サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

三倍速で願いが叶う【ピンクのガネーシャ】と白亜の【ワット・ソートーン】~チャチュンサオ観光~

f:id:saku_bangkok:20181106213024j:plain

バンコクから車で1時間半、チャチュンサオ県にある「ピンクのガネーシャ」は日本人に人気の観光スポットです。その理由は2つ。

  • ピンク色で巨大なガネーシャ像がインスタ映えする
  • 三倍速で願いをかなえてくれる

これはぜひとも行かねば!ってことで友達と一緒に行ってきました。

また、タイ国内で2番目に参拝者が多い有名寺院である「ワットソートーン」にもあわせてお参りしてきました。こちらのお寺は白と金色がまぶしい、とても美しいお寺でした。お礼参りの際に奉納するという大量のゆで卵も迫力がありました。

 

チャチュンサオワンデイトリップの行き方・ルート

今回は友達に車を出してもらって楽ちんで快適な旅でした。ありがたや。

もし車が無い場合は、運転手付きの車を借りる(タイ総和アビデックなど)、ツアーに参加するなどの方法があります。

公共交通機関で行くなら、ロットゥー&ソンテウで行く方法もあるけどけっこう大変かも。詳細はこちらのサイトが詳しかったです。

さて、今回のチャチュンサオ観光のルートはこちら。

  • 9:00 バンコク出発
  • 10:45 ピンクのガネーシャ
  • 12:20 バーンマイリムナームで昼食
  • 13:30 ワットソートーン
  • 14:30 Pu Ka Aのシフォンケーキ

バンコクへの到着時刻ははっきり覚えていませんが、17時まで十分に余裕がある時間でした。

 

ピンクのガネーシャで有名なお寺「ワット・サマーンラッターナーラーム」

バンコクを出発してから約1時間半、ピンクのガネーシャがあるお寺「ワット・サマーンラッターナーラーム」に到着しました。

駐車場でひときわ目立っていたのは「ゴールデンロック」。ミャンマーにあるやつですよね?

f:id:saku_bangkok:20181106213003j:plain

駐車場からお寺の方へ歩いて行きます。道の両側には、露天が連なり市場のようになっていて楽しい。

ピンクのガネーシャの近くの市場

市場にはこんなフルーツがたくさんありました。

噛みタバコになるびんろう

見たことのないフルーツで「なんだろうな?」と思っていたのですが、この画像をSNSに投稿したところ、噛みタバコとして利用されている「ビンロウ(檳榔)」だと教えてもらいました。台湾などで有名なんだとか。覚醒作用があり、依存性、発がん性もあるらしい。

想像していたのと全然違いました。簡単に「味見させて」とか言わなくてよかったよ。

歩く道すがら、黒くて巨大な像が。これは「カーラ」っていうインドの神様らしい。ガネーシャといい、タイでもインドの神様をたくさん見かけます。

f:id:saku_bangkok:20181106213215j:plain

とにかくこのお寺は、こういうモニュメントであふれていて、写真撮影スポットには事欠かない場所です。

そこから少し行くと、ほらほら!ピンクのガネーシャの後ろ姿が見えてきましたよ。

f:id:saku_bangkok:20181106215234j:plain

どどーん!

チャチュンサオのピンクのガネーシャ

さすが、大きい。

お願いすると三倍速で願いが叶うと噂のガネーシャ様。お願いごとは足元にいるねずみにします。

f:id:saku_bangkok:20181106215407j:plain

願い事をささやくときに、ねずみの反対側の耳の穴を閉じておくことがポイントなんだそう。

タイでは生まれた日の曜日によって色が決まっていて、それをかなり重要視しています。

ここでも生まれた曜日の色のねずみにお願いごとをするって何かで読んだんだけど、みんなガネーシャの正面にいる2体のねずみにお願いしていて、ほかのねずみは人気がありませんでした。

というわけで、私も正面のねずみにお願いしました。

ほかにも、ガネーシャの周りにはねずみの像がたくさんありました。

f:id:saku_bangkok:20181106215911j:plain

なんでねずみかっていうと、ガネーシャの乗り物がねずみなんですって。

f:id:saku_bangkok:20181106220027j:plain

ガネーシャが寝転んでいる台座もきれいでした。

f:id:saku_bangkok:20181106220119j:plain

お参りとお願いごとを済ませて、お寺の境内を散策。

やたらとアニメのキャラクターがいます。

f:id:saku_bangkok:20181106220207j:plain

目を引く大きな像があちらこちらに…。とにかく撮影スポットだらけです。

f:id:saku_bangkok:20181106220239j:plain

この子の表情がすごく気に入った。びっくり(笑)

f:id:saku_bangkok:20181106220301j:plain

ワット・サマーン・ラッタナーラーム (ピンクガネーシャ)
  • 住所:ถนน องค์การบริหารส่วนตำบล ฉะเชิงเทรา 2012 ตำบล ก้อนแก้ว อำเภอเมืองฉะเชิงเทรา ฉะเชิงเทรา 24000
  • 公式URL:Facebook
  • 地図:Google mapで開く

 

川沿いの「バーンマイリムナーム」でランチ 

f:id:saku_bangkok:20181106221127j:plain

ピンクのガネーシャのお寺にもご飯を食べるところはあったんだけど、今回は別のお店をチョイス。

続・Weekender@BangkokのMasaさんがおすすめしていた「バーンマイリムナーム」に行ってみました。

【チャチュンサオ・タイ料理】ピンクガネーシャの参拝ついでにオススメ!「BAN MAI RIM NAM」

木でできたレトロな内装が素敵なお店です。テラス席はリバービューが気持ち良い。

f:id:saku_bangkok:20181106221242j:plain

さてさてここでオーダーしたものたち。

f:id:saku_bangkok:20181106221332j:plain

f:id:saku_bangkok:20181106221353j:plain

f:id:saku_bangkok:20181106221412j:plain

f:id:saku_bangkok:20181106221428j:plain

トムヤムクンが辛さ控えめで頼んだのに容赦なく辛かったけど、それ以外はどれもとっても美味しかったです。特に鶏のから揚げがカリッと揚がっててジューシーで最高でした。

BAN MAI RIM NAM RESTAURANT
  • 営業時間:11:00〜23:00
  • TEL:(+66) 38 512 064
  • 住所:19-21 ถนน พานิช ตำบล หน้าเมือง อำเภอเมืองฉะเชิงเทรา ฉะเชิงเทรา 24000
  • 公式URL:Facebook
  • 地図:Google mapで開く

 

白亜のお寺とゆで卵の不思議なコンビネーション「ワット・ソートーン」

ワットソートーン

お腹がいっぱいになったところで、次の目的地「ワット・ソートーン」へ。

参拝者数が王宮内にある「ワット・プラケオ」に次いで2番目に多く、タイ人の間でかなり信仰されているお寺なんだとか。

御本尊のソートーン大仏は無病息災にご利益があるといわれているため、参拝者が多いのだそうです。

詳しくはタイ国政府観光庁のページをどうぞ。

ワット・ソートーン | 【公式】タイ国政府観光庁

第一印象は、とにかくキレイ!

f:id:saku_bangkok:20181106222541j:plain

白と金色のコンビネーションの建物が、太陽の光を反射して存在感を放っています。

f:id:saku_bangkok:20181106222639j:plain

なんだかお寺っていうより教会みたいな雰囲気です。

f:id:saku_bangkok:20181106222733j:plain

靴を脱いで本堂の中へと進みます。が、ここで服装チェックがありました!

ミニスカート、ショートパンツ、ノースリーブはNGなのはもちろん、襟ぐりが大きめの服やダメージジーンズもNGでした。

NGの場合はこんな羽織を貸してくれます。

ワットソートーンの服装チェック
さっそく中へ。

まず目についたのは、床の絵。

ワットソートーンの床の絵

海にいそうな生き物たちが描かれています。

f:id:saku_bangkok:20181106223327j:plain

上を見上げると、天井にはきれいな星の絵が描かれています。

f:id:saku_bangkok:20181106223352j:plain

その真下に仏像があって、たくさんの人がお参りしていました。

ワットソートーンの仏像

お坊さんたちも。

f:id:saku_bangkok:20181106223533j:plain

f:id:saku_bangkok:20181106223609j:plain

お参りしたところで、はたと気づいたのですが、、、卵はどこだろう

このお寺では、お参りしたことが叶ったらお礼参りの際に大量のゆで卵をお供えすると聞いていたので、ぜひその様子を見てみたいと思っていたのです。

警備員さんに聞いてみると、右隣の建物に行くように言われました。白く美しい本堂とはうって変わって、中に市場でもありそうなおよそお寺とは思えない建物です。

疑いつつ中に入ってみると…ものすごい人がお参りに訪れていました。熱気がすごい!

f:id:saku_bangkok:20181106224043j:plain

そして、大量のゆで卵!

f:id:saku_bangkok:20181106224145j:plain

f:id:saku_bangkok:20181106224159j:plain

噂は本当でした。本当に大量のゆで卵を奉納していました!

うーん、色んなお寺があるんだなぁ。

ワット・ソートーン
  • 営業時間:月~金7:00-16:30、土日祝7:00-17:00
  • 住所:134 ถนน เทพคุณากร ตำบล หน้าเมือง อำเภอเมืองฉะเชิงเทรา ฉะเชิงเทรา 24000
  • 地図:Google mapで開く

 

帰りにカフェに寄るなら?

最後に私達はPu Ka Aっていうタイ人の間で超有名なシフォンケーキを買って帰ったんだけど、お味は私の感覚だと「まぁ、普通かな」といった感じでした。タイのローカルなお菓子ってかんじでした。

もう一回行ってお茶する時間があれば、ブログ友達のmiho-rotchaatさんがおすすめしてくれてた有名バリスタのいるカフェ「ROSETTA PADRIEW」に行ってみたいな。

ラテアートチャンピオンがいるカフェROSETTA PADRIEW@チャチュンサオ : ☆M's bangkok life diary☆

場所的にもワットソートーンの近くだし、いいと思う。

 

まとめ:写真撮影が楽しいチャチュンサオ日帰り旅

以上、チャチュンサオ県への日帰りトリップの様子をお伝えしました。

有名なピンクのガネーシャはもちろんのこと、白くて美しいワットソートーンも印象的でした。そして友達と一緒だと楽しさも2倍!写真撮影がはかどりました。

ピンクのガネーシャでもワットソートーンでもお願いごとをしたので、(努力はしつつ)叶う日を楽しみに待ちたいと思います。