おすすめカフェ

Wホテル内の黄色い洋館【ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN) 】で香港ワッフルを食べよう

ザハウスオンサトーンの香港ワッフル

バンコク・BTSチョンノンシー駅近くにある黄色の洋館、ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN) に香港ワッフルを食べに行ってきました。

影響を受けたのはぷくこさんのこちらの記事。ここのワッフルが美味しそうで!!

「子連れで海外生活@タイでマイペンライ」のきょんさんと出かけて来ました。

ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN) とは

ザハウスオンサトーンの外観

BTSのシーロム線に乗っていると見えるこの黄色い洋館。気になっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?近代的な高層ビルの中に挟まれたミスマッチ感で目立ってますよね。

この建物、「ザハウスオンサトーン」と呼ばれていて、現在はWバンコクホテルのレストランとして利用されています。

見た目どおりその歴史は古く、ラーマ5世の時代(日本の明治時代と同じくらい)に建てられた建物なんだそう。元々は華僑の邸宅でしたが、ホテルやロシア大使館を経て、現在に至っています。

ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN)の場所

ザハウスオンサトーンの入口

ザハウスオンサトーンがあるのは、BTSチョンノンシー駅から徒歩4分ほど。Wバンコクホテルの敷地内にあります。

黄色い壁がフォトジェニック♪ザハウスオンサトーンの雰囲気

今回は平日の12時ごろに予約無しで行ってみました。建物の入口には受付のお姉さんが立っていらして、予約の有無を確認されましたが予約なしでも大丈夫でした。

建物の中に入ってみると、クラッシックな雰囲気の中にもモダンな感じも取り入れられていて、そのバランスがとても素敵です。

ザハウスオンサトーンのダイニングルーム ザハウスオンサトーンのバーカウンター

そして、ここの見どころはやっぱり中庭。

ザハウスオンサトーンの中庭1 ザハウスオンサトーンの中庭2 ザハウスオンサトーンの中庭3 ザハウスオンサトーンの中庭4

イエローとグリーンの壁がとても美しい!

できればこの景色を眺めながらお茶をしたいところではありますが、暑かったので屋内の席を選びました。

名物の大きな香港ワッフルとTWGの紅茶

ザハウスオンサトーンの香港ワッフル

ココで食べたかったのは、こちらの巨大な香港ワッフル(400バーツ++:約1,360円)

写真じゃ分からないかもしれないけど、本当に大きいので2人でシェアしてちょうどでした。

ワッフル生地はふわふわもちもちで、甘みが抑えられているからクリームやシロップをかけて食べてちょうど良い味です。たくさんトッピングされたベリーも美しく、もちろん美味しい。最高です!

飲み物はTWGのEnglish Breakfast(150バーツ:約510円)をシェア。

ザハウスオンサトーンの紅茶English Breakfast

アフタヌーンティーセットもあるみたいで、そちらも良さそうです。

ザハウスオンサトーン(THE HOUSE ON SATHORN)の店舗情報

  • 営業時間:12:00PM – 10:30PM(ダイニングルーム )
  • 住所:106 North Sathorn Road, Silom, Bangrak
  • TEL:(+66) 2 344 4000
  • 公式URL:Facebook Instagram
  • アクセス:BTSチョンノンシー駅から徒歩4分
  • 地図:Google mapで開く

まとめ:歴史ある素敵な洋館で食べる香港ワッフルは絶品!

BTSの車内から見ていてずっと気になっていた黄色い洋館の中に入ることができてスッキリ。洋館の中は事前に想像していたよりもモダンな雰囲気で素敵でした。

香港ワッフルは写真から想像していたよりも大きくて美味しく大満足。スタッフの方も感じが良かったし、雰囲気も良いし、すごく優雅な気分になれました。

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2018年3月現在) 

***他にこんな記事も読まれています***

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です