タイの医療

バンコクで病院に行くならどこ?在住5年目の結論

f:id:saku_bangkok:20180815121921j:plain

バンコク在住の日本人が安心して行ける総合病院といえば、「サミティベート病院」「バンコク病院」「バムルンラード病院」の3つが有名です。

私の場合は、この中で家から一番近い「サミティベート病院」をよく利用していましたが、何度か通ううちに病院の対応に不満を持つ部分があり(お医者さんによるとは思うけど、私は内科はおすすめしません。)、病院を変えてみることにしました。

そこで友達からの評判がよかった「バンコク病院」に行ってみることに。これまで2度かかったのですが、今のところ満足度は高いです。

まず、日本人窓口の対応が素晴らしい。窓口の時点で症状を詳しく聞いてくれて、的確な診療科へ回してくれます。

日本語通訳さんのレベルも高く、先生とストレスなく会話できるのがありがたい。

「えっ、先生の言ったこと半分も通訳してくれてないよね?」

「なぜ今私が話したことを通訳してくれないの?」

というような不信感を感じることがありませんでした。

お医者さんもちゃんと私の話を聞いてくれている感じがします。

医療レベルに関しては私は分からないのですが、「ちゃんと話を聞いてもらえた」って感じることが信頼感につながるんだなって実感しました。

バンコク病院に欠点があるとすれば、家からのアクセスが悪いこと。

BTSプロンポン駅近くのエンポリアムから無料シャトルバスが出ているけど、それでもやっぱり遠く感じます。

バンコク病院への行き方〜無料シャトルバス乗り場(エンポリアム⇔バンコク病院) バンコクに住んでいて病気になったときにお世話になるのが、日本語通訳サービスのある大きな私立病院です。 そのうちの一つがバン...

そこで我が家では、風邪や軽い食中毒・アレルギーなど軽い症状ならアクセスの良い日本語の通じるクリニックへ行っています。

私が知っている限りで、バンコクで日本語が通じるクリニックは以下の3つ。

この中で私が行ったことがあるのは、DYMクリニックですが、予約制なので待ち時間がほぼゼロなのが良かったです。

また、ブレズクリニックには日本人常駐薬局の「ブレズ薬局」が併設されています。クリニックで診てもらうほどでもないけれど、日本語で相談しつつ薬を買いたいような場合にも便利かもしれません。ブレズ薬局は合計8店舗展開していて、日本人常駐のアソーク店、ソイ49店のほか、日本人は常駐していないものの日本語対応可能な薬局もいくつかあります。

以上を総括すると、私の場合は軽い症状なら日本語が通じるクリニックや薬局へ行き、それでも治らなかったり心配な症状の場合はバンコク病院に行くことにしています。

これがバンコク在住5年目の私なりの結論です。

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です