スパ

トンローのレッツリラックスの日本式温泉とマッサージで癒やされてきた![PR]

f:id:saku_bangkok:20180223173603j:plain

バンコク、トンロー通りにある温泉施設 Let’s Relax Onsen and Spa Thonglor(レッツリラックス温泉&スパ)を体験してきました。

日本の温泉に、タイのマッサージが組み合わさった最高の場所でした!今回はその様子をレポートしたいと思います。

なお、この記事内には撮影禁止の温泉内の写真も出てきますが、特別に営業開始前におじゃまして撮影させていただいたものです。念のため書き添えておきます。

2019年11月再訪して追記・更新しました。

 

レッスリラックス温泉&スパへの行き方

レッスリラックス温泉&スパがあるのは、トンロー通り沿いにあるホテル、グランデセンターポイントスクンビット55(Grande Centre Point Hotel Sukhumvit 55)の5階です。

最寄りのBTSトンロー駅からは徒歩15分ほどかかります。

歩くのがしんどい方は、トンロー通りのセブンイレブン前からホテルの無料シャトルバスが出ています。

もしくは、トンロー通りをまっすぐ走る赤バス(8バーツ)を利用すると良いでしょう。

ホテルに着いたら、エレベーターで5階へ。すぐ目の前に レッツリラックス温泉&スパの入り口があります。

 

料金とメニュー

温泉の料金と、そのほかパッケージメニューの一例です。

  • 温泉(岩盤浴含む)のみ 700バーツ(約2,520円)
  • 温泉(岩盤浴含む)+タイマッサージ 2h 1,650バーツ(約5,940円)
  • 温泉(岩盤浴含む)+アロマオイルマッサージ 1h 1,750バーツ(約6,300円)

※2019年の再訪時に値上げしていたので、修正しました。

予約アプリGowabiから予約すると、温泉は100バーツ引き、パッケーメニューは200バーツ引きになるから要チェックです!

GoWabi - Beauty Booking App

GoWabi – Beauty Booking App

GoWabi Pte Ltd無料posted withアプリーチ

アプリだけでなく、サイトもあります。

 

受付とウェルカムドリンク

まずはカウンターで受付を行います。マッサージも利用する場合には、この時にコースを選んで時間を指定しておきます。でもマッサージも受けたいなら、来店前に事前に予約しておいた方が確実なはず!

この時に渡されるリストバンドがロッカーのキーになるので、肌身離さず身につけておきましょう。

ウェルカムドリンクは甘いバイトゥーイのお茶でした。(※ウェルカムドリンクが出るのはマッサージ利用者のみのようです)

 

タオルの受取とロッカーの使用方法

一息ついたらさっそく温泉の方へ。

このカウンターでタオルなどのセットを受け取ります。

中に入っているのは、バスタオル、体を洗う用の白いタオル、岩盤浴の時に着る甚兵衛です。

こちらで館内の設備や温泉利用時のルールなどを英語で説明してくれるので、初回利用時は「初めてです」と申告して説明を聞くとよいと思います。

先に進むと、日本でもおなじみののれんが出迎えてくれます。

のれんをくぐってロッカールームへ。

受付時にもらったキーに記載された番号のロッカーを使います。

キーはタッチ式で、ロッカーの鍵マークのボタンを押してからキーをかざすと鍵が開きます。

ロッカーで衣服を脱いだら、タオル一枚持って温泉に入りましょう。

 

豪華な温泉施設は日本そのもの

この温泉について、私の感想を一言で言うと「まるで日本」です。どこもかしこも日本の高級温泉そのもの!それもそのはず、こちらの温泉は日本人の建築家の設計なんだそうですよ。

そして日本と同様に裸で入るっていうのもいいですね。水着着用だと、あんまり温泉って感じがしませんから。

温泉利用時のルールも日本と同じです。

日本人なら、日本の温泉に行った時のつもりで利用すれば大丈夫です。

それでは各湯船について一つづつ紹介します。

 

下呂の湯

下呂温泉と同じ成分の湯船です。湯温が高めでザ・温泉って感じです。

 

シルク風呂

マイクロバブルで満たされた白っぽいお風呂。湯の肌触りがなめらかでシルクな感じでした。私はこれが一番好き。

 

炭酸風呂

最近人気の炭酸風呂です。ぬるめの湯温で、ずっと入っていられそう。

 

バブル風呂

座るタイプと立つタイプと深さが別れているジャグジーです。かなりの水圧でした。

※写真は営業前でまだジャグジーが稼働していない時のものです。

 

ドライサウナとスチームサウナ

サウナはドライサウナとスチームサウナの二種類用意されています。

使い捨てのお尻の下にひくシートが用意されていたのが嬉しかった。サウナの温度は少しぬるめに感じました。

もちろんクールダウン用の水風呂もあります。

 

ジャスミンの香りのバスアメニティ

洗い場に用意されているシャンプーやボディーソープは、ジャスミンの香りのものです。ロッカールームにあるボディークリームもジャスミンでした。

このちょっとしたタイっぽさは嬉しい。

 

充実のロッカールーム

ロッカールームにある洗面台には、ドライヤー、使い捨てのくし、コットン、綿棒などが用意されています。

また、無料のウォーターサーバーが設置されています。

 

じんわり温まる岩盤浴&畳のリラックスルーム

温泉を満喫したら、甚兵衛に着替えて岩盤浴へ。じんわり温まる~。

ほてった体を一瞬で冷やすクーリングルームや、畳のリラックスルームもあります。

これなら一日中ココにいられますね…。

 

温泉で温まった体をマッサージでほぐす

レッツリラックスはタイ全土に展開するマッサージチェーン店ですから、もちろんマッサージも受けることができます。

マッサージルームの様子を写真で紹介しますね。

足洗い場。

フットマッサージ。

肩と背中のマッサージ。

オイルマッサージ。

タイマッサージ。

今回私はアロマオイルマッサージを体験させてもらいました。

温泉で体を温めた後のマッサージって効き方や癒やし効果が全然違う気がします。丁寧なマッサージで癒やされて、ふにゃふにゃになりました。

マッサージ後にはお茶とカオニャオ・マムアンを出してくれました。これにはビックリ!

 

ロビーではご飯を食べたりお土産探しも

温泉とマッサージを思う存分楽しんだ後も、広々としたロビーでご飯を食べたりしてくつろぐことができます。

日本語の雑誌も豊富に置いてあります。

そしてお土産売り場も。

特にタイの各都市をテーマにしたハンドクリームが可愛くってよい香りでお土産にぴったりだと思いました。

【タイ土産】タイの各都市をテーマにしたハンドクリーム

個人的にここの製品で大好きなのは、シトラスクーリングオイル。スプレー型のスーッとするオイルで、肩こりが辛いとき、疲れたとき、眠いときなど、リフレッシュしたいときに使っています。

肩こり持ちの方におすすめ!Bloomingのシトラスクーリングオイル 私が最近めちゃくちゃ気に入っている、リフレッシュ用のオイルを紹介します。Bloomingのシトラスクーリングオイル(450バーツ:約1...

2019年11月に再訪したところ、クッキー型のお菓子を発見。

【タイ土産】クッキー

普通に美味しい!味のバリエーションも、ココナッツ、マンゴー、ドリアン、コーヒーと、タイらしいものから万人受けしそうなものまであります。試食可能!

【タイ土産】クッキー

中身は個包装になっています。

【タイ土産】クッキー

1箱8袋入りで150バーツ(約540円)は有り!会社のバラマキみやげなどにもってこいだと思いました。

以上トンローにある温泉施設 レッツリラックス温泉&スパについて紹介しました。

全体的にすごく「日本」な感じなので、ホームシックになったときとかに利用するといいんじゃないかと思います。

私達は今回は家の温水器が壊れたので急遽利用したのですが、めちゃくちゃ癒やされました。やっぱ大きなお風呂っていいですね。

 

Let’s Relax Onsen and Spa Thonglorの店舗情報

営業時間10:00-24:00
電話+66 (0) 2042 8045
住所(英)300 Soi Sukhumvit 55, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
住所(タイ)300 ถนนทองหล่อ แขวง คลองตันเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
公式URLWeb Facebook
アクセスBTSトンロー駅から徒歩15分、送迎トゥクトゥク有り
地図Google mapで開く

 

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です