サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

タイから日本への一時帰国時の通信手段の確保にAISのSIM2Flyが便利!

 

f:id:saku_bangkok:20170711165834j:plain

たまの一時帰国。日本での通信手段の確保は重要ですよね。スマホを持ち、いつでもどこでも誰とでも繋がれる状態に慣れてしまうと、ほんの1時間でも電波が無いことに耐えられなくなってしまいます。

私の場合、日本の携帯はタイに移り住むときに解約してしまったので、一時帰国時に臨時的に使う通信手段を確保しています。ポケットWiFiをレンタルするなどいろんな方法が考えられますが、一番安価な方法はタイ国内で日本で使えるSIMを調達しておく方法。今年に入ってからの2回の一時帰国では、AISのsim2flyというSIM(8日間399バーツ:約1,320円)を使って快適だったのでレポートしたいと思います。

 

以前はSUGOI SIM を使っていました

これまではタイでSUGOI SIMという日本で使えるSIMを購入していました。

SUGOI SIMは、バンコクの日系の会社が販売しています。比較的安価で通信状態も良く、また日本語での説明を受けられて良いのですが、一つ欠点がありました。それは、店舗での対面販売を行っておらず事前にオンラインで購入する必要があること。

計画的な帰省の場合はこれでも問題無いのですが、緊急的に一時帰国が必要になった時に困ります。そこで、日本の格安SIMを一つ契約していました。

夫と二人で一時帰国する際は、一人がIIJmioもう一人がSUGOI SIMを利用していました。

 

AISのSIM2Flyはバンコクの空港で購入可能

しかし、去年からタイの大手通信会社AISがSIM2Flyという日本を含むアジア諸国で使用できるSIMを販売開始しました。
8日間4GB利用可能で価格は399バーツ(約1320円)と格安です。そして、便利なのがスワンナプーム空港やドンムアン空港のAISカウンターにて購入可能であること。
これなら、緊急帰国の場合でも空港でさっと通信手段を手に入れることができます。

 

日本以外のアジア諸国でも使用可能

もう一つSIM2Flyが便利な点は、日本だけでなくアジア諸国で利用可能な点。日本、韓国、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、ラオス、インド、台湾、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、オーストラリア、ネパールで利用可能です。

私の場合、香港や台湾経由での日本帰省も選択肢としてあるので、これは嬉しい。

 

ドンムアン空港でAISのSIM2Flyを買ってみた

f:id:saku_bangkok:20170711165953j:plain

私はこれまで2度SIM2Flyを購入していますが、どちらもドンムアン空港で購入しました。
一回目は上の写真の国際線到着ロビー内(1階)にあるショップで購入。到着した人しか入れない柵で囲った中にありましたが、素知らぬ顔をして侵入して購入したのでした。

二回目の今回、よく探してみると、柵の中に入らずとも行けるAISのカウンターがあるのを発見しました。同じく1階の国際線ターミナルと国内線ターミナルの間くらいにあります。(写真撮り忘れちゃった^^;)
カウンターで、日本で使用するSIM2Flyが欲しいことを伝えてパスポートを提示すると、すぐに用意してくださいました。即日使用するならアクティベーションをして渡してくれます。 

f:id:saku_bangkok:20170709195100j:plain

ちなみに、前回はこっちの青いパッケージでした。

f:id:saku_bangkok:20170711165834j:plain

ちょっと見た目が違いますが、どちらも問題無く使えました…何が違うんだろ?
スタッフのお兄さんから、日本での通信会社はSoftbankであること、モバイルネットワークをオンにして、更に必ずローミングをオンにして利用することなどの説明がありました。説明内容をタイ語&英語で記載した紙もついています。

また、私がうっかりSIMをとりだすためのピンを忘れてしまっていたら、代用できるクリップをSIMの台紙に貼り付けてくれました。優しい…!!
スタッフのお兄さんは、「こっちに住んでる日本人で、これ買っていく人がすごく多いんだけど、そんなにいいの?」と聞いてきました。やっぱり人気なんですね〜。だって日本で買うよりずっと安いですからね。
あ、それからトップアップすれば一ヶ月使えるとか色々説明してくれましたが、私の言語能力の問題でよく分かりませんでした。でも、私の帰省は一週間なのでマイペンライ(大丈夫)です(笑)長期の帰省するときにはもう少しちゃんと聞いておかないといけないですね…。

基本的にはネットのみ利用可能です。通話を使いたい場合には、更にトップアップが必要みたいです。今はLINE通話などもありますので、通話は必要ないと判断してトップアップしませんでした。

 

日本でSIM2Flyを使ってみよう!

さて、日本に到着。さっそくSIM2Flyを使ってみましょう。飛行機の中でSIMを入れ替えておいたので準備はばっちり。SIM2Flyはナノシムでもマイクロシムでもどちらも対応できるようになっているので、アダプター不要です!

まずは、歯車マークの設定から入って、「無線とネットワーク」の「モバイルネットワーク」を開きます。

ローミングをONにしましょう。

通信会社をSoftbankに設定して、

再起動します。しばらくすると、ちゃんと使えるようになりました。
前回はデュアルSIMのスマホを使っていて、スロット2で使おうとしたら、設定が良くなかったのかうまく接続できず、結局スロット1に差し替えて使ったというトラブルもありましたが今回は大丈夫でした。
今回、大阪、宮崎、沖縄にて7日間使用しましたが、どこでも問題なく使用することができましたよ。 

日本への一時帰国にAISのsim2fly、おすすめです!

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.3円で計算(2017年7月現在) 

****************************
ブログランキング参加中!
下のボタンから他の方のブログを見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ