サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

チェンマイのアカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)でタイ産コーヒーを堪能【チェンマイ旅行記2017-⑦】

チェンマイでやりたいこと、その5!おしゃれなカフェで美味しいコーヒーを飲む&コーヒー豆を買う!その両方が叶いそうなカフェ、アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)を訪れました。

こちらでは、タイの山岳民族アカ族の村からフェアトレードで仕入れたコーヒーをリーズナブルな料金で楽しむことができます。

 

アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)の場所、雰囲気

アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)があるのは、旧市街地から北西に少しだけ離れたところ。

お昼に美味しいカオソーイを食べたカオソーイメーサイから近かったので、歩いて行きました。今回訪れた本店以外にも、旧市街地に二号店があるそうです。

静かな通りにある緑あふれる入り口をくぐると、中は写真で素敵にデコレーションしてありました。

この絶妙な緑の壁色、好きだわ。

テラス席も、この時期は気持ちよさそうですね。

テラス席でパソコンで何か作業している方がいらして…お仕事なのかな?こんな素敵なカフェでお仕事できたらすごく捗りそうですね。

 

山岳民族アカ族の村で育ったコーヒーを好みの焙煎具合で

こんなおしゃれなカフェだけれど、コーヒーの価格はリーズナブル。

アメリカーノやカフェラテなど、エスプレッソベースのメニューならホットが40バーツ(約140円)、アイスが50バーツ(約170円)。

ドリップコーヒーはホットが70バーツ(約240円)、アイスが75バーツ(約260円)。

せっかくだからドリップコーヒーを試してみることにしました。ドリップコーヒーなら、数種類の中から豆を選ぶことができます。使用する豆はタイの山岳民族アカ族の村からフェアトレードで仕入れたものです。

店員さんに相談しながら、焙煎具体が違う豆の香りを嗅いでみて、好みの豆を選びました。

私はミディアムローストのPeaBerryを試してみることに。

店員さんが一杯一杯、丁寧に入れてくれます。

素朴な湯呑みのようなカップでサーブされました。

色んな口コミにも書かれていたけど、けっこう酸味が立っているコーヒーです。

さらに浅煎りのコーヒーを試した友人は、ちょっと苦手な味って言っていました。浅煎りの豆ならアイスの方が合ってる感じがしました。

 

もちろんコーヒー豆も購入できます

ミディアムローストのものもちょっと酸味が強い感じがしたので、自分へのお土産にイタリアンローストの豆を買ってみました(180バーツ:約620円)。

今そのコーヒーを淹れて飲みながらブログを書いているのですが、これ、正解でした!美味しい(^o^)

同じ産地の豆でも、焙煎具合によって全然味が違うのが分かって面白い体験でした。

アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)本店

アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee La Fattoria)※旧市街地の二号店
  • 営業時間:8:00-18:00
  • 住所:175/1 Rachdhamnoen Rd, Phrasingha, Muaeng, Chiang Mai 50100, Thailand
  • TEL:(+66) 86 915 8600
  • 地図:Google map で開く

チェンマイ旅行記2017