観光スポット

タラートプルー地区フォトウォーク。ワットパクナムの大仏と国鉄タラートプルー駅を見てきた

友人でもあり、私の憧れのブロガーでもあるぷくこさんが日本に本帰国してしまいました。

今さら私が紹介しなくてもご存じの方が多いでしょうが、大人気ブログ「BANGKOK GIRLS NOTE」を運営していらっしゃる方です。

最近はコロナで会えないことの方が多かったし、SNSでつながっていられるから実感が湧かないけど、やっぱりちょっと寂しいな。

これは彼女が本帰国するちょっと前のこと。バンコク在住フォトグラファーの明石さんがお別れフォトウォークを開催してくれたので、ぷくこさんの友達と一緒に私も便乗して参加させてもらいました。

フォトウォークの場所は、最近街歩きスポットとして人気のタラートプルー地区です。

古い下町情緒あふれる街並みを散策しながら、ワットパクナムの大仏が見えるスポットを経由して国鉄タラートプルー駅を目指します。

多分明石さんが開催しているフォトウォークルート中のROUTE⑪の短縮版のルートだったのかな。明石さんは12月にもフォトウォークを開催されるみたいなので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

フォトウォークの出発点はBTSポーニミット駅(地図)。大通りから少し入っただけで、レトロな街並みへと様変わりしました。

有名観光地エリアのトゥクトゥクに比べると、よく使いこまれた感じのトゥクトゥクがたくさん走っています。

窓辺にタイ国旗。

お坊さんを発見。この辺のお寺のお坊さんかな?

屋台の軒先にはパンパンにふくらんだ袋が下げられ、

シャッターにはさりげなく花飾りが。

タイらしいエッセンス満点のエリアです。

こういう置物もタイらしい?

数十年前の日本の駄菓子屋を彷彿とさせるお店があって、懐かしい気持ちに。

バンコク名物のこんがらがった電線も健在…というか、普通より激し目でした(笑)

道中のお寺では人懐っこい猫ちゃんたちにも出会いました。

踏切をこえて…

またお寺へ。トンブリ王朝時代のタークシン王が祀られているお寺なんだそう。

お祈りの様子もバッチリ写真に収めるところがタイらしい。

さらに超ローカルな市場を通り抜けます。良い笑顔。

古いお店の壁にあった看板がたまらなくレトロで。特にメコンのタイ文字ロゴに興味をそそられました。

その先にあるのはバンコクヤイ運河。

ここがワットパクナムの写真を撮るベストポジションらしい。

私のレンズでは遠すぎたのだけれど、明石さんが望遠レンズを貸してくれました(同じソニーのカメラだから付け替え可能でした)。わーい!私も例のアングルで撮れました。

ちなみに自分のレンズ(APS-C, 35mm)で撮ったらこんな感じだった。

フォトウォークの終着点は、国鉄タラートプルー駅。

以前は紫の駅舎だったらしいのですが、黄色に塗り替えられていました。

これはこれでかわいいけれど、紫の時代も見てみたかった。

駅前にはちょっとおしゃれな屋台系のお店がいくつか出ています。

バイクがカフェになっているの。面白い。

見るからに美味しそうなおかず屋台も発見。

そのほかレトロな籠屋さんがあったりと見どころ満点です。

またこの辺りはゆっくり散策しに来てみたい。

駅近の高架下にて、この日のフォトウォークは終了です。

なんだかここだけ日本の高架下のような雰囲気で不思議だった。

バンコクの下町情緒あふれるタラートプルー街歩き。すごく楽しくて、ぷくこさんとの良い思い出になりました。

ローカルエリアのすごく細い道を通ったりして、女性だけだと入るのに躊躇しそうな場所が多かったので、明石さんに連れてきてもらえて本当にありがたかったです。

写真についてのアドバイスがもらるし、明石さんのあの雰囲気のある写真が撮られる瞬間を見ることができたのは良い経験でした。

明石さんは12月はフォトウォークを何件も開催される予定らしいので、気になる方はぜひ連絡してみてください。涼しい今は絶好のフォトウォーク日和だと思います。

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。