナコンのビル内へ。

ここでチケットを購入します。

 

料金

料金は時期によって細かく変動するようなので、都度公式Webサイトなどでチェックした方が良さそうです。

2019年6月17日から9月30日までの料金

チケットは事前にオンラインで購入できます。以下の料金はオンラインストアで販売されている料金を転記したものです。

◆平日(月~金)

  • 大人(13~59歳)650B
  • 子供(4~12歳 ※3歳以下無料) 250B
  • 高齢者(60歳以上) 250B

◆週末(土日)

  • 大人(13~59歳)729B
  • 子供(4~12歳 ※3歳以下無料) 250B
  • 高齢者(60歳以上) 250B

英語やタイ語でのやりとりが不安なら、日系の旅行会社で事前にチケットを購入することも可能です。

マハナコン展望台が含まれた、現地ツアーもあります。

 

2019年1月末までの特別料金(私が登った時のもの)

料金850バーツ(約2,890円)のところを、2019年1月31日までは、オープニング価格の765バーツ(約2,600円)で入ることができました。高いっ!

「スカイツリー並の金額だわ」って思ったけど、調べてみたらスカイツリーより高かったわ(笑)でも一度は登ってみたい…。

この料金に含まれるのは、以下の3点です。

  1. 屋上(ルーフトップ)への入場料
  2. ルーフトップバーでのソフトドリンク
  3. ルーフトップバーでの2杯目の100バーツ引きクーポン

 

マハナコンタワーに実際に登ってみた

それでは、私がマハナコンタワーに実際に登ってみたときのことについてレポートしていきます。

 

持ち込み禁止の物

チケットを提示してさっそくエレベーターへ、といきたいところですが、その前に手荷物検査があります。

荷物をX線検査装置に通して、ゲートをくぐって、棒状のセンサーで体をスキャンして、とけっこう厳重!

飲食物は持ち込み禁止だったらしく、ここで水のペットボトルなどは没収されてしまいました。

調べたところ、以下のものは持ち込みが禁止されているようです。毎回思うけど、絶対に事前に調べないんだよな、私。

  • 22 cm x 35 cm x 56 cm以上の大きさの荷物
  • ドローン
  • ペット
  • お酒
  • 食べ物
  • 武器←当たり前

あれ、水は禁止物に入っていなくないか?でも没収されていたので、持っていかないようにしましょう。

 

展望台行きのエレベーター内の演出がすごい

めでたく検査を通過したらエレベーターへ向かうのですが、ここの通路も演出が素敵でした。うまく写真に収めることができなかったので、ぜひご自身の目で確かめてくださいね。

エレベーターで上階まで登る間には、エレベーター内部の壁に映像が写しだされます。アトラクションみたいですごい…!

下の動画は上りと下りを組み合わせた映像です。

 

屋内展望フロア

エレベーターを降りたところが、74階の屋内展望フロアになっています。うーん良い眺め。天井に町並みが反射しているのも美しかった。

ところどころにバンコクのランドマークを解説してくれる端末が置いてあって、バンコクの街について知ることができます。

十分に見学して満足したら、エスカレーターを登って屋上展望フロア(ルーフトップ)へと行きましょう。

ちなみに、ルーフトップからこの74階フロアには通常は戻ることはできないことになってるみたい。私らは戻りたいって係員さんに行ったら、明らかに裏口的なところを通って戻らせてくれましたけど。

係員のお姉さんについていくと…

こんな近未来的なエレベーターでルーフトップに向かいます!宇宙船かな?

マハナコンのルーフトップに行くエレベーター

かっこいい!

マハナコンのルーフトップに行くエレベーター

 

屋外展望フロア&スケスケのガラス板

はい、屋上にやってきたぞ。

最高の開放感です!

外界と隔てるものはこのガラスの塀のみ。ガラスの壁からちょっと頭を出すと、風がごぉーっと吹いています。

景色はこんな感じ。バンコクは都会だなぁ。この日は空気が霞んでいました。

マハナコン展望台からの景色(ミニチュアモード)マハナコン展望台からの景色(ミニチュアモード)

ゆったりと蛇行するチャオプラヤー川。

マハナコン展望台からの景色(ミニチュアモード)マハナコン展望台からの景色(ミニチュアモード)
マハナコン展望台からの景色マハナコン展望台からの景色

階段を登ると、ほんとのほんとの最上部へ。

マハナコンの最上部に上がる階段マハナコンの最上部に上がる階段

これが、バンコク。

マハナコン最上部からの景色マハナコン最上部からの景色

地上314mからの景色です。

マハナコン最上部は地上314mの高さマハナコン最上部は地上314mの高さ

上の写真に写っている金色のドームの建物が、人気のルーフトップバー「シロッコ」のあるルブアアットステートタワーです。それも余裕で見下ろす高さ。

【シロッコ】バンコクの有名ルーフトップバーはやっぱり素敵でした 11月14日のロイクラトンの日は皆さんどう過ごされましたか?公園の池にクラトンを流したり、チェンマイのコムローイ祭りに参加された...

ところで、マハナコンの展望台の目玉になっているのがスケスケのガラスの床

そこに入るには、並ばないといけません。私が行った平日午前中はガラガラでしたけどね。

透明なガラス板の上に乗るエリアの入場口

ガラス板のエリアは手荷物、カメラなどは持ち込み禁止です。ここで預けます。そしてフットカバーをつけます。

ここで荷物をあずけ、靴をカバーする

板の上はこんな感じ。

f:id:saku_bangkok:20181219204137j:plainいざ、ガラス板の上へ

硝子板で下まで何もない様子が見えるから、めちゃくちゃ怖い!!私は無理でした…。一瞬しか立てなかった。

余裕な人はこんなこともできます…。怖いよぉ。

マハナコン展望台のガラス板の上で寝転ぶ人

 

無料のソフトドリンク付き(2019年1月の特別プロモーション)

マハナコン展望台のバーカウンター

ところで、私が登った際には特別プロモーション中で、入場料にはルーフトップバーでのソフトドリンク一杯分のチケットが付いていました。

「バンコクソーダ」っていう名前のソーダです。

マハナコン展望台の無料のソフトドリンクプロモーションで付いていた無料のソフトドリンク
  • パッションフルーツ
  • マンゴー
  • ライム
  • タイコーラ

の四種類があります。

バーカウンターのお兄さんは少し日本語がしゃべれる方でした。ほっこり。彼のおすすめはマンゴーソーダらしいです。

でも、私はパッションフルーツにしました。

マハナコン展望台(ルーフトップバー)のソフトドリンク パッションフルーツソーダ パッションフルーツソーダ

どれも美味しかったですよ。

パッションフルーツソーダとマンゴーソーダ

昼間の景色も素晴らしいけれども、やっぱり日が沈む時間帯がベストだと思う。いつか機会がればぜひその時間帯に行ってみたいな。

 

お土産コーナー&キングパワー免税店も充実

写真撮影にも満足したところで、エレベーターで下へ。

4階で降ろされたとところには、マハナコンのお土産コーナーがありました。どれもスタイリッシュでかっこいいデザイン。

マハナコンのお土産コーナー

ポストカードは20バーツ(約70円)。

マハナコンのお土産コーナー

さらに歩を進めると、キングパワーの免税店エリアになっています。入り口のところでディスカウントクーポンを配っていたから、お買い物するならもらっておこう!

エスカレーターの絶妙な配置で、すべてのお店を見ないと地上におろしてくれない仕組み…。香水、化粧品、時計などいろいろありました。

キングパワーランナム店のディズニーイベントで売っていたタイ限定ディズニーグッズも一部売っていました。

バンコク免税店【キングパワー】の期間限定ディズニーイベント!ワイをしてるタイ限定ミッキーがかわいい バンコク市内にある免税店KINGPOWERで期間限定のディズニーイベントがやっています。ぷくこさんのブログとか、インスタで話題になって...

顔の前で手を合わせるタイの挨拶「ワイ」のポーズをしているミッキーマウスのタオルが売っていた。人気のハンドタオルは、見当たらなかったなぁ。

マハナコンのお土産コーナー

あっ、そうそう。アロマスパブランドも置いてありました(HARNN, PANPURI, divana, Erb, Bath & Bloomなど)。

マハナコンの免税店(アロマスパブランド)

それからもちろんお菓子類。お土産もここで買っちゃうのもアリかも。

マハナコンのお土産コーナー

 

ランチは近くの小籠包が美味しい店で

マハナコンの近くの美味しい小籠包の店

お昼はマハナコンのすぐそばにある、小籠包で有名な永和豆漿(Yong He Dou Jiang)にて。このお店については、ぷくこさんのブログが参考になります。

www.bangkok-pukuko.com

小籠包はもちろん絶品!美味しい…!

それから、ザーサイ麺も頼んだんだけど、これも優しい味のスープと麺にザーサイの微妙なピリッと感がマッチしていて美味しかった。

焼餃子はぷくこさんは微妙だったらしいけど、私が食べたときはパリパリで美味しかったです。うん、バンコクの飲食店ってどこもそうなんだけど、時と場合によって味に波があるよね…。

後はウリの葉っぱの炒めものを頼んで、4人で行って一人160バーツ(約540円)ですみました。ここ、おすすめですよー。

ところで、今回ご一緒した「たとたとさん」「tomo-snowyさん」のnote,ブログはこちら。ぜひぜひこちらもチェックしてください。

 

MAHANAKHON SKYWALK(マハナコンスカイウォーク)の基本情報

  • 営業時間:10:00 – 24:00(最終入場23:00)
  • TEL: (66) 2 677 8721 (9:00-18:00)
  • 住所:114 ถนน นราธิวาสราชนครินทร์ แขวง สีลม เขต บางรัก กรุงเทพมหานคร 10500
  • 入場料:850バーツ(2019年1月末までは765バーツ)
  • 公式URL:Web Facebook Instagram Twitter
  • アクセス:BTSチョンノンシー駅直結
  • 地図:Google mapで開く

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2018年12月現在) 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です