観光スポット

【終了】【AWAKENING BANGKOK】夜のジャルンクルン通り&タラートノイ地区を歩く光のアートイベント

AWAKENING BANGKOK

2020年12月11日から20日まで、バンコクのジャルンクルン通りとタラートノイ地区で行われた光のアートイベントAWAKENING BANGKOKを見てきました。

このイベントは2018年から行われて今年で3回目。2019年も2018年も気になりつつ、結局行かなかったんですよね。今年は最終日に滑り込みで見ることができました。

光のアートはどれも美しく面白かったですし、夜のジャルンクルン通り&タラートノイ地区を歩くのは初めての経験で、すごく楽しかったです。

もう終わってしまったイベントだけれど、記録として残しておこうと思います。

 

場所

AWAKENING BANGKOKの中心となるのは、中央郵便局(The Grand Postal)です。

地図はこちら。

ここに駐車場(1時間20バーツ)もありますし、Informationではパンフレットを配っていました。

私達もここを起点に夜の街歩きをスタートしました。

ちなみにAWAKENING BANGKOKの展示は基本的に無料で鑑賞できますが、展示によっては入場料を徴収しているところもありました。

 

展示内容

AWAKENING BANGKOKの展示は、中央郵便局(The Grand Postal)を中心に、南側のジャルンクルン通りエリアと北側のタラートノイ地区に点在しています。

展示されているアートについて詳しくはDII BANGKOKさんの投稿が、参考になります。

私達は北側のタラートノイ地区の展示をいくつか見て回ってきました。

ちょうどタイのサムットサコーン県で新型コロナウイルスの集団感染が発覚したタイミングでもあったので、蜜になりにくい屋外展示を中心に見学しました。

展示のなかには、いくつかジョニー・ウォーカーに関するものありました。また、順路を示す「KEEP WALKING」のサインにもジョニー・ウォーカーのロゴが。今回のスポンサーなのかな?

広告だったとしても全然嫌な感じを受けなかったし、むしろ今回の展示のコンセプトとマッチしていてすごくよかったです。

タラートノイ地区のウォールアートとコラボした作品もたくさんありました。

印象的だったのは、古い中華邸宅ソーヘンタイのプールをスクリーンにした展示。50バーツ支払って入ったけれど、これはお金を払ってでも見てよかった。幻想的で素敵でした。

タラートノイ地区のシンボルともいえる朽ち果てた車には、猫ちゃんたちのネオンが。このあたりは本当に猫が多いエリアだから、そのことも相まって微笑ましく思いました。

こんな光のアートを横目に見ながら、夜のタラートノイ地区を歩くのは新鮮でとても楽しかった。

タラートノイ地区はローカル感の強いエリアのため、通常時の夜に歩こうと思うとすごく暗くて怖いと思うんです。アートイベントがあるからこそできる夜の街歩き。この特別感が良かったです。

また来年もAWAKENING BANGKOKが開催されるなら、ぜひ参加したいと思います。

昼間のタラートノイ地区の様子についてはこちらも参考にどうぞ。

【タラートノイ散策】中華邸宅「ソーヘンタイ」と町工場とウォールアートの街 写真好きが集まって、バンコクの街でフォトウォークしてきました。 フアランポーン駅を出発点にして、工場とウォールアートの街タ...

今回久しぶりにタラートノイ地区を散策したのですが、気になるカフェも見つけたので近々また行かなきゃ。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。