タイのアロマスパブランド

タイのスパブランドSatira(サティラ)のスキンケア化粧品でしっとり肌に【PR】

Satira(サティラ)とは?

Satira(サティラ)は1999 年にタイ人女性によって創設されたブランドです。

彼女が最初のお子さんを産んだ際にタイのハーブを用いた伝統的な産後ケアを受けたことをきっかけにハーブの力に気づき、サティラの創設につながったのだとか。

そのためサティラの商品にはタイのハーブを使用されたものがたくさんあります。

Satira(サティラ)のスキンケアシリーズをお試し!

そんなサティラの商品の中から、今回はシグネチャーフェイシャルスパトリートメント(Signature Facial Spa Treatment)コレクションをいただいてお試しさせてもらったのでレビューしますね。

クレンジング(Hydrating Cleansing Milk)

ミルククレンジングは柔らかく優しい使い心地です。使用されているハーブはツボクサとグレープフルーツ。ハーブの爽やかな香りがほのかに香ります。

化粧水(Herbal Facial Toner)

とろみのある黄色がかった液体の中にオレンジ色の小さな粒が入っている化粧水です。ノンアルコールの優しい使いごこちで気に入っています。

含まれているハーブは、ツボクサとハチミツ、アロエベラエキス。

クレンジングと同じような爽やかなハーブっぽい香りがします。具体的に何の香りかうまく表現できないのですが、私はけっこう好きです。

クリーム(Precious Cream)

ちょっと固めのテクスチャーなのですが、意外とのびる!お肌がしっとりうるおいます。でもオイリー過ぎないのが良いです。

含まれているハーブは、イチョウ葉、ツボクサ、プエラリア、朝鮮人参です。

※使いさしの写真ですみません。

スクラブ(Ginseng Face Scrub)

洗い流すタイプのスクラブです。

スクラブというよりこっくりとしたクリームのような使用感。スクラブも細かく優しい肌触りで気持ちが良いです。

含まれているハーブは、朝鮮人参とアロエベラエキス。

パック(Natural Detoxifying Face Mask)

とってもきめ細かい泥パックです。

洗顔後の肌に塗り広げて10分置いてから拭き取ります。拭き取った後は肌が柔らかくなったような気がしました。

以上、サティラのスキンケア化粧品をレビューしました。

タイのスキンケア化粧品ってさっぱり系が多いような気がするのですが、サティラのスキンケア化粧品は全体的にしっとり目に感じました。

だからといってオイリーになるわけでもなく、丁度よい感じで気に入りました。タイでしっとり系のスキンケア化粧品をお探しの方におすすめです!

その他のSatira(サティラ)の人気商品

サティラには、スキンケア化粧品以外にもたくさんの商品がありましたので、ほんの一部ですが紹介します。

ココナッツのボディケアライン

ココナッツ・アイランドとして知られるサムイ島のココナッツを用いた化粧品です。サティラの人気商品なんだそう。

Marikoさんのブログで詳しくレビューされていました!

marikochan.jp

マンゴスチンのボディケアライン

マンゴスチン石けんはタイの定番のお土産として知られていますが、サティラにはマンゴスチンを使った色んなボディケア商品があります。

アンチセルライト・マッサージオイル

お店の一番のおすすめは、セルライトに効くというマッサージオイルです。黒胡椒や唐辛子を使っているということで、いかにも効きそう!!

香りもスパイシーなんだろうと思いきや、意外とスパイシーが前面に出ておらず心地よい香りでした。

Satira(サティラ)のプロモーション情報

バンコクISETAN(伊勢丹)

この記事公開時現在、バンコクの伊勢丹4階のサティラでは通常価格より15~30%割引のプロモーションが行われています。

Satira(サティラ)ISETAN 4階店

エンポリアム(Emporium)

また、3月28日までBTSプロンポン駅直結のエンポリアム(Emporium)の店舗でも 15-30%割引というプロモーションを行っています。

Satira(サティラ)Emporium店

  • 営業時間:10:00-22:00
  • アクセス:BTSプロンポン駅直結
  • 地図:Google mapで開く

この機会にサティラを試してみてはいかがでしょうか?

Satira(サティラ)

ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です