ディナークルーズ

シャングリラホテル・ホライゾン号ディナークルーズは家族連れにおすすめ(PR)

シャングリラホテル ホライゾン号ディナークルーズ

バンコクでぜひ体験してみたいチャオプラヤー川ディナークルーズ。

今回も現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)より提供いただき、川沿い五つ星ホテル「シャングリラホテル」が主催するホライゾン号ディナークルーズに夫と一緒に参加させてもらってきました。

チャオプラヤー川ディナークルーズにも様々な種類がありますが、ホライゾン号は落ち着いた雰囲気の中でタイ料理や西洋料理などのインターナショナルブッフェが楽しめるディナークルーズ船です。

辛くない料理のバリエーションも多いので、お子さんや年配者が一緒のファミリーにもおすすめできるディナークルーズだと思います。

 

ホライゾン号ディナークルーズの概要

ホライゾン号ディナークルーズの概要は次のとおりです。

ホライゾン号ディナークルーズ

価格(※ウェルカムドリンクとディナービュッフェが含まれる)

  • 大人(12歳以上):2,500B 2,400B  (約8,400円) ※SALE中
  • 子供(6~11歳) :1,200B (約4,200円)
  • 幼児(3~5歳)  : 無料

集合場所:シャングリラホテル(BTSサパンタクシン駅そば)の桟橋(NEXT2 Pier)19時集合

所要時間:約2.5時間

予約は、現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)から可能です。以下のリンクから予約ページに飛びます。

 

ホライゾン号ディナークルーズの詳細レポート

それでは、ホライゾン号ディナークルーズの詳細についてレポートしたいと思います。

集合場所はBTSサパンタクシン駅最寄りのシャングリラホテル

集合は、19時にシャングリラホテル内の桟橋(NEXT2 Pier)です。

シャングリラホテルの地図はこちら。

シャングリラホテルはBTSサパンタクシン駅からすぐの場所にあるので、アクセスもラクラクなのが嬉しい。

ただ、ホテルに入ってから桟橋(NEXT2 Pier)までの行き方がちょっとだけややこしかったので、行き方を記録しておきます。

シャングリラホテルには2つの建物(ウィング)があります。BTSサパンタクシン駅すぐそばにあるのはクルンテープウィングです。

バンコクのシャングリラホテル

中に入ります。入り口のところで手荷物検査があります。

バンコク・シャングリラホテル入り口

ここから、目指す桟橋(NEXT2 Pier)がある、隣のシャングリラウィングへと向かいます。

まずは下の扉からプールのあるお庭の方へ出ます。

バンコクのシャングリラホテル

そこから右方向へと進みます。途中でこんなゲートをくぐりつつ、ひたすらまっすぐ。

バンコクのシャングリラホテル 船着き場までの道のり

素敵なプールを横目に見つつ。

シャングリラホテル

案内板も参考にしつつ、まっすぐ進みます。

バンコクのシャングリラホテル 船着き場までの道のり

こんな通路の先に進むと…

バンコクのシャングリラホテル 船着き場までの道のり

桟橋(NEXT2 Pier)にたどり着きます。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 乗船場所

ここまで来る途中にもう一つ別の桟橋があるのですが、そこではないのでNEXT2 Pierを目指してください。ホライゾン号クルーズはあっちだよ、って張り紙があるので間違わないとは思いますが。

受付で予約した名前を告げると、ボーディングパスがもらえます。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ ボーディングパス

乗船の準備が整うまで、ゆっくりチャオプラヤ川の夕暮れを眺めつつ、まったり。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 乗船時の景色

 

ホライゾン号の設備

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ

19時、乗船の準備が整ったようなので、さっそく船の中へ。まずはホライゾン号の設備を見てみましょう。

ホライゾン号1階席の様子です。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 1階

室内席でクーラーが入って快適ですが、ディナークルーズの最後の方には寒いくらいだったので、カーディガンなどの上着があるとよいでしょう。

部屋の中央にはインターナショナルブッフェの準備がされています。

こちらは2階の室内席です。1階と同様に部屋の中央にはブッフェのテーブルがあります。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 2階室内

こちらはホライゾン号2階のデッキ席。開放感抜群の屋外席です。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 2階デッキ

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 2階デッキホライゾン号2階の船首部分のデッキ席から階段を降りたところには、誰でも利用可能な屋外席があります。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 1階 デッキ

室内席の人もここまで降りてくれば、外の風を感じることができます。

また1階の船の入り口部分にはトイレがあります。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 1階

比較的清潔なトイレが3室ありました。乗船中にトイレに行きたくなっても安心です。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズ 1階トイレ

 

ディナーブッフェの内容

シャングリラホテル ホライズン号 ディナーブッフェ

次に、ディナーブッフェの内容について紹介します。

タイ料理、西洋料理、寿司などもあるインターナショナルブッフェです。

西洋風のサラダのほか、ソムタムやラープ、ナムプリックなどの定番タイ料理に、シーフード、デザートも豊富です。

シャングリラホテル ホライズン号 ディナーブッフェ

温かいお料理は、タイ料理はグリーンカレーのほか、炒めものなど。

シャングリラホテル ホライズン号 ディナーブッフェ タイ料理

西洋料理もパスタ、肉や魚の煮込み料理やグラタンなど。寿司や刺し身もありました。

シャングリラホテル ホライズン号 ディナーブッフェ 西洋料理

さすがシャングリラホテルが運営するディナークルーズ船だけあってどれも美味しかったです。

タイ料理だけでなく西洋料理や寿司などもあるので、スパイスが苦手な小さいお子様や、お年寄りが一緒のファミリーにもおすすめできる内容だと思います。

 

ホライゾン号ディナークルーズ中の様子

ホライズン号ディナークルーズ テーブルセット

私達が案内されたのは、2階の室内席でした。まずはフルーティーなウェルカムドリンク(アルコール入り)で乾杯!

ウェルカムドリンク以外のドリンクは、クルーズ代金とは別料金になります。

左は夫が頼んだマンゴーココナッツシェイク。ココナッツ味が効いている甘いドリンクです。右はサービスで出していただいた白ワイン。フレッシュな美味しいワインでした。

ホライズン号ディナークルーズ 追加注文ドリンク

ホライゾン号の出航と同時にディナーブッフェが開始されます。ちょっと人だかり落ち着いたころに、とってきてみました。

ホライズン号ディナークルーズ ブッフェ取り皿

ホライゾン号はあまり揺れないので、船の中をうろうろしても大丈夫でした。

出航が19時半と遅めなので、すっかり日が暮れて暗い中を進んでいきます。ほかのクルーズ船が発着するリバーシティーを通りすぎ、さらに先へ。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子 リバーシティー

たくさんのほかのクルーズ船ともすれ違います。

ホライゾン号は、以前に乗ったスパンニガーのクルーズ船よりも大きく乗船人数も多いので、多少はガヤガヤしていますが、終始オールディーズの名曲たちが流れ落ち着いた雰囲気です。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子

この日は残念ながら、5月の国王(ラーマ10世)の戴冠式に向けたチャオプラヤ川の運行規制の影響からか、ワットアルンや王宮のあるエリアには行かなくて残念。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子

それでもいくつか見どころはあります。最新ショッピングモール「アイコンサイアム」も、その一つ。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子 アイコンサイアム

ちょうど噴水ショーが行われいる最中でした。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子 アイコンサイアム

それから、川沿いのショッピングモール「アジアティーク」も通ります。ニューハーフショーの「カリプソ」の会場もココ。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子 アジアティーク

途中、美しくライトアップされたお寺がありました。

ホライズン号ディナークルーズ中の様子 お寺

大きな橋もくぐります。

シャングリラホテル ホライズン号ディナークルーズの様子

ほどよいところで、「コーヒーか紅茶はいかが?」とスタッフさんからお声掛けが。

コーヒーと一緒に、デザートもいただきました。

ホライズン号ディナークルーズ デザート

タイのお菓子「ルークチュップ」もありました。フルーツは久しぶりにジャックフルーツを食べたんだけど、自分の記憶と味が違ってて「ジャックフルーツってこんなに美味しいんだ!」と再発見しました。

最後にはおしぼりも出してもらえます。アロマの香りで癒やされた~。

ホライズン号ディナークルーズ おしぼり

そして2時間のクルーズを終えて、シャングリラホテルへと戻ってきました。

シャングリラホテル

 

まとめ:ファミリーにおすすめ!ホライゾン号ディナークルーズ

以上、シャングリラホテルのホライゾン号ディナークルーズについてレビューしました。

実際に参加してみて、以下の4点がホライゾン号ディナークルーズの良いところだと感じました。

  • 集合時間が19時と遅め。昼間ツアーなどで郊外に出ている方でも参加しやすい
  • BTSサパンタクシン駅から近いシャングリラホテル発着なので、タクシーに慣れていない人でも参加しやすい
  • インターナショナルブッフェなのでお子さんやお年寄りと一緒でも楽しめる
  • エアコンのある室内席があるので暑くない(※寒いくらいなので上着必須)

特に家族連れにおすすめしたいチャオプラヤ川ディナークルーズです。

予約は、現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)から可能です。以下のリンクから予約ページに飛びます。

カップル旅や女子旅なら、スパンニガークルーズもよかったですよ。

スパンニガークルーズ グラス越しのワット・アルン
スパンニガークルーズでバンコクでの思い出づくりを!大人気タイ料理レストランが手がけるディナークルーズ(PR) バンコクでぜひ体験したい、チャオプラヤー川でのディナークルーズ! 今回、現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(...

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です