フードコート

プラカノンのW District 内のビアガーデンが雰囲気よくて最高!

BTSプラカノン駅からほど近い、コンドミニアムやホテル・飲食店などが集まる複合エリアW District内にW Marketというビアガーデンがあります。

ここはいつ来てもお祭りムードが漂っていて気分が上がる私の大好きな場所です。

食事の種類もタイ料理・西洋料理・インド・中華・和食と多岐にわたり、選択肢が豊富。そして美味しいお店も多いんです。

さらに、見てのとおり完全屋外で席の間隔が広いので、コロナ禍でも比較的安心して利用できます。

2022年1月3日更新:以前ブログに書いていたのですが、その時からお店がずいぶん入れかわってしまったので情報をアップデートしました。

 

場所

W DistrictはBTSプラカノン駅から徒歩3分ほどのところにあります。地図はこちら

BTSプラカノン駅の3番出口から出てオンヌット駅方面(プラカノン郵便局の方)へと進むと道沿いにW Districtが見えてきます。

ここに入り、さらに奥の方に歩いていくとビアガーデンエリア W Marketが現れます。

 

W District 内のビアガーデンW Marketの雰囲気

W Marketには、中央の広場を囲うように小さな飲食店が集まっています。

電飾でライトアップされて良い雰囲気です。ここは年中お祭りムードで気分が上がります!

 

お店のラインナップ

それではお店のランナップを紹介していきます。

W Marketはタイ料理だけじゃなくてありとあらゆる国のお店が集まっていて、しかも美味しいお店が多いんです。

まずはドリンクを提供しているバーから。お酒が出せるアメージングタイランド健康安全基準(SHA)のステッカー有。

メニューはこちら。お酒の種類が豊富です。チャーンの生ビール(1パイント)は150バーツ。私の好きなビアラオもあるのが嬉しい。

もちろんタイ料理屋さんもあります。

こちらはソムタムを中心としたイサーン料理屋さん。

ここでチムチュムも良いかも。

美味しそうな雰囲気のある中華料理屋さん。

Grab Foodでの評価が良さそうだったから気になっているお店。今度デリバリーしてみよう。

インド料理。

ステーキ。

ハンバーガー。

などなど、よりどりみどりです。他にもメキシカンやケバブもありました。

デザートにはマンゴースティッキーライスを。

でも私的にはすぐそばにある凜太郎(地図のジェラートを食べて帰るのが黄金ルートだと思ってます。

 

私たちが食べたもの

ここからは私たちが食べたものを紹介。

とりあえずのビールはチャーンの生1パイント(150B:約525円)。

飲み物は以前は席に座るとササっとスタッフさんが来てくれて注文をとってくれたけれど、今はスタッフさんの数が減っているように見えたので自分でバー行ってオーダーしました。

Gino’s Italian Street Food Bangkok

1品はピザとパスタのお店から。

パルマハムのピザ340バーツ(約1,190円)。

パルマハムがたっぷりでお酒が進みます。ピザ生地はサックリしたタイプで美味しかった。

Gino’s Italian Street Food Bangkok地図

Holy Smokes

もう一軒はスモークバーベキューのHoly Smokes

6 Hour Pork Coppa(270バーツ:約950円)。

これが感動するほど美味しくて!柔らかくてジューシーで感動しました。豚のはずだけれど牛みたいな味です。付け合わせのポテトやコールスローサラダもレベル高い。

超オススメ。

Holy Smokes(地図)

 

まとめ

以上、BTSプラカノン駅からほど近いW District内にあるビアガーデンW Marketについて紹介しました。カジュアルに飲みに行きたいときにおすすめのです。

また他の店も試してみたら追記していく予定です!

 

W District内 W Marketの店舗情報

営業時間16:00-00:00(それぞれのお店によって異なるがだいたい夕方ごろから)
住所(英)1599 Sukhumvit Rd, Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok 10110
住所(タイ)1599 ถ. สุขุมวิท แขวง พระโขนงเหนือ เขตวัฒนา กรุงเทพมหานคร 10110
アクセスBTSプラカノン駅から徒歩3分
地図Google Mapで開く


ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2022年1月現在)

ABOUT ME
サク / Saku
タイ・バンコク在住(2014年~)。 夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者と旅行者に役立つブログを目指しています。 プロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。