カオラック

「La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)」宿泊記。三角モチーフが印象的な大人のデザインホテル

カオラックでいつか泊まってみたかったデザインホテル「La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)」に、ついに宿泊してきました。

ここは以前PRで宿泊させていただいたカサデ・ラ・フローラの系列ホテルです。当時(2017年)ちょうどソフトオープンしていたラ・ベラ・カオラックも見せていただき、その美しさに一目ぼれしてしまいました。

「いつかまた、絶対にここに泊まりに来よう。」

そう思って早4年。やっと泊まりに来ることができました!

実際に泊まってみると、どこもかしこも美しくて写真や動画に映える!もちろんそれだけでなく広くて居心地よいお部屋も素晴らしかったし、朝食ブッフェはメニュー豊富で楽しめました。

この投稿では、La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)に実際に泊まってどんな感じだったのか詳しくレポートしたいと思います。

◆La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)の特徴

とにかくおしゃれで映える!特に淡い水色のプールが美しい。

ホテルの目の前にビーチ有。ホテルから一歩も出ずに朝昼晩と刻々と表情を変えるビーチを満喫できる。

カオラックで2番目に賑わうバンニアンビーチに位置。ホテル外レストランにも食事に出かけやすい立地。

agodaで9.2/10, Google map で4.7/5と、多くの人に高く評価されているホテル

三角がモチーフのため、必然的に敷地内に角が多い。小さい子はちょっと危ないかも。夫婦やカップルにはすごくおすすめ!

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

カオラックのおすすめホテルまとめ
タイのビーチリゾート「カオラック」のホテル5軒まとめ!タイプ別のおすすめホテルは? タイ南部のビーチリゾート「カオラック」は、タイの中でも私が1位か2位かぐらいに好きなビーチリゾートです。(クラビも甲乙つけがたい...

 

場所・アクセス

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)は、タイ南部のカオラックと呼ばれるエリアにあります。

地図はこちら

カオラックプーケット空港から車で1時間~1時間半程度のエリアで、まっすぐ長く伸びるビーチ沿いにリゾートホテルが立ち並んでいます。

プーケット空港からは少し距離があるのですがその分自然いっぱい美しい海を存分に満喫できるエリアです。繁華街には繰り出さずに、リゾート内でのんびり過ごしたい方に特におすすめ。

また、カオラックはダイビングスポットとして有名なシミラン諸島への玄関口でもあります。

今回滞在したLa Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)は、カオラックのバンニアンビーチに位置しており、プーケット空港から車で1時間10分ほどの場所です。

プーケット空港からの移動には、タクシーエアポートリムジン等を利用することができます。またはホテル送迎を頼むのも良いでしょう。

私たちはルメリディアンカオラックからの移動だったのでルメリディアンカオラックに送迎を依頼しました(900Bでした)。

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)があるバンニアンビーチは、カオラックの中でも2番目に賑わっているエリアで、他のホテルやレストランも充実しています。

完全なるホテルおこもりステイではなく、ホテル外の地元のレストランにも食べに行きたい方にぴったりです。

オープンエアでリゾートらしいチェックインカウンター
ウェルカムドリンクはボトル入りでした

 

外観・プール

それでは、La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)について写真で紹介していきます。まずは特徴的な外観とプールから。

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)はビーチ沿いの広い敷地を有しています。

各建物が高低差を使って複雑に配置されているので、まるで迷路のよう。

随所に遊び心を感じるデザインです。

特に白で縁取られた淡い水色のプールが美しい。

全体としてトライアングル(三角)がテーマとなっていて、あらゆる場所で三角のモチーフを見つけることができます。

こんなユニークなホテルに泊まるのは初めてです!

このようにかっこいいデザインのホテルなのですが、三角モチーフなので必然的に角が多めになっています。もしかしたら小さいお子様にはちょっと危ないところもあるかもしれないと感じました。

逆にご夫婦やカップル、女子旅などの大人だけでのステイにはぴったりだと思います。

 

ビーチ

そして、ホテルの目の前にはビーチがあります。

映える写真が撮れるスポットもバッチリ用意されていました。

ビーチバレーができるコートもあります。

のどが乾いたら、ピカピカのキッチンカーで飲み物を買うことができます。

 

夕方から夜も雰囲気抜群

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)は、夕方から夜にかけても雰囲気抜群です。

カオラックならではの幻想的なサンセットは必見。

特別なディナーテーブルが設えられていたので撮らせてもらいました。ロマンチックなディナーになったんだろうな。

ホテルのメインレストランであるKOKULO BEACH CLUBは夜になるとライトアップされ、さらに良い雰囲気になります。

さらに、ソンクラーンの時期だったからか、ファイヤーショーを見ることができました。これは圧巻!

プールもライトアップされ、昼とはまた違った表情を見せてくれます。

 

お部屋|Deluxe Poolside (54 m²)

今回私たちが泊まったのはDeluxe Poolside (54 m²)という部屋タイプです。

ビーチリゾートらしい爽やかなデコレーションの快適なお部屋でした。54 m²もあるので広々としています。

コロナが心配な時期だったので夕食はテイクアウトして部屋で食べたのですが、このソファーがあるから快適でした。

到着時は部屋がキンキンに冷えていたので窓が曇ってますね…(笑)

ベランダが広く、ここにもソファーがあります。

もちろん水着やタオルを干すラックも完備。

ベランダからの眺めはこんな感じでした。

窓際にはデスクがあり、その上にはホテルの案内の紙がおしゃれに掲示されています。

テレビの横に冷蔵庫とミニバー。冷蔵庫が大きくて驚きました。

戸棚の中にはカップとコーヒー、紅茶。

お皿と栓抜き。

クローゼットは入り口側にありました。

蚊よけのアースマットがあるのがありがたい!

そのほか室内履きのスリッパと、ビーチサンダルが用意されていました。

洗面台は大きな鏡のあるシンプルなタイプ。

アメニティーは歯ブラシ、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、綿棒がありました。

バスタブもちゃんとあります。お風呂を使うときは、ちゃんとドアで寝室と仕切れるようになっていました。

バスタブとは別にシャワーブースもあり。

ボディーソープ、コンディショナー入りシャンプー、ボディーローションは環境にやさしい備え付けのボトルタイプです。

トイレ。

ドライヤー。

 

朝食ブッフェ

さて、お楽しみの朝食ブッフェです!

朝食ブッフェはSpices Restaurantで行われます。室内席と屋外席、両方がありました。

私たちは屋外席でいただきました。

以下、ブッフェの様子です。

サラダバー
チーズなどのコールドカット
卵料理を作ってくれるエッグステーション
タイらしいクイッティアオがいただけるヌードルステーション
カノムチーンなど
なんとお寿司もあり!!
各種パン
フルーツ
コーンフレークとジャム、ミルク
はちみつ
タイのスイーツ
ドリンクスタンドではタイティーをいれてくれる

タイらしい料理が充実しているところが、西洋系ホテルチェーンと違うところだと思います。

 

レストラン&バー

そのほかのホテル内レストランについて紹介します。

Cotton Café

Cotton Caféでは、終日軽食とデザートをいただくことができます。

クーラーがかかっていて涼しいので、日中涼みたくなったらここへ。

Miner’s Bar.(プールバー)

Miner’s Bar.は、プールサイドでだらだらしたいときにぴったりのプールバーです。

KOKULO BEACH CLUB

そしてLa Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)のメインレストランとなるのがKOKULO BEACH CLUB。特に夜の雰囲気が抜群です!

オープンエアの屋外席と、

冷房のきいた屋内席の両方があります。

メニューはピザなどのイタリアン、シーフードにお寿司まで、けっこう何でもあり。

夜は近隣ホテルからもたくさん人が集まってきているようで、かなり賑わっていました。繁忙期はテーブルを予約した方が良さそう。

私たちは人混みを避けた昼間にアイスクリームとミルクシェイクをいただきました。このアイス、とても美味しかった。

 

フィットネス&アクティビティ

ジムはこんな感じ。

時間ごとにヨガなどのアクティビティ。カヤックやレンタルバイク等は有料です。

スパもありました。

 

シミラン諸島へのワンデイトリップ

カオラック滞在中にシミラン諸島へのワンデイトリップに参加したいと考えている方には、lazy similanという宿泊パッケージがあります。

このパッケージは、ホテルでゆっくり朝食ブッフェを食べてからトリップに出かけるというのが特長。シミラン諸島に行ってみたいけれど、朝が早いのが苦手な私にもぴったりなパッケージです。lazy similanっていうネーミングが良い(笑)。

実は私も今回の旅で利用したいと思っていたけれど、コロナが不安で泣く泣くキャンセルしました。次回こそは絶対にシミラン諸島に行くぞ!

 

キッズ用施設

個人的感想として「三角モチーフの角が多いから子供にはどうだろう?」と書きましたが、La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)としては子供もウェルカムな雰囲気なので、小さいお子さんがいるご家族でも楽しく過ごせると思います。

その証拠に子供向けの遊び場付のプールがありますし、キッズクラブもあります。

 

まとめ

以上、カオラックのおしゃれなデザインホテル「La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)」についてレポートしました。

どこもかしこもデザインが素敵なので、カップル旅行や女子旅にぴったりだと思います。

近隣ホテルに泊まる方も、夕飯やランチがてら見学したら楽しいんじゃないかな。宿泊費を抑えたい場合は系列ホテルのLa Flora Khao Lak(ラ・フローラ・カオラック)に泊まって、食事に来るのも良いと思います。

系列ホテル間はトゥクトゥクやバンで無料で送迎してくれます。

 

動画

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)について動画でもどうぞ。

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)

\ホテルの料金を確認/
ホテル公式で見る

agodaで見る

Booking.comで見る

カオラックのおすすめホテルまとめ
タイのビーチリゾート「カオラック」のホテル5軒まとめ!タイプ別のおすすめホテルは? タイ南部のビーチリゾート「カオラック」は、タイの中でも私が1位か2位かぐらいに好きなビーチリゾートです。(クラビも甲乙つけがたい...

 

La Vela Khao Lak(ラ・ベラ・カオラック)の施設情報

TEL+66(0)76 428-555
住所98/9 Moo 5, Khuk Khak, Takuapa, Khao Lak, Phang Nga 82220
公式URLWeb Facebook Instagram
アクセスプーケット空港から車で約1時間10分
地図Google Mapで開く


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.7円で計算(2022年4月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です