サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

ネバーエンディングサマーはおしゃれ&ヘルシーなタイ料理で女性ウケ間違いなし!

チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区にあるタイ料理レストラン、ネバーエンディングサマー(The Never ending summer)を紹介します。

古い倉庫を改装したお店はおしゃれだし、野菜やハーブをたっぷり使った料理の盛り付けも素敵だし、味も美味しいしで女性ならきっと好きになるレストランです!

 

ザ・ネバーエンディングサマーの場所

今回は国鉄ウォンエンヤイ駅を散策した後にネバーエンディングサマーを訪れました。

※ウォンエンヤイ散策の様子はこちらの記事からどうぞ↓

ウォンウェンヤイ周辺からタクシーに乗って川沿いにあるミレニアム・ヒルトン近くへ(渋滞無し・約50バーツ)。ネバーエンディングサマーが入っているモール、The Jam Factory に向かいました。

 

古い倉庫を改装したおしゃれなモール The Jam Factory

ヒルトンでタクシーを降りて、市場っぽいところを抜けてちょっと歩くとThe Jam Factoryの看板が。ちょっと分かりづらかったな。

The Jam Factryは昔の倉庫を改装した建物に、いくつかのカフェやショップが入っている小さなモールです。

上の写真で見えている一番手前の建物にはオシャレな雑貨屋が入っていました。

一つ一つがものすごく洗練されていて、「かわいい~!欲しい~!」ってなるのですが、お値段は予想通り可愛くなく。早々に目的のレストランの方へ。

 

ネバーエンディングサマーの雰囲気

ちょっと覗いてみて、

「アカン、ココはセレブが来るところや^^;」

と怯んでしまった庶民の我ら。

でも、せっかくオススメしてもらったんやし、見せてもらった写真めっちゃ美味しそうやったし、何よりココまで来たし…ととりあえず中に入ってみました。

 

ネバーエンディングサマーのメニュー

メニューを見ながら、とりあえずお水を頼んで出て来たのがコレ。

ちょっと待って。こんなオシャレそうな水…いくらなん?と焦る庶民派主婦たち!

恐る恐るメニューを確認すると、このボトル一本で160バーツでした。セレブな店では水を注文するのにも注意が必要です。笑

四人で食べたのは、こんな感じ。

  • 左:ウンセン炒め
  • 左上:卵と豚の角煮スープ
  • 中央:ナムプリックガピ
  • 右:コームーヤーン

どれも辛くないor辛さ控えめで、味付けも優しい感じで美味しかったです・

珍しい野草がたくさん食べられたのも面白かった。ナムプリックガピのお皿の右下のツブツブしているのが付いている野菜が一番美味しかったです。これは何なんでしょうかね?

盛り付けもキレイで、コームーヤーンがアンチャンの青い花で飾られて出て来ちゃいましたよ。本当にオシャレ。

知人の一番のおすすめがコームーヤーンだったのですが、柔らかくて炭火の香ばしい香りがして、うっかり「うなぎみたい」と呟いてしまいました。豚なんですけどね。

なお、お会計は1人420バーツでした(≧∇≦)b 高級だけど、その価値はあるレストランだと思います!!女性グループで来れば盛り上がること間違いなしです。

 

帰りはヒルトンの船に乗って

レストランを出て、ちょっと歩くともうチャオプラヤ川。そこから川に沿ってちょっと右手の方に進むと、ミレニアム・ヒルトンの渡し船乗り場があります。

帰りはこちらの船に乗せてもらってサパンタクシンまで戻ります。

 のんびりゆっくり、船の旅。。。チャオプラヤエクスプレスと違って水しぶきもかからないし、さすがヒルトンの船です。

 サパンタクシンからはBTSでスクンビットまで戻りましたよ。

そんなこんなで、楽しかった川向こうへショートトリップは終了です。

 

川向こうへのショートトリップのスケジュール

参考のために、今回のショートトリップのだいたいのタイムテーブルを記載しておきますね。

09:00 プロンポン駅集合

09:30 BTSウォンエンヤイ駅着、問屋街散策

11:30 国鉄ウォンエンヤイ駅見学

12:00 The Jam Factory着 The never ending summerでランチ

14:20 ヒルトン船着場発

15:30 自宅着

実は月末にもショートトリップを計画中です。また面白いところを見つけたら報告します。

 

2016年11月 再訪しました!

このバタフライピーのドリンクがすごく美味しかったです。色もキレイだしオススメです。

今回も全部美味しかった!!味よし雰囲気良しでお気に入りのお店です。

 

The Never Ending Summer

 

***他にこんな記事も読まれています***