タイ土産

レンジで温めて使うDIORA(静)のハーバルホットパッド。肩こりにおすすめ[PR]

先日お邪魔したスパDIORA(静)より、レンジで温めて使うハーバルホットパッドを送っていいただきました。

バンコクのマッサージ屋やスパが閉まっている今、コリがたまっている方も多いと思います。そんな方にぜひおすすめしたい商品です。

◆DIORA(静)のハーバルホットパッド

  • 価格 850バーツ(約2,980円) ⇒ 650バーツ(約2,280円)
  • LAZADA
  • Shopee(ショップクーポン使用で200バーツ引きになります。)

◆こんな場面におすすめ

  • 肩こりが辛いときに
  • デスクワークの後に
  • 寝つきが悪いときに
  • 生理痛が辛いときに
  • 産後の症状に
  • 男性にもおすすめ

DIORA(静)アソークの詳細レビューはこちら

バンコクのスパ【静 DIORA LUXE ASOKE】でハーバルボールマッサージ[PR] バンコクのスパDIORA(静)からお誘いいただいて、ハーバルボールマッサージを体験してきました。DIORA(静)のハーバルボール...

 

Diora(静)のハーバルホットパッド

今回郵送でハーバルホットパッドを送っていただいたのですが、こんなに素敵にラッピングされて届きました。これはギフトにも良さそう!

箱から出してみました。

薄いベージュ色がいいですね。

ハーバルホットパッドの類似品はOTOPフェア(タイの一村一品運動)などでも売っていたりするけれど、茶色でちょっと古臭いデザインが多いから、この現代的で洗練されたデザインは嬉しい。

生地はコットンっぽい感じで、肌触りも良いです。

端っこに控えめにDIORAのタグが付いています。

香りは、タイのハーブらしいすっきりリフレッシュできる香りです。

内容物は以下のとおり。

  • プライ
  • ターメリック
  • コブミカン
  • レモングラス
  • アカシアコンシナ
  • クリプトレピスドゥビア
  • ジェルパイン
  • 樟脳
  • ボルネオカンファー
  • 緑豆

米や豆も入っているから重量感があります。この重量感が肩にかけたときにいいんですよね。

 

ハーバルホットパッドの使い方

ハーバルホットパッドは電子レンジ(強さミディアム)で約90秒温めたのち、肩やお腹など、体のお好みの場所に置いて使います。

使用後(冷めた後)は付属のビニール袋に入れて保存すると香りが長持ちします。

 

こんな場面におすすめ

この商品は主に肩にかけることを想定して作られているため、肩こりの方に特におすすめです。

じんわり伝わる熱とハーブの香りが緊張を解いてくれるので、寝つきが悪い時にも良さそう。

そのほかにも生理痛が辛いときにお腹を温めたりする使い方も良いと思います。産後ケアにも良いらしいですよ。

肩やお腹に置いて少し冷めてきたら、目の上に置いてアイマスク的に使うのも良いかな~と思います。家にこもっていると、PCやスマホばかり見て目を酷使しがちなので。

女性向け商品に思われるかもしれませんが、デスクワークの多い男性にもおすすめです。我が家ではOTOPフェアか何かで購入した類似商品を持っているのですが、私よりも夫の方が使用頻度が高いくらいです。

 

購入できる場所

DIORAのハーバルホットパッドはタイの通販サイトで購入可能です。

今なら通常価格850バーツが650バーツ(約2,280円)に値下げされているのでチャンスです!

  • LAZADA
  • Shopee(ショップクーポン使用で200バーツ引きになります。)

DIORA(静)アソークの詳細レビューはこちら

バンコクのスパ【静 DIORA LUXE ASOKE】でハーバルボールマッサージ[PR] バンコクのスパDIORA(静)からお誘いいただいて、ハーバルボールマッサージを体験してきました。DIORA(静)のハーバルボール...

タイの通販サイトLAZADAについてはこちら

タイのAmazon的通販サイトLAZADAで通販してみた
タイの通販サイトLAZADAアプリの使い方と買い物に失敗しないコツ タイのバンコクは本当に暮らしやすい場所で、特別不便を感じることってあまりありません。欲張らなければ基本的に何でも手に入りますから...

◆DIORA(静)の公式URL

Web Facebook Instagram LINE

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2021年5月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。