アフタヌーンティー

バンコク「ザ・ハウス・オン・サトーン」の香港ワッフル&アフタヌーンティー@Wホテル内

バンコク・BTSチョンノンシー駅近くにあるザ・ハウス・オン・サトーン(THE HOUSE ON SATHORN) 。BTSに乗っていると見える黄色い洋館は、Wホテルのダイニングとして利用されています。

ここの名物はベリーたっぷりの香港ワッフル。甘さ控えめで美味しい。

贅沢な気分になれるアフタヌーンティーも美味しかったです。特にスコーンが絶品でした!

 

ザ・ハウス・オン・サトーンとは

BTSのシーロム線に乗っていると見える黄色い洋館のことは、以前から気になっていました。近代的な高層ビルの中に挟まれたミスマッチ感で目立ってます。

この建物はザ・ハウス・オン・サトーン(THE HOUSE ON SATHORN)と呼ばれていて、現在はWバンコクホテルのレストランとして利用されています。

見た目どおりその歴史は古く、ラーマ5世の時代(日本の明治時代と同じくらい)に建てられた建物なんだそう。元々は華僑の邸宅でしたが、ホテルやロシア大使館を経て、現在に至っています。

 

ザ・ハウス・オン・サトーンの場所/予約方法/ドレスコード

ザ・ハウス・オン・サトーン

場所

ザハウスオンサトーンがあるのは、BTSチョンノンシー駅から徒歩4分ほど。BTSセントルイス駅からの徒歩4分ほどです。Wバンコクホテルの敷地内にあります。

地図はこちら

予約方法

初回訪れたときには平日の昼間に予約無しで行って大丈夫でしたが、予約するのが好ましいと思います。

メール:thehouseonsathorn@whotels.com

メールを送ったら、当日中に返事があり丁寧に対応してもらえました。もしくは公式Webサイトから予約することも可能です。

アフタヌーンティーで土曜日の昼間に訪れた際には、中庭も室内もたくさんの人でにぎわっていました。週末なら予約は必須かと思います。

ドレスコード・年齢制限など

ドレスコードはスマートカジュアルです。男性はTシャツ、半ズボン、スリッパを避ければ大丈夫でしょう。女性はちょっとおしゃれすればOK。

とはいうものの、タイあるあるなのですが実際に行ってみるとTシャツ&半ズボンの男性もいたような…。ドレスコードはけっこうゆるい感じです。でも、ドレスコードを守るに越したことはないはず。

年齢に関しては、All ages welcomeとあるので、お子さんもOKみたいです。ただしバーに関しては午後6時以降は20歳以上と書いてありました。

 

ザ・ハウス・オン・サトーンの雰囲気

夜のThe House on Sathorn

それでは、ザ・ハウス・オン・サトーンの中がどんな感じか見ていきましょう。

まずはエントランス。不思議な形のシャンデリアが印象的です。

ザ・ハウスオンサトーンの入り口

入り口には女性の受付の方がいらして予約の確認をしてくれます。

室内席

案内されて建物の中に入ってみると、クラッシックな雰囲気の中にモダンな要素も取り入れられていて、そのバランスがとても素敵です。

外見からは想像しなかった重厚感が良い。

キラキラと輝くバーカウンターがきれいでした。

中庭(コートヤード)

そして、ここの見どころはやっぱり中庭。

ザ・ハウス・オン・サトーン ザ・ハウス・オン・サトーン ザ・ハウス・オン・サトーン

イエローとグリーンの壁がとてもきれい。

ザハウスオンサトーンは、バンコクで一番高い展望台がある「マハナコン」ビルのおとなりにあるので、その全貌が良く見えます。

ザ・ハウスオンサトーンから見えるマハナコンビル

スケスケの床に寝転んでいる人がいるー!ひょえ~!!

スケスケの床に寝転べるマハナコンの展望台についてはこちらから。

≪割引チケット有≫「マハナコンスカイウォーク」タイで一番高い展望台&ルーフトップバー バンコクの超高層ビル「マハナコンタワー」の屋上展望台&ルーフトップバー「マハナコンスカイウォーク」。2018年11月にオープンし...

屋内席に座っても、トイレに行くときなどに中庭を通りますので、せっかくだから見学してみては。

ザ・ハウスオンサトーンの廊下

トイレへと続く通路には、ザ・ハウス・オン・サトーンの歴史について書かれたボードもあります。

ザ・ハウスオンサトーンの歴史について書いたボード

 

メニュー

名物の香港ワッフル

ザ・ハウス・オン・サトーンでのお目当ては巨大な香港ワッフル(450バーツ++:約2,010円)

写真じゃ伝わらないかもしれないけど、本当に大きいので2人でシェアしてちょうどです。

ワッフル生地はふわふわもちもちで、甘みが抑えられているからクリームと一緒に食べてちょうど良い味。たくさんトッピングされたベリーも美しく、もちろん美味しい。最高です!

飲み物は外の席だったのでアイスティーを。各150バーツ++(約670円)です。

アフタヌーンティー

Wバンコク宿泊時に、宿泊パッケージに含まれていたアフタヌーンティーをいただきました。

Heritage Afternoon Tea Set

  • THB 1,450++(約6,490円)/2名様分
  • TWGの紅茶2ポット付
  • 2:30PM – 5:30PM

ハウスオンサトーンのアフタヌーンティーは以前にも食べに来たことがあって、ボリュームもあってすごく美味しかった記憶があるから、今回も期待!

まずは飲み物を選ぶところからスタート。メニューにはハウスオンサトーンのロゴ付。

お茶かコーヒーから選べますが、ここはやっぱりお茶かなと。アフタヌーンティーですし。

お茶のブランドはTWGです。

なかでもハウスオンサトーンのオリジナルブレンド「GREEN GARDEN TEA」と「STARRY NIGHT TEA」を選びました。

なお、注文時にアレルギーの有無を確認されました。すごくちゃんとしています。

しばらくすると、アフタヌーンティーセットが運ばれてきました!豪華!

こちらはしょっぱい系のセイボリー。どれもしっかりした味でちゃんと美味しい。

どれもちょっとだけピリ辛な風味でしたが、辛すぎなくてアクセント程度です。

セイボリーだけでけっこうなボリュームがあるので、十分にランチ替わりになります。

スコーンはプレーンとチョコチップ。ハウスオンサトーンのスコーンはちょっとふわっとしていて、美味しいんです。

クロテッドクリームに、ベリージャム・マーマレードジャムが付いています。

そして、こちらがスイーツ。

スイーツも一つ一つのボリュームがあります。

全部とても美味しかったです。

でも予想通り食べきれず、一部は包んでもらって持ち帰りました。

土曜日の午後のザ・ハウス・オン・サトーンには、このアフタヌーンティーを楽しんでいるグループがたくさんいました。

アフタヌーンティー人気みたいなので、ぜひ予約をしていくのが良いと思います。

ちなみに、Marriott Bonvoy™会員は無料で入会できるノーマルメンバーでも10%OFFになるのでぜひ入会しておきましょう。会計時にアプリ画面を見せる等して会員番号を伝えてください。

 

まとめ:歴史ある洋館ザハウスオンサトーンで優雅な午後を

BTSの車内から見ていてずっと気になっていた黄色い洋館ザ・ハウス・オン・サトーン。中は、事前に想像していたよりもモダンで重厚な雰囲気で素敵でした。

香港ワッフルは写真から想像していたよりも大きくて美味しく大満足。アフタヌーンティーは、どれも美味しくて、量も多くて驚きました。苦しくて夜ご飯も抜いちゃうくらい。

スタッフの方も感じが良かったし、雰囲気も良いし、すごく優雅な気分になれました。

 

ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN)の店舗情報

営業時間水曜~日曜 12:00- 23:00(ラストオーダー 22:30)
14:30-17:30(アフタヌーンティー)
TEL(+66) 2 344 4025
E-mailthehouseonsathorn@whotels.com
住所(英)106 N Sathon Rd, Silom, Bang Rak, Bangkok 10500
住所(タイ)106 ถนน สาทรเหนือ แขวง สีลม เขต บางรัก กรุงเทพมหานคร 10500
公式URL公式URL:Web Facebook Instagram
アクセスBTSチョンノンシー駅から徒歩4分
BTSセントルイス駅から徒歩4分
地図Google mapで開く

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年4月現在)

マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーが提供されるオーサーズラウンジ
バンコクのアフタヌーンティー人気ランキング【2019年アンケート結果】 「バンコクで人気のアフタヌーンを知りたいっ!」そんな気持ちから実施してみたアンケートに、なんと128名の方にご協力いただきました...

ブログランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2018年11月現在) 

ブログの読者さん、SNSのフォロワーさんに協力してもらって、バンコクで好きなアフタヌーンティーについてアンケート調査を行いました。

バンコクでどのアフタヌーンティーに行くか迷っている方はぜひこちらもチェックしてみてください!

マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーが提供されるオーサーズラウンジ
バンコクのアフタヌーンティー人気ランキング【2019年アンケート結果】 「バンコクで人気のアフタヌーンを知りたいっ!」そんな気持ちから実施してみたアンケートに、なんと128名の方にご協力いただきました...
ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。