サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

バンコクでフェイシャルエステなら【KOSE Beauty Center】@バンコク伊勢丹(PR)

f:id:saku_bangkok:20180729135130j:plain

ご招待いただいて、この半年ほど月1回ペースで【KOSE Beauty Center(コーセービューティーセンター)】のフェイシャルエステに通わせてもらっていました。

Instagramの方ではちょくちょく報告していたのですが、半年通ってみてブログ読者の方にもぜひ紹介したいと思ったので、こちらでまとめたいと思います。

結論からいうと、KOSEのフェイシャルエステはすごく良いです!

タイの紫外線のダメージを受けがちな肌のメンテナンスのためのお手頃価格のコースから、一回の施術でかなりの効果を実感できるコースまで、目的によって価格帯を選べるのもありがたいなと思いました。

 

場所・予約方法

バンコクのKOSE Beauty Centerの外観

KOSE Beauty Centerがあるのはバンコク伊勢丹の2階です。

セントラルワールド側から伊勢丹に入ったとしたら、奥の壁際、左方向にあります。ちょうどトイレの右隣です。

飛び込みでもおそらく大丈夫だとは思いますが、事前予約がおすすめです。

日本語用の電話回線もあるので、ぜひ予約をしてお越しください。

  • TEL:(+66) 2-255-9826, (+66) 2-613-0663 (日本語)

予約だけしておけばコースは当日お店で決めても大丈夫です。

 

メニュー

KOSE Beauty Centerにはフェイシャルエステだけでもたくさんのメニューがあります。

全部は紹介しきれないので、後で公式ホームページを見ていただくことにして、今回は私が受けてみたコースについて簡単に紹介します。

 

Activate コース 850バーツ(約2,800円)

純肌精

850バーツのお手軽コースです。

価格がお手軽だからといって簡略化されているわけではありません。以下の基本の手順のとおりしっかり行ってくれます。

ダブルクレンジング ⇒ スクラブ ⇒ フェイシャルマッサージ ⇒ 肩・背中・デコルテのマッサージ ⇒ スチーム&毛穴の汚れ吸引 ⇒ パック ⇒ 保湿

このコースで使用する化粧品は、純肌粋(じゅんきすい)というブランドがベースになっています。

このコースのパックは顔に塗ったものを乾かして剥がすことで古い角質を取るタイプのものです。

私はこれで肌が生まれ変わったようになってすごく気持ちが良かったのですが、肌が弱い人にとっては少し刺激が強すぎるかもしれません。

特に肌トラブルがなければこのコースで十分に満足できると思います。 

 

Whitening コース 1,280バーツ(約4,220円)

雪肌精

Whiteningコースは、先ほど紹介したActivateコースと基本的な工程は同じです。

使用される化粧品は雪肌精(せっきせい)がベースになっています。

また雪肌精のローションマスクがひんやりして気持ちがよかったです。雪肌精のあの香りとキュッと引き締まる感じがたまんないんだよな~。

雪肌精ファンにぜひおすすめしたいコースです。

 

Anti Ageing コース 1,550バーツ(約5,120円)

Whiteningコースに目元ケアとかジェルなどのスペシャルケアが加えられたメニューです。

 

Make me Younger コース 2,500バーツ(約8,250円)

エステで使用するコスメデコルテ製品

KOSEの高級ラインであるコスメデコルテを使用したコースです。 

同じ内容かは分からないんだけど、日本でコスメデコルテを使用したフェイシャルエステを受けると10,000円以上するらしいから、かなりオトクですよね。

これまで紹介した他のコースとの大きな違いは、マスクが剥がすタイプではないこと。

剥がすタイプのマスクも古い角質がしっかりとれて良いのですが、敏感肌の方にとっては刺激が強すぎたりしますよね。敏感肌の方はこのコースがおすすめ!

あと、マスクをしている間のマッサージが他のコースよりも多めのような気がします。

さすがお値段が違うだけあって、エステ終了後のリフトアップ感と肌の色がワントーン上がった感じをはっきり実感できました。

もし予算があるようでしたらMake me Younger コースが一押しです!

 

Make me white and blight コース 2,500バーツ(約8,250円)

Make me Younger コースと同じくコスメデコルテを使用したコースです。

こちらは美白に特化した化粧品を使っているみたい。

美白重視ならMake me white and blight コース、リフトアップ感を重視ならMake me Younger コースを選べば良いんじゃないかな。

 

KOSEのフェイシャルエステの流れ

KOSEでフェイシャルエステを受ける際の流れを簡単に説明しておきます。

 

受付

KOSE Beauty Centerの受付

入ってすぐのところのカウンターで予約を確認し、受けるコースを選びます。

なおKOSE内にトイレはないので、先に済ませておいた方がよいと思います。伊勢丹のトイレがKOSEの隣にあります。

 

着替え

着替えのチュニック

靴をスリッパに履き替え、更衣室で専用のチュニックに着替えます。

デコルテや背中までマッサージするので、ブラジャーも外してチュニックを着ます。ズボンやスカートは着たままで大丈夫です。

その後更衣室の前にあるロッカーに荷物を全部預けます。

KOSE Beauty Cemterのロッカー

 

フェイシャルエステ

KOSE Beauty Centerのエステ用のベッド

フェイシャルエステを受ける部屋に案内されます。大部屋にフェイシャルエステ用のベッドがいくつか並んでいて、それぞれ仕切りで区切られています。

ベッドに寝転んで至福のエステの時間です。

 

メイク

エステ後は希望すればエステティシャンの方がメイクをしてくださいますが、私がいつも薄化粧というのもあり、かなりファンデーションを厚く塗られたように感じて息苦しいのでいつも断っていました。

メイクをしてもらった場合もそうでない場合も、エステ後にはパウダールームを利用できます。

KOSE Beauty Centerのパウダールーム

ここにはドライヤーやくしのほか、KOSEのメイク用品がたくさん置いてるので自由に利用できます。

f:id:saku_bangkok:20180727152805j:plain

f:id:saku_bangkok:20180727152825j:plain

 

お茶

KOSE Beauty Centerで出されるお茶

身支度が整ったら、受付のところでお茶をいただきます。くせの無い味のあったかいお茶で美味しかったです。

以上がKOSEでのフェイシャルエステのおおまかな流れです。

時間ですが、90分のコースを受けるなら全部で2時間くらいを見積もっておけばよいと思います。

 

まとめ:コスメデコルテを使ったMake me Younger コースが特におすすめ

タイに住んでいると、強い紫外線のせいでどうしても肌はダメージを受けてしまいます。1回目にKOSEでエステを受けた時に驚くほど肌がやわらかくなって驚いたんですよね。

日頃の手入れはもちろんしっかりしなきゃだけど、たまにフェイシャルエステを受けて肌をいたわってあげることも必要かなと考えさせられました。

色々なコースを試させてもらいましたが、コスメデコルテを利用したMake me Younger コースが一押しです。もし予算があうようでしたらぜひ試してみてください!

ただプチプラのコースでも十分に満足のいく内容なので、予算や肌の状態によって使い分けたら良いと思います。

ちなみに、KOSE Beauty Centerではよくプロモーションをやっています。ちなみに7月は平日はコスメデコルテのコースが15%オフっていうプロモーションでした。

プロモーション情報は日本語フリーペーパー「バンコクガイド」に載っているのでチェックしてみてください!

ブログ「タイ・バンコクで働く20代女性目線のタイ生活マル秘情報」のアッキーさんも行かれたそうでブログに書かれています。

私のブログやインスタを見て行ってくださったそうで、嬉しいです!!

akiis.me

 

KOSE Beauty Centerの店舗情報

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.3円で計算(2018年7月現在)