チェンライ

ルメリディアンチェンライリゾート宿泊記│二本の大樹に守られた自然いっぱいのリバーサイドホテル[PR]

北タイ・チェンライにある「ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)」にご招待いただき、宿泊させてもらってきました。

コック川沿いの静かで自然にあふれた環境ながら、空港や街の中心からも近く利便性を兼ね備えた立地です。

5つのウィングに総客室数159部屋ある大型リゾートホテルで、敷地が広く解放感があります。

特筆すべきは樹齢約120年の2本の巨大なレインツリー。美しい2本の大樹からパワーを分けてもらった気がします。

建物は北タイのランナー様式を意識した造りですが、客室内はルメリディアンらしいモダンでシックな内装で居心地抜群。客室は最低53㎡~と広く、ベランダで寛げます。

さらに、川沿いにあるイタリアンレストラン「Favola」が雰囲気良くて美味しい!

タイのリゾートホテルといえば海のイメージを持っていたけれど、チェンライにもこんなに素敵なホテルがあるんだな…。

それでは、ルメリディアンチェンライリゾートについて詳しく紹介していきます!

◆ルメリディアンチェンライリゾートってこんなところ

  • チェンライ空港から車で15分、街の中心部から車で10分の場所にある静けさと利便性を兼ね備えた環境
  • 2本のレインツリーの大木に守られ、目の前にコック川が流れる自然を感じるホテル
  • 最低53㎡~の広くて快適な部屋、ベランダも広い
  • 5つのウィング、総客室数159部屋の大型ホテル
  • 川沿いのイタリアンレストラン「Favola」が雰囲気よくて美味しい
  • 広い芝生の広場があり、お子さんとキャッチボールなどで遊べそう
  • ファミリーパッケージドッグフレンドリーパッケージあり
  • 朝食ブッフェは種類が豊富で、ナムプリックやカオソーイ等北タイ料理がある。
ルメリディアンチェンライリゾート
Le Méridien Chiang Rai Resort

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

ルメリディアンチェンライ内「Favola」コック川沿いのおしゃれで美味しいイタリアンレストラン[PR] ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)内にある、美味しくておしゃれなイタ...

チェンライ旅行の全体像(観光・食・ホテル)についてはこちらにまとめています。

タイ北部の都市チェンライってどんなところ?観光地・食・ホテルまとめ タイ北部の都市『チェンライ』。これまで私は3回訪れていて、タイの中でも特に好きな場所です。 チェンライ市内には立派なランナ...

チェンライのおすすめカフェ12選まとめはこちら。

https://www.saku-bangkok.net/entry/2017-10-17-163856 

 

場所

ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)は、チェンライ空港から車で15分ほどのコック川沿いにあります。

地図はこちら

チェンライの街の中心部から少しだけ離れた静かな環境が魅力ですが、中心部(チェンライ時計塔)までも車で約10分と近く、利便性も兼ね備えています。

滞在中はチェンライ空港を発着する飛行機の音が少しだけ聞こえましたが、気になるほどではありませんでした。

チェンライでは配車アプリGrabが使えます。アプリ一つで車を呼べるから、どこに行くにも便利。アプリで呼んだら毎回数分で迎えに来てくれました。

配車アプリGrabについて
バンコクではタクシー配車アプリ【グラブ(Grab)】が便利!旅行者にもおすすめです バンコクでの移動手段でおすすめなのが、配車アプリのグラブ(Grab)です。アプリに目的地を入力するだけで、近くの登録車が現在地ま...

 

雰囲気

こちらがルメリディアンチェンライのエントランスです。タイっぽい造りが特徴的。

ロビー前にはゾウのアートが。このゾウの置物は、リゾート内の他の場所でもたくさん見かけました。

南国っぽいオープンエアだけど、落ち着いた装飾のロビーにてチェックイン。

ロビーからちらりと見える景色に、期待が高まります!

スタッフさんに案内されてお部屋へ。

まず目に入ってきたのは、見事なレインツリーの大木です!その存在感に圧倒されました。スタッフさんによると「もう1本レインツリーがあって、同じ樹齢120年だけど、もう一本の方が大きいんですよ」とのこと。

そのもう1本のレインツリーというのがこちら。黄色い飾りが付けられていて、さらに存在感があります。

昼間も素敵ですが、日が落ちてから明かりが灯されるとまた別の美しさがあります。

リゾートでひたすらこの美しい木を眺めて過ごした三日間でした。

広い敷地内には5つのウィングがあり、それぞれ4階建てになっています。

リゾートの中央には大きな池があって、特に夕暮れ時は水鏡になって美しかった。

さらに大きな芝生の広場があって、子供さんが思う存分走り回れるスペースがあります。この芝生の広場でピクニックができるサービスもありました。ドッグフレンドリーパッケージもあるので、ペットのワンちゃんと一緒の旅行にも良さそう。

さらに奥へ行くとコック川に出ます。

夕暮れ時はますます美しい

コック川沿いを進むと、写真スポットになりそうなススキみたいな植物の畑などがありました。

 

お部屋(Larger Guest room, 1 King, Pool view, Balcony 66㎡)

ルメリディアンチェンライリゾートのお部屋は、一番下のカテゴリでも53㎡と広々なのですが、今回はさらに広い66㎡のプールビューのお部屋に宿泊させてもらいました。

大きな窓から緑が見えて、解放感があります!

インテリアはルメリディアンらしいモダンでシックな感じで好印象。北タイの特産品である傘がモチーフなのかな?

しっかりしたデスクとチェアがあるので、PC作業も楽々です。

もちろん、大きなテレビもありました。

バルコニー

お部屋もさることながら、バルコニーが素晴らしかった。

普通のチェアはもちろん、ごろんと寝転がれるソファーベッドもあります。

ベランダからの眺めはこのとおり!ルメリディアンチェンライを象徴する大木とプールがよく見えました。

バスルーム

こちらがバスルーム。大きなバスタブはシャワー付きだから、バスタブの中で身体を洗ったりもできる。

バスタブの向かいに洗面台。拡大鏡があって便利でした。

独立したシャワールームもあります。

アメニティーは、ルメリディアンでおなじみのマリン&ゴッツ(MALIN&GOETZ)。この香りが大好きで、ルメリディアンに泊まる楽しみの一つになっています。


そのほか、歯ブラシ、シェーバー、シャワーキャップ、コットンなど一通りそろっていました。

ウォークインクローゼット

バスルームの目の前にはウォークインクローゼットがあります。ウォークインクローゼットがあると部屋が散らからなくて良い。

ミニバーなど

冷蔵庫などミニバー関連は一つのキャビネットにまとまっています。ドリンクは有料。

コーヒーや紅茶は無料です。

こちら有料のスナックとワイン。

グラス等はこんな感じ。

豪華なウェルカムフルーツもいただきました。

 

レストラン&バー

Favola(イタリアン)

ルメリディアンチェンライリゾートのメインレストランは、川沿いにあるイタリアン「Favola」です。

ペールブルーのおしゃれな内装です。

テラス席からはコック川を一望できます。

イタリアンメニューは全部美味しかったけど、特にピザが一押しです!

そのほかお昼はタイ料理メニューもあるし、軽めのアフタヌーンティーもやっていました。このアフタヌーンティーすごく良かったです!

Favolaについて詳しくは以下の投稿をどうぞ。

ルメリディアンチェンライ内イタリアン『Favola』
ルメリディアンチェンライ内「Favola」コック川沿いのおしゃれで美味しいイタリアンレストラン[PR] ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)内にある、美味しくておしゃれなイタ...

Latest Recipe(朝食)

1階の「Latest Recipe」は、主に朝食会場として使用されています。朝食ブッフェについては後述します。

Latitude 19(カフェ&バー)

「Latitude 19」はレセプション近くにあるカフェ&バーです。昼間はベーカリーやケーキなどが販売するカフェ、夜になるとバーになります。

20:30~21:30はハッピーアワーで、指定のビール、ウィスキー、カクテル等が50%OFFです!

 

朝食ブッフェ

朝食ブッフェは1階の「Latest Recipe」で行われます。広めの朝食会場で、屋外席もあり。

ルメリディアンチェンライの朝食ブッフェの特徴は、地元の北タイ料理メニューが充実していること。

こちらはナムプリック用のステーション。

北タイを代表するディップ「ナムプリックオーン」「ナムプリックヌム」を蒸し野菜につけていただきます。

ナムプリック

ピリ辛だけど美味しい。特にナムプリックオーンはトマトが入っていてミートソースっぽい味だから日本人にもなじみやすい。美味しいディップで朝から野菜をもりもり食べられます。

ヌードルステーションにも北タイらしい麺料理が。この日はナムギャオ。ナムギャオはトマトが入っているさっぱり系の麺です。翌日は日本人にも人気のカオソーイでした。

ナムギャオ

定番メニューも豊富です。

エッグベネディクト。サーモンで、ソースが美味しい。
サラダステーション
温かいおかず類
豊富なベーカリー
はちみつ
最近は日本食があるホテルも多い。味噌汁、漬物、焼き鳥があった。
フルーツ

そしてドリンク類も充実していました。

アイオープナーのショット。ペッパーが効いていたりして、目が覚める
フレッシュな生搾りジュースステーション
タイティーなど
翌日ももりもり食べました!!北タイのナムプリック最高!

 

フィットネス

プール

プールは3段に分かれているタイプのインフィニティプールです。ホテル自体の敷地が広いからそんなに大きくなく見えるけれど、実際に泳いでみるとけっこう広い!レインツリーの大木を見上げながら泳げます。

ジム

もちろんジムもあります。

 

スパ

スパではタイマッサージ、アロママッサージ、ミニフェイシャルなどから選べる90分のマッサージがTHB 1,899 net(約7,220円)でした。ホテルスパが90分でこのお値段はお得です。

 

キッズクラブ(一時閉鎖中)

子供向け施設はキッズクラブがあるようですが、私の訪問時はリノベーションのため閉まっていました。

 

まとめ

以上、ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)についてまとめました。

とにかく2本のレインツリーの大木の存在感が大きくて、パワーを分けてもらった気がします。ホテル自体がパワースポットのような、そんな感じがしました。

部屋の内装の雰囲気もシックで素敵で居心地が良かったし、スタッフさんたちも皆さんにこやかで親切でした。

すごく素敵なホテルなので、観光の予定を詰め込みすぎずにホテルを満喫する時間をゆったりとるのがおすすめです。

特に夕方の時間帯が美しいので、早めにホテルに帰ってきて、リバーサイドでカクテルでも飲みながら景色を眺めてみてはいかがでしょうか?

ルメリディアンチェンライリゾート
Le Méridien Chiang Rai Resort

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

ルメリディアンチェンライ内イタリアン『Favola』
ルメリディアンチェンライ内「Favola」コック川沿いのおしゃれで美味しいイタリアンレストラン[PR] ルメリディアンチェンライリゾート(Le Méridien Chiang Rai Resort)内にある、美味しくておしゃれなイタ...

チェンライ旅行の全体像(観光・食・ホテル)についてはこちらにまとめています。

タイ北部の都市チェンライってどんなところ?観光地・食・ホテルまとめ タイ北部の都市『チェンライ』。これまで私は3回訪れていて、タイの中でも特に好きな場所です。 チェンライ市内には立派なランナ...

チェンライのおすすめカフェ12選まとめはこちら。

https://www.saku-bangkok.net/entry/2017-10-17-163856 

 

ルメリディアン チェンライ リゾート(Le Meridien Chiang Rai Resort)の施設情報

TEL+66 53 603 333
住所(英)221 / 2 Moo 20 Kwaewai Road Tambon Robwieng, Amphur Muang Tambon Robwieng, Chiang Rai 57000
公式URLWeb Facebook Instagram
アクセスチェンライ空港から車で約15分。
街の中心部(チェンライ時計台)から車で約10分。
地図Google Mapで開く

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.8円で計算(2022年7月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。