バンコク観光

タイのタバコ事情:電子タバコは持ち込み禁止&タバコのポイ捨ては罰金!

タイのタバコ事情

何でもおおらかなイメージのあるタイですが、タバコに関してはかなり厳しいイメージがあります。公共の場所の室内での喫煙は全面的に禁止され、アイコスを含む電子タバコの持ち込みも禁止されています。

知らずに日本と同じように過ごしていたら、警察官に罰金を払うように言われちゃうかも…!?

喫煙者の方はぜひチェックしておいてください。

 

タイには電子タバコ(アイコス)持ち込み禁止

タイでは電子タバコ(アイコスをはじめ、加熱式のタバコとそれに関わる全ての付属品)の持ち込みが禁止されていて、違反した場合、

  • 最高で10年の懲役
  • または50万バーツの罰金

のいずれかが科せられます。

商用だけでなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰則の対象となりますので十分に気をつけましょう。

また、タイ国内に持ち込むことができるタバコの量は、

1人あたり紙巻であれば200本(1カートン)まで。

紙巻を含め、葉巻などは総重量250gまで。

と規定されています。具体的に罰金対象になるケースなど、詳しくはタイ国政府観光庁のWebサイトにて確認してみてください。

 

タイでは公共の場所の室内では全面禁煙

タイの公共施設、商業施設、レストラン、ホテルは、基本的に室内では全面禁煙です。違反した場合の罰金は5,000バーツ(約18,000円)です。タバコを吸いたいときには、外に出て灰皿のある場所で吸いましょう。

またタイ国内のビーチ24か所が禁煙に指定されています。違反した場合は1年以下の禁錮、10万バーツ以下の罰金、もしくは双方を科すとされています。

またタバコのポイ捨ては罰金2,000バーツ(約7,200円)です。私の知り合いにも罰金をとられた方がいます。脅しではなく、本当に罰金を徴収されるので注意してくだい。

バンコクでは、私の行動範囲内ですとタバコを吸っている人を見かけることが本当に少ないです。たまに日本人旅行者と思しき方が灰皿の無い路上でタバコを吸っているのを見かけることがありますが、とても目立ちます。

個人的な意見ですが、タイでタバコを吸うのは灰皿がある場所に限るのが無難だと思います。


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.6円で計算(2020年1月現在) 

初めての方のためのバンコクガイド
はじめての方のためのバンコク旅行ガイド はじめてバンコク旅行にいらっしゃる方のために、必要な情報をまとめた観光ガイドを作成しました。目次のリンクをクリックすると、各記事...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です