カオラック

「ルメリディアンカオラック」宿泊記。白砂のビーチやプールが最高!意外とお手頃価格なリゾートホテル

もう昨年のことになっていましますが、2021年のタイの旧正月(ソンクラーン)休みはタイのビーチリゾートカオラックに行ってきました。

滞在したのはルメリディアンカオラックリゾート&スパ(Le Méridien Khao Lak Resort & Spa)です。

このホテルが本当に最高で、選んで良かったな~と思います。ちょうどカオラックのハイシーズンというのもあり、海がとてもきれいでした。

皆さんも今年のソンクラーンはカオラックで過ごしてはいかがでしょうか?

◆ルメリディアンカオラックの特徴

2019年にオープンした新しいホテルだからキレイ!

大きくて美しいデザインのプールでリゾート気分が盛り上がる

ホテル目の前の長く伸びる白浜ビーチからサンセットが拝める

敷地が広くて開放的。ホテルでのおこもりステイに最適

他の高級五つ星ホテルに比べるとお手頃価格

プーケット空港から遠い(車で約1時間半)ので交通費がかかる

ルメリディアンカオラックリゾート&スパ(Le Méridien Khao Lak Resort & Spa)

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

カオラックのおすすめホテルまとめ
タイのビーチリゾート「カオラック」のホテル5軒まとめ!タイプ別のおすすめホテルは? タイ南部のビーチリゾート「カオラック」は、タイの中でも私が1位か2位かぐらいに好きなビーチリゾートです。(クラビも甲乙つけがたい...

 

場所・アクセス

ルメリディアンカオラックは、タイ南部のカオラックと呼ばれるエリアにあります。

地図はこちら

カオラックプーケット空港から車で1時間~1時間半程度のエリアで、まっすぐ長く伸びるビーチ沿いにリゾートホテルが立ち並んでいます。

プーケット空港からは少し距離があるのですがその分自然いっぱい美しい海を存分に満喫できるエリアです。繁華街には繰り出さずに、リゾート内でのんびり過ごしたい方に特におすすめ。

また、カオラックはダイビングスポットとして有名なシミラン諸島への玄関口でもあります。

今回滞在したルメリディアンカオラックは、カオラックの中でも北の外れに位置しています。そのためプーケット空港から車で1時間半ほどかかるのが弱点。

ただ、他のカオラック中心部のリゾートでもプーケット空港から1時間15分ほどかかることを考えると、+15分の違いはそんなに大きく感じませんでした。

プーケット空港からルメリディアンカオラックまでの移動には、タクシーエアポートリムジン等を利用することができます。

ただタクシーだとぼったくりが心配だったことと、コロナ禍のため衛生状態が心配だったこともあり、もっとも安心して利用できそうなホテルによる送迎を利用することに。

事前にホテルへメールで予約し、片道1,820バーツ(約6,550円)でした。

車はホテル専用のフォーチュナー。

車内では冷たいお水のサービスがあり至れり尽くせり。

約1時間半の長距離ドライブだったけれど快適でした。

到着したらウェルカムドリンクをいただきながらチェックイン。

繁忙期でチェックインもチェックアウトも混んでいたけれど、スタッフの皆さんはテキパキと仕事をされていて好印象です。

 

外観・プール

それでは、ルメリディアンカオラックの施設について写真で紹介していきます。

まずはホテルの広大な敷地と広く美しいプールから。

どうですか?この眺め。ベランダからこの景色を見るだけでも最高に癒される!

プールの向こうには海も見えます。

プールは広く、さわやかな水色が美しい。清掃もしっかりされていてきれいでした。

プールは数か所に分かれていて、他のゲストとほとんど鉢合わせずにのんびり過ごすことができました。

冷水だけどジャグジーもあります。

ビーチ沿いには芝生の庭が広がっていて、敷地内を散歩するだけでも楽しめました。

敷地内には野鳥がたくさんいて、どこにいても鳥の鳴き声が聞こえてきます。

 

ビーチ

そして、リゾートの目の前には白砂のビーチが!

まっすぐとどこまでも伸びるビーチはカオラックならでは。

砂浜もとてもきれいです。

ところどころにハンモックがあったりして。リゾート気分満点。

そしてそして、サンセットがまた素晴らしいのです…!

写真を見ていたらまた行きたくなってきました…。

 

お部屋|1 King Bed, Pool View(43㎡)

ルメリディアンカオラックのお部屋はとても広くて快適です。

小鳥の装飾がかわいらしい。

テーブルと椅子が二客あるので、部屋でも食事をとりやすい。パソコン作業にも便利でした。

大きなベランダからはプールを見下ろせます。

ベランダにも椅子があり、水着やタオルを干す場所もちゃんとあります。

バスルームとの間にはソファーもあり快適です。

他の高級ホテルのように豪華な装飾品があるわけではないのですが、とにかく広くて居心地が良い部屋でした。

バスルームも広々です。

バスタブは足を延ばして入れるほど大きい。

奥には独立したシャワールームがあります。

アメニティーはルメリディアンといえばこれ、MALIN+GOETS(マリン アンド ゴッツ)です。

MALIN+GOETS(マリン アンド ゴッツ)はどれも香りが良くて、使用感も大好き。特にせっけんとボディークリームのすっきりした感じの香りが好きです。

入り口付近にはクローゼットがあり、一通りそろっています。

冷蔵庫。

グラスとマグカップ。写っていないけれど湯沸かしポットもあります。

フリーのお茶とコーヒーはこんな感じです。

2019年にオープンした新しいホテルなので、施設はきれいだし、清掃もきちんとされていました。

 

朝食ブッフェ

朝食ブッフェはホテル内2か所で行われています。

一つはメインダイニングのThe Nest。屋内席と室内席があります。

The Nestは広くて料理の種類が豊富です。ただその分混み合っているのが難点んでした。また夜もディナーブッフェをやっていました。

もう一か所の朝食会場はビーチの目の前にあるBeach Grill

こっちはオープンエアのレストラン。海を見ながら食事がとれて雰囲気抜群です。私たちはこっちで朝食をとりました。

朝食ブッフェは種類が豊富で普通に美味しかったです。

特にクロワッサンが気に入りました。ルメリディアンとかソフィテルとかフランス発祥のホテルってクロワッサンが美味しい気がする♪

朝食の様子についてもっと詳しくはYouTube動画を見てもらうと分かると思います。

Beach Grillでは、朝食以外の時間帯にはグリルしたお肉やシーフードをいただくことができます。

 

レストラン&バー

ここからはその他のレストラン&バーについて紹介していきます。

The Pizzeria(イタリアン)

The Pizzeriaは、屋内のイタリアンレストランです。

お味は普通に美味しいくらいでした。十分に満足だけれど、やっぱりバンコクのイタリアンにはかなわないかな。

Latitude 08(ロビーラウンジ)

Latitude 08はロビーラウンジで、コーヒーなどのドリンクとデザート・軽食が提供されています。

ここからの眺めも素晴らしかった。

Coconut Joe’s(ビーチバー)

そして個人的に一番気に入ったのがビーチバーのCoconut Joe’sです。

カクテルを飲みながら夕日を眺めるの、やってみたかったんですよね。

日が落ちてからの雰囲気もめちゃくちゃ良いです。

Le Scoop(アイスクリームスタンド)

写真を撮るのを忘れちゃったんだけれど、かわいらいいアイスクリームスタンドがありました。最終日に食べようと思ったら午前中は営業していなくて残念…!

 

フィットネス&アクティビティ

プールと海ばかりで使わなかったけれど、フィットネスジムもあります。

卓球やテニスコートも。卓球は家族連れに人気でした。

初日しか見かけなかったけれど、子供向け遊び場もあり。これはお子さんたち喜びそう。

バードウォッチングムエタイヨガ等のクラス形式のアクティビティが充実。

ビーチではボディーボードカヤックが貸し出されています。無料だけれど予約制です。

カヤックって楽しいですよね~。

そのほか、別料金でシミラン諸島へのワンデイトリップパッケージ等がありました。要事前予約です。

本当はシミラン諸島も行ってみたかったけれど、この時期ちょうどコロナが広まり始めた時期だったので念のためにキャンセルしてホテルでのんびり過ごしました。

それは残念だったのだけれど、ホテル内のアクティビティが盛りだくさんなので、1日中リゾート内にいても全然飽きませんでした。

 

スパ

もちろんスパもあります。こちらも要予約です。

 

ルメリディアンカオラックをお得に利用する方法

ホテルを予約する際には、agoda等の予約サイトを利用される方も多いと思いますが、ルメリディアンカオラックはマリオット公式サイトからの予約も検討しみてください。

公式サイトのFlexible Rateはagoda等より高く表示されているかもしれませんが、Megatixで販売されている最大35%OFFのキャッシュバウチャーが使えます。さらにマリオットボンボイのポイントも貯まります。

これらも視野に入れて価格比較してみてはいかがでしょう?

さらに、ルメリディアンカオラック周辺には飲食店が少ないので、食事の大半をホテル内で済ませることになります。

Megatixのバウチャーはホテル内の飲食費やスパにも使えるので、agoda等ですでに宿泊予約した方も、食事用にMegatixバウチャーを購入するのがおすすめです!

Megatixを見てみる

私たちも事前にMegatixでバウチャーを購入し、ホテル宿泊費と滞在中の飲食品に充てました。

予約はマリオット公式サイトで行い、Megatixバウチャーで支払いたい旨を予約時にチャットで伝えておきました。

それでも滞在前にクレジットカードで宿泊費が引き落とされるというトラブルがありましたが、チャットでそのことを伝えるとクレジットカードでの支払いがキャンセルされ、ちゃんとMegatixバウチャーを使うことができました。

バウチャー有無で最終的な金額はかなり違ってくると思うので、ぜひ利用してみてください♪

それからまだの方はマリオット系列ホテルのロイヤリティープログラムマリオットボンボイ(Marriot BONVOY)への加入を忘れずに。

マリオットのポイントが貯まるし、マリオット系列ホテルのレストランの割引が使えたり、いろいろ優待されたりもするので加入しない手はないです。加入は無料ですのでぜひ!

マリオットボンボイ(Marriot BONVOY)に加入する
マリオットボンボイで見てもらえばわかるのですが、ほかのカオラック・プーケット地区のマリオット系列ホテルに比べるとルメリディアンカオラックはお手頃価格なんですよね。

施設もサービスも素晴らしいのに、この価格で泊まれるのはありがたい!やっぱり立地がちょっと離れているからなのかな?

移動に少し時間がかかるので、短い滞在だとちょっともったいない気がするけれど、長期連休でのんびりするのには適したリゾートホテルだと思います。おすすめです!

ルメリディアンカオラックリゾート&スパ(Le Méridien Khao Lak Resort & Spa)

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

ホテルの様子についてぜひ動画もご覧ください。

カオラックのおすすめホテルまとめ
タイのビーチリゾート「カオラック」のホテル5軒まとめ!タイプ別のおすすめホテルは? タイ南部のビーチリゾート「カオラック」は、タイの中でも私が1位か2位かぐらいに好きなビーチリゾートです。(クラビも甲乙つけがたい...

 

ルメリディアンカオラックリゾート&スパ(Le Méridien Khao Lak Resort & Spa)の施設情報

TEL(+66) 076 429 000
住所(英)31 Moo 7 Bangmoung, Takuapa District, Khao Lak, Takua Pa District, Phang-nga 82190
公式URLWeb Facebook Instagram
アクセスプーケット空港から車で約1時間半
地図Google Mapで開く


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.6円で計算(2022年3月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。