サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

バンコクで鍼治療@Pain Away Clinic(ペインアウェイクリニック)【PR】

バンコクのペインアウェイクリニック タイトル画像

バンコクで体のゆがみ・痛みを改善してくれるペインアウェイクリニック。日本人の先生がいらっしゃる、安心して通える整体をベースにしたクリニックです。

実は1年ほど前にも体のゆがみを測定してもらったりマッサージで腕がまわりにくい症状を診てもらったりしたんですよね。

バンコクで体のゆがみ・痛みが気になるなら Pain Away Clinicへ【PR】

そのペインアウェイクリニックが新たに鍼治療もはじめたらしいとの情報を聞きつけ、体験させてもらってきました。

鍼って怖いイメージがあったけど、実際に受けてみると痛みはほとんど感じず大丈夫でした。そして、マッサージだけ受けるよりも長時間にわたって凝りに効く感じがしましたよ。

今回は鍼治療を中心に施術の様子・感想をレポートしたいと思います。

 

鍼治療の効果とは?

私は鍼治療を受けるのはまったくの初めて。

体に針を刺すことで、どうしてコリや痛みがなくなったりするのか半信半疑でした。

ペインアウェイクリニックの日本人の先生に聞いてみたところ、筋肉の中に針という異物が入ることで修復しようという作用が働き、周辺の血流がよくなって筋肉がほぐれるということでした。なるほど。

マッサージよりも効果が期待できるんだそうです。

 

ペインアウェイクリニックで鍼治療体験

というわけで、ペインアウェイクリニックで初めての鍼治療体験をしてみることに。なんとありがたいことに3回も体験させてもらいました。

今回私が受けた治療の大まかな流れはこちら。

  1. 日本人の先生とタイ人の先生による問診
  2. 鍼治療(遠赤外線+電気)
  3. バイブレーション(振動する機械で体全体の筋肉をほぐす)
  4. マッサージ治療
  5. 矯正

鍼治療を中心に、感想を書いていきますね。

 

1回目:首まわりの鍼治療

バンコクのペインアウェイクリニックの施術室

1回目に伺ったときには、首が痛かったのでそこを中心に施術してもらいました。

生まれて初めての鍼治療だったのでやさしめに、ということで短めの鍼を使っていくことに。

後ろが開くタイプの服に着替えて、いざ!

施術してくれるのはきれいなタイ人女性の先生で、なんとなくほっとしました。

首を治療するためには体全体的に鍼治療が必要らしく、首、肩、腰、おしり、もも裏と全体的に鍼を打ってもらいました。

気になる痛みですが、鍼を打たれるときに一瞬チクッとするけど、ほとんど痛みを感じません。ただ、筋肉が凝っている場所に打たれるときには「ズーン」と重い感覚がありました。これまで感じたことのない不思議な感覚です。

初めての鍼治療。少し緊張していたのですが、「痛くないですか?」と日本語でやさしく確認しながら行ってくれたので、安心して治療を受けられました。その後も次の動作をするたびに日本語で声掛けをしてくれたのが嬉しかったな。

鍼を打ったら、遠赤外線のあたたかい光を当ててしばらく放置します。その後に鍼を抜くのですが、鍼を抜いた後もまだ刺さっているような感覚が残っていました。

人によっては重い感覚が2、3日続くらしいのですが、私の場合はすぐに通常に戻りました。

ところで、この後間を開けずに続けて2度目、3度目の施術を受ける予定だったのですが、私の都合で2回目まで少し感覚があいてしまいました。

というのも、このとき首にしこりがあって、先生に相談したところ「これは筋肉じゃないと思う」といわれたんです。それで別の総合病院を受診するとリンパが腫れていたらしく、ドクターにマッサージ禁止と言われてしまい、しばらく鍼治療は中止することになりました。

しこりのことは気になりつつも放置していたので、病院に行くきっかけをもらえて感謝です。結局処方された薬を飲んだら、しこりはすっかり治りました。

 

2回目:腰回りの鍼治療

というわけで、首のしこりが完治するのを待って2回目の治療になりました。

今回は首の違和感はなくなっていたのですが、前回はなかった腰の痛みが気になったのでその治療をお願いしました。

問診では、前屈したり体をそらしたりして腰まわりをチェック。

私は人が驚くほど体が固くて前屈がほぼできないのですが、今回も「本当にそれ以上曲がらないの?」と驚かれてしまいました。

結果、太ももの固さが原因で腰回りに痛みが生じているのだろうとの診断で、腰から足にかけて鍼治療を行ってもらいました。

2回目の鍼治療。前回特に問題はなかったのでステップアップして、鍼にさらに電気を流す治療をしてもらいました。

まずは前回と同様、女性の先生が鍼を打ってくれます。

今回は腰やお尻に鍼を打たれるときに、かなりズーンと重さを感じました。凝っていれば凝っているほど感じるのかな?

その後に鍼に電極をつけて電気を流していきます。

恥をしのんで治療中に撮ってもらった写真をアップするとこんな感じになっています。お目汚し失礼します…。

f:id:saku_bangkok:20180919213659j:plain

少しずつ電流をあげていくと、鍼を刺されているところの筋肉が「ピクッピクッ」と動くような感覚に。ほどよいところで電流を上げるのをストップしてもらいます。

この時も日本語で「痛くないですか?」と何度も確認してくれました。

そして温かい遠赤外線の光を当てられてしばらくそのまま。

鍼のズーンと重い感覚と、マッサージされているような電流の感覚を感じながらリラックス。その後はマッサージを受けて終了です。

マッサージも普通のマッサージと違って筋肉一つ一つをダイレクトにほぐしていくような感覚。気持ち良いが痛いに変わるギリギリの強さでぐいぐいほぐしてくれます。

施術後はすぐに腰の痛みが軽減しているのを感じました。

その代わりに次の日の朝ぐらいまでまだ鍼が刺さっているような重い感覚が続き、また血流がよくなって足先まで体温が上がったのが実感できました。

 

3回目

治療は1週間以上間隔を開けずに行うのが望ましいらしく、2回目の施術から5日後にまた鍼治療を受けに行きました。

今回はうっかり生理期間中にあたってしまって鍼治療を受けても大丈夫なのか心配だったのですが、先生に聞いてみると問題ないみたい。よかった。

腰の痛みは2回目の治療を受けてから数日後にぶり返してしまっていました。触診してもらうとまだ硬さが残っているらしく、もう一度腰を中心に鍼治療とマッサージを行うことに。

3回目で慣れてきたのでリラックスして受けていたのですが、一箇所だけ「イタッ!」ってなるところがあって。すぐに調節してくれて痛みはひいたので大丈夫だったのですが、ちょっと驚きました。

後で先生に聞いたら特に凝っているところは刺激を感じやすいんだそう。たしかにそこは自分でもコリを自覚しているポイントでした。

その後は前回と同様に遠赤外線と電気治療、マッサージ治療を行ってもらいました。

 

全体の治療の流れ・料金

おさらいとして、今回私が受けた治療の大まかな流れはこちらです。

  1. 日本人の先生とタイ人の先生による問診
  2. 鍼治療(遠赤外線+電気)
  3. バイブレーション(振動する機械で体全体の筋肉をほぐす)
  4. マッサージ治療
  5. 矯正

私の場合は鍼治療とマッサージ治療の組み合わせだったのですが、どの治療を行うかは診察をしたうえで先生から提案があります。

矯正は骨が「ボキボキ」っとなる治療なのですが、恐怖感がある場合は別のやりかたをしてくれるので大丈夫。私も最初は怖くて別のやり方をしてもらってたのですが、この先生なら信頼できそうと思って、一度やってもらったらスッキリしました。

料金表は以下のとおり。

ペインアウェイクリニックの料金表1

ペインアウェイクリニックの料金表2

鍼治療とマッサージ治療を組み合わせるとけっこうなお値段になるのですが、やはり組み合わせたほうが効果は高いんだそう。

どちらか一方だけ受けるよりトータルで通院する回数が少なくなるので、結果的に節約になるんだそうですよ。

 

まとめ:鍼、電気、マッサージなど最適な組み合わせでしっかり治療!

人生初の鍼治療体験。ちょっとドキドキでしたがそれほど痛みも感じず(一度だけありましたが)大丈夫でした。日本語が通じることもあり、安心して治療を受けられました。

鍼治療を実際に受けてみて、終わった後も効いている感じが長時間続くのがマッサージとの違いだと思いました。特に電気治療を組み合わせると次の日も体がポカポカしていました。

ペインアウェイクリニックでは、症状にあわせて鍼、電気、マッサージなど最適な方法を選んで治療をしてくれます。あ、そうそう、カッピングもやっているそうですよ。

慢性的なコリや痛みなどの症状がある方は、一度相談にいってみてはいかがでしょうか?

迷っている方がいらしたら、私がはじめてペインアウェイクリニックに行ったときのレビューも参考にしてみてください。

バンコクで体のゆがみ・痛みが気になるなら Pain Away Clinicへ【PR】

大人気のクリニックなので予約必須です。私がうかがったときも、西洋人、タイ人、日本人とたくさんの人たちが治療に訪れていて大繁盛していました。

ぜひアプリやメールフォームを通じて予約していってください!

▶予約アプリ:スマートフォンアプリ - ペインアウェイクリニック | BKK

▶予約フォーム:行き先、料金、保険申請 - ペインアウェイクリニック | BKK

 

ペインアウェイクリニックの店舗情報