サービス

海外アプリをダウンロードできない時の対処法[Androidの場合]

海外に住んでいると、その国のアプリを使いたいと思うことがありますよね。

でも、いざダウンロードしようと思うと、

  • そもそも検索に出てこなかったり
  • 『このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません』と表示されたり

居住国のアプリがダウンロードできなくて困っている人も多いはず。私と同じタイ在住の方だとデリバリーアプリLineMan買い物アプリShopeeをダウンロードできないという話を耳にします。

その原因は、Google PlayまたはApple IDの国設定が日本になったままだからです。解決するには、

日本用と海外用のGoogleまたはApple IDを2つ持ちする

のがおすすめです。多くの場合はこの方法で解決します。

私がAndroidを使っているため、ここでは海外在住のAndroidユーザーが居住国のアプリをダウンロードする具体的な設定方法について解説します。

iPhoneをお使いの方はこちらのブログで詳しく解説されているので参考になると思います。

 

海外アプリをダウンロードできないのは居住国設定が日本になっているから

海外アプリをダウンロードできないのは、Google Playの居住国設定が日本のままになっているからです。

では国設定を海外に変えてしまえばよいのかというと、そう簡単にはいきません。海外に変えてしまうと今度は日本のアプリをダウンロードできなくなります。

また必要になったときに日本に変えようと思っても、実は変更回数に制限があるんですよね。

Play の国を変更できるのは、1 年に 1 回のみです。いったん変更すると、1 年間は元に戻すことができません。 ※Google Play の国を変更する

また、Google Playの残高も国を変更すると使えなくなってしまうんです。

そこでおすすめしたいのが、海外用のGoogle アカウントをもう一つ作成して併用するという方法です。実際私もこの方法を使っていて、日本と居住国(タイ)両方のアプリを問題なく利用できています。

 

海外アプリがダウンロードできない時の対処法[Androidの場合]

それではAndroidで居住国の海外アプリをダウンロードする方法を具体的に解説していきます。

① Google アカウントを作成する

まずは、海外(居住国)用の新しいGoogle アカウントを作成します。

こちらのリンクから新しいGoogle アカウントを作成することが可能です。

② 新しいGoogle アカウントでGoogle Playを開く

Google Playを開いて、画面右上のアイコンから新しいGoogle アカウントに切り替えます。

③ アプリをダウンロードする

すると居住国のアプリがダウンロードできるようになっているはずです。目的のアプリをダウンロードしてください。

サク
サク
居住国で新しいGoogleアカウントを作成した場合、Google Playの国設定は特にいじらなくてもOKでした。

もし日本のアプリが必要なときにはGoogle Playを日本のアカウントに切り替えてダウンロードします。

一度ダウンロードしてしまえば、両方の国のアプリが一つの端末上で問題なく使えます。

 

まとめ

以上、Androidで海外(居住国)のアプリをダウンロードできない時の対処法についてまとめました。私はこの方法で生活で必要なアプリは問題なく使えています。

なお、日本にいながら海外アプリをダウンロードしたい場合は別途VPN接続が必要になると思います。

バンコク生活が便利になるアプリ&サービス28選 知っているとタイ・バンコクでの暮らしが便利でオトクになるアプリ&サービスを集めてみました。 類似サービスもたくさんあります...

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2021年6月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。