チェンライ

チェンライのおすすめカフェ12選|市街地から郊外まで立地別に紹介

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

チェンライに行ってみて驚いたのが、街中にカフェがたくさんあること。小さな街なのにびっくり。

でも考えてみれば、タイ北部のチェンライはコーヒーの産地。カフェが多いのも当たり前なのかな。そんなチェンライでは、絶対にカフェ巡りをしようと決めていました。

カフェ好きの私は、よくInstagramでカフェの写真を眺めているのですが、「素敵だな~、行ってみたいな~」と思うカフェって、だいたいチェンマイかチェンライにあるんですよね。

実際にカフェ巡りをしてみて、やっぱりチェンライのカフェは素敵でした!!

動画も作ったから見てね。

今回紹介するカフェの中には、2020年のタイ政府観光庁主催のメディアトリップで訪れた店も含まれます。

【チェンライ旅行記】自然・お寺・食をディープに楽しむ2泊3日[PR] タイ国政府観光庁よりお誘いいただきまして、タイ北部チェンライに行ってきました。 今回は日本人インスタグラマーさん、YouT...

チェンライ旅行の全体像(観光・食・ホテル)についてはこちらにまとめています。

タイ北部の都市チェンライってどんなところ?観光地・食・ホテルまとめ タイ北部の都市『チェンライ』。これまで私は3回訪れていて、タイの中でも特に好きな場所です。 チェンライ市内には立派なランナ...

 

チェンライ市街地のカフェ

①ベチェグコーヒー(Bechegu Coffee)

チェンライ市内にあるカフェ。カフェの外観は、正直言ってパッとしなくて「本当にココかな?」って不安になるくらい。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

でも中に入ってみると、黄色をベースにした素朴で温かみのある内装が落ち着きます。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

壁際には主に日本製のコーヒー器具がたくさん!

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

コーヒー豆の袋が無造作に置かれていたりして。笑

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

席についたら店員さんが注文を取りに来ます。メニューは無し。言えば持ってきてくれたのかな?

まぁ、とりあえず店員さんに聞きながら、カフェラテとホットのアールグレイティーを注文しました。

まずは、フリーのハーブティーがポットでどーんと!!太っ腹!そしてこれが美味しいんだ。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

カフェラテ(60バーツ:約200円)も大きなカップになみなみと。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

アールグレイ(45バーツ:約150円)ももちろんポットで。

カフェラテは期待どおり美味しかったです!豆はやはりチェンライの山でとれたものを使っているそうです。

お土産に豆(250g・250バーツ:約850円)とクッキー(35バーツ:約120円)も買っちゃった。

日本の徳利が気になって聞いてみたら、デカフェを入れているんだそう。少しだけ味見させてもらったんだけど、コーヒーとお茶の間のような味ですごく美味しかった!

カフェの雰囲気が良く、オーナーさんや店員さん達も優しくって、すごく気に入りました。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

私がチェンライで行ったカフェの中でNo.1です。

2022年7月追記。Bechegu Coffeeは別の場所に移転しており、元の場所はAgape(地図)というカフェになっているようです。

📍Bechegu Coffee

②ナングノン・コーヒー(Nangnon Coffee)

2022年7月再訪したので追記・修正しました。

こちらもチェンライの街中のコーヒーショップ。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

オープンエアで休日を朝のんびり過ごすのにぴったりなカフェです。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

Instagramで見て、ラテアートが素敵だったからお願いしたら、こんなに素敵に作ってくれました。

2017年に訪れた際に雰囲気が良くて、安くて、それでいて素敵なラテアートの美味しいコーヒーを出してくれたことで印象に残っていたお店。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

近くまで来たので再訪しました。改装してきれいになっていたけれど、オープンエアのリラックス感あふれる空気感は変わらず。

そしてラテアートも変わらず美しく、そして美味しい。

この完成度で50バーツ(約190円)は驚異的。バンコクのおしゃれカフェの半額以下だわ…。

夫が頼んだマンゴーミルクスムージーはこの量で55バーツ(約210円)。

2人でシェアして食べたアイスのっけワッフルは125バーツくらいだったかな…?

二度目の訪問でますますファンになりました。朝食メニューが充実しているので、近くに泊まった人は朝食を食べに来るといいかも。朝7:30から営業しているみたいです。

はす向かいにあったドイツ系ビアハウスが気になった。

📍Nangnon Coffee

③ラーン・ティムズカフェ&ギャラリー(Laan-Tim’s Café & gallery)

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

今回私達が泊まったゲストハウスに併設されているカフェです。

残念ながら私達が宿泊した期間はカフェはおやすみだったのですが、朝食会場がこのカフェだったので写真を撮りました。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します
チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

このカフェの雰囲気、めっちゃ好みです。

カウンターの中には流行りのニトロコーヒーの器具もありました。

もしチェンライを再訪する機会があれば、ここのコーヒーも味わってみたいです。

📍Laan-Tim’s Café & gallery

 

チェンライ市街地から車で30分圏内のカフェ

④ポーラー・ブーランジェリー・アンド・パティスリー(¥Polar Boulangerie and Pattisserie)

チェンライで美味しいケーキが食べられることで有名なカフェ。

でも、行ってみてびっくり。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

牛が寝そべる舗装されて無い道を進み、本当にこの先にカフェなんかあるのかと不安になったころ…

素敵なカフェが現れます。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

敷地の真ん中に大きな木がそびえていて、存在感を放っています。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

こんなへんぴな場所なのに、店内はお客さんでいっぱい。人気店なんですね。

クロワッサンがすごーく美味しそうで惹かれたけど、

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

お茶の時間帯だったし美味しいと噂のケーキからチョイスしました。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

アメリカーノ(60バーツ:約200円)といちごのミルクレープ(120バーツ:約410円)を選びました。

窓際の席でゆったり。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

夫はシュークリームを食べていました。

バンコクの美味しいケーキと比べちゃうと、まぁそこそこなのですが、それでも普通に美味しいケーキでした。

コーヒー豆はバンコクのフジスーパー1号店前のCeresiaのものを使っているみたい。

他にご飯メニューもあったので、ランチ利用もできそうです。

📍Polar Boulangerie and Pattisserie

⑤チーウィット・タマダー(Chivit Thamma Da)

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

TripAdvisor1位のチェンライで大人気のレストランです。カフェ利用も可能で、私たちはお茶の時間帯に利用しました。

川沿いに佇む洋館は、インスタ映え間違い無し!

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017 チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

大人気カフェ「チーウィット タマダー 」でランチココナッツケーキ(100バーツ:約340円)を食べたのですが、フレッシュなココナッツジュース味が強かった。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

私ココナッツジュースが苦手なので、このチョイスは失敗でした。マンゴーチーズケーキにすれば良かったなぁ。

カフェラテも100バーツ(約340円)。

チェンライのおしゃれカフェ個人的ベスト4を紹介します【チェンライ旅行記2017

2020年の再訪時にはごはんも食べたんだけど、トムカーガイがとても美味しかった記憶があります。

青い寺、ワット・ロンスアテンのすぐ近くなので、併せて訪れることをおすすめします。

白い寺に青い寺も!チェンライで行くべきお寺4選 チェンライで外せないお寺巡り。チェンライで最低限訪れたいお寺を4つ紹介します。 チェンライ旅行の全体像(観光・食・ホテ...

📍Chivit Thamma Da

⑥ドイ ディンデーン陶器(Doy Din Dang Pottery)

チェンライ郊外にある日本の唐津で修行したタイ人陶芸家さんが開いた工房に併設のカフェ。自然いっぱいの環境のなか、味のある陶器のカップでコーヒーが飲める。

コーヒーとアイスクリームのみのシンプルなメニュー構成。

チェンライ『ドイ ディンデーン陶器』土を感じる素敵な焼き物と自然いっぱいのカフェ 私がチェンライに来るのは3度目。3回目の今回、どうしても行っておきたい場所がありました。それが『ドイ ディンデーン陶器(Doy ...

📍ドイ ディンデーン陶器(Doy Din Dang Pottery)

⑦サワンボンディン ファーム & ホームスティ(Sawanbondin Farm & Tea House)

チェンライ お茶のワークショップ

チェンライ発のティーブランドのカフェ。ハーブなどをブレンドしたお茶が美味しい。カフェ自体もすごく素敵だし、タイ風のお菓子も美味しい。

📍Sawanbondin Farm & Tea House

⑧アカミノコーヒー(AKHA MINO COFFEE)

チェンライ コーヒーワークショップ

AKHA MINO COFFEE、はアカ族のコーヒーが飲めるお店です。山の方のアカ族の村まで行けない人でも、チェンライの市街地から車で30分程度の場所でアカ族のコーヒーを楽しめます。

チェンライ コーヒーワークショップ

カフェの裏にコーヒー畑があったり、コーヒーの加工・焙煎などもしているお店です。

このカフェではアカ族の民族衣装を着て写真撮影もできます。民族衣装を来た本物のアカ族のお母さんもいらっしゃいました。

📍AKHA MINO COFFEE

⑨Favola

ルメリディアンチェンライのイタリアンレストランFavolaではアフタヌーンティーが楽しめます。量がちょうど良いし、西洋風とタイ風のお菓子のバランスが良い。お茶は先ほど紹介したサワンボンディンのものです。

リバーサイドの雰囲気も良かったです。

ルメリディアンチェンライ内「Favola」コック川沿いのおしゃれで美味しいイタリアンレストラン[PR] ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)内にある、美味しくておしゃれなイタ...

📍Favola

 

チェンライ市街地から車で1時間以上の郊外のカフェ

⑩チュイホン カフェ 本店

ェンライ・チュイフォン(Choui Fong)の茶畑はおしゃれカフェ併設で若者に大人気!チェンライ市街地から車で約1時間。チュイフォンの広大な茶畑の真ん中にあるカフェです。とにかく景色が良い!抹茶のドリンクやスイーツがあります。

チェンライ・チュイフォン(Choui Fong)の茶畑はおしゃれカフェ併設で若者に大人気!【チェンライ旅行記2017-⑤】< 私がチェンライでやりたかったのが、茶畑を見に行くこと!お茶の産地でもあるチェンライでは茶畑が観光地として人気なんです。 ...

📍チュイホン カフェ 本店

⑪ドイトゥンコーヒー(DoiTung Coffee)

プミポン前国王のお母上が暮らした山の上の離宮ドイトゥンパレス

ドイトゥンパレス前にあるカフェ。マカダミアナッツを使ったドリンクが美味しい。ドイトゥンパレスの庭園内にもカフェがあります。

プミポン前国王のお母上が暮らした山の上の離宮ドイトゥンパレス ドイトゥンパレスは、故プミポン前国王のお母上であるシーナカリン王太后が好んで訪れた離宮です。現在はその離宮や庭園などの施設が一般...

📍ドイトゥンコーヒー

  • 営業時間:8:00-17:00
  • アクセス:時計台から車で約1時間10分
  • 地図:Google Mapsで開く

⑫ドイパーミーコーヒー(Doi phamee coffee)

チェンライ 絶景カフェでコーヒーとアカ族の郷土料理

アカ族の村にあるドイパーミーコーヒー

チェンライ 絶景カフェでコーヒーとアカ族の郷土料理

チェンライの山々を見下ろす景色が最高です。アカ族料理は野菜たっぷりの優しい味で、特にタケノコのおかずが美味しかったです。

📍Doi phamee coffee

チェンライ旅行の全体像(観光・食・ホテル)についてはこちらにまとめています。

タイ北部の都市チェンライってどんなところ?観光地・食・ホテルまとめ タイ北部の都市『チェンライ』。これまで私は3回訪れていて、タイの中でも特に好きな場所です。 チェンライ市内には立派なランナ...
ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。