タイ国外への旅行

ビエンチャンの新旧ショッピングモールと市場【ビエンチャン旅行記2017-④】

前回訪れた時には「何もない」イメージが強かったビエンチャンですが、新しいショッピングモールができたりして、徐々に発展しているようです。新旧のショッピングモールと近くの市場を見てきたので紹介します。

 

以前からあったショッピングモール、タラート・サオ

まずは、以前は街一番のショッピングモールモールだったタラート・サオ。デパートのイメージで行ったら、あまりのさびれっぷりに驚いた記憶があります。なんていうか、バンコクのMBKを小さくしたような感じです。

携帯とか、洋服とか、そういうごちゃごちゃしたものが売っています。正直そんなに見どころは無いのだけれど、ラオスの女性たちが身につけている腰布のお店は、けっこう面白かったな。

タラート・サオには本館と別館があるのですが、別館にある両替所はバーツ→Kipのレートが良かったので利用しました。 

タラート・サオ

  • 営業時間:8:00-17:30

 

 

最新ショッピングモール!映画館も入ってるビエンチャンセンター

タラート・サオのほど近くに、新しくショッピングモールができていたので、覗いてきました。近代的で大きい!(すみません、外観写真これしかなかった)

中に入って見ると、たしかにたしかに、これならデパートと呼べる雰囲気です。

資生堂などのブランドも入っています。

タラート・サオでも見かけたけれど、ニセダイソー?のメイソウがあります。

初めて入ってみたけど、この空間だけ日本みたい!!意外と購買欲を刺激される場所でした。

上の階にはタイでもよく見かけるフードコート、フードリパブリックが。

最上階には映画館(メジャー)と、ボーリング場(Blu-O)がありました。

まるで、タイの地方のショッピングモールに来たみたい。ボーリング場だけが、やたらと賑わっておりました。

そして、ビエンチャンセンターの横ではまた新たなモール(?)が建築中でした!!

ビエンチャンセンター

  • 営業時間:10:00-21:30

 

ビエンチャンセンター正面に広がる昔ながらの市場

そんな近代的なビエンチャンセンターの正面には、昔ながらの市場が広がっていたので、こちらも冷やかしていくことに。ここではとにかくフランスパンがたくさん売っていました。

携帯のSIMがカード状になって売っています。

これはハーブかな。

真ん中あたりの人形は何なんでしょう。怖いんだけど・・・。

こんな感じのタラート・サオ周辺でした。

ラオス・ビエンチャン旅行記

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です