サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

シンガポール発のティーブランドTWG Tea@エンポリアム【PR】

シンガポール発のティーブランドTWG Teaのエンポリアム店(G階)にお邪魔して紅茶と料理をいただいてきました。こだわりのブレンドティーはもちろん、タイ料理やデザートセットもすごく美味しかったので紹介したいと思います。

 

TWG Teaとは?

TWG Teaはシンガポール創業のティーブランドで世界各地に展開しています。バンコクでもデパート内の目立つ場所に出店しているので、見かけたことがあるって方も多いのではないでしょうか?

商工会議所が設立されシンガポールが茶葉やスパイスの貿易基地となった1837年をブランドイメージに採用していてロゴにも書いてありますが、実は1837年創業ってわけではなく実際には2008年創業なんだそう。比較的新しいブランドなんですね。

ラグジュアリーティーブランドなだけあって、ホテルのアフタヌーンティーでもTWG Teaのお茶を採用しているところを見かけます。バンコクを代表するホテルであるマンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティーのお茶もTWG Teaでした。

 

TWG Teaのおすすめのお茶

TWG Teaにはたくさんの種類のお茶あり、シンガポールの本店ではなんと800種類以上あるんだそう。バンコクのエンポリアム店でも400種類あるそうで目が回りそうです。

ルイボスティーなどのノンカフェインのお茶も用意されているそうで、妊婦さんなどカフェインを控えている方も安心してお茶を楽しめます。

このたくさんのお茶の中からおすすめのお茶を教えてもらいました。

 

1837 Black Tea (紅茶のブレンドティー) 

フルーツや花々をブレンドした紅茶で、熟したベリーやキャラメルなどの風味が余韻に残るTWG Teaを代表するブレンドティーです。

これ、マンダリンオリエンタルバンコクのアフタヌーンティーで飲んですごく気に入ったんですよね。この甘くて上品な香りがたまらない!

 

Silver Moon (緑茶のブレンドティー)

ベリーとバニラをブレンドし、ほんのりスパイスを効かせた緑茶です。

緑茶に慣れ親しんだ日本人として「緑茶にバニラとかフルーツを混ぜるってどうなの?」という偏見を持っていたのですが、これを飲んで考えを改めました。緑茶はブレンドティーにしても美味しい!

 

White House (白茶のブレンドティー)

オバマ大統領の大統領就任を祝って作られた白茶のブレンドティーで、オバマ大統領も実際に飲まれたことがあるお茶なんだそう。フルーツとバラの花びらがブレンドされています。

お恥ずかしながら白茶(White tea)って初めて聞いたのですが、中国茶の一種なんだそうです。

White Houseは緑茶に近い味で、花の香りがほんのり香って後味スッキリ。すごく美味しいお茶でした。私が今回試したお茶の中ではこれが一番好みでした。

TWG Teaのティーラウンジでは、これらのお茶をその場で飲むこともできますし、自宅用に茶葉の購入も可能です。パッケージもすごくかわいいんです!

一部のお茶はティーバッグ(15袋入:840B)も用意されています。

 

TWG Teaのティーサロンでタイ料理ランチ

ここからはTWG Teaのティーサロンで食べられるフードメニューを紹介します。

ティーサロンなのでお茶とデザートくらいしかないイメージを勝手に持っていたのですが、ちゃんとした食事メニューも充実していました。

しかも洋食メニューだけでなくタイ料理メニューもあるんです。味もすごく美味しくってびっくりしちゃいました。どの料理も隠し味にTWG Teaのお茶が使ってあるんだそうです。

 

TWG Tea Thai Platter(690B++:約2,740円)

タイ料理をちょっとずつ食べられる前菜セット。アフタヌーンティーのような三段トレイでテンション上がります!

一番上はポメロを使ったピリ辛サラダ(ヤムソムオー)、二段目は干し肉ときゅうりの器に入った一口ラープなど。三段目は揚げ春巻きにサテがあります。タイ料理の定番メニューをちょこっとずつ試せるからお得感があります。

 

Lobster Phad Gaprow(390B++:約1,550円)

ガパオって鶏肉か豚肉のイメージが強いけれど、こちらはロブスターを使ったガパオです。ライスと目玉焼きもついてボリューミーな一品。ロブスターはぷりぷりでガパオの味付けにすごく合う!辛さは控えめで、辛いのが苦手な方でも大丈夫だとおもいます。

 

Soft Shell Crab Pad Thai(320B++:約1,270円)

タイ料理の定番パッタイですが、揚げたソフトシェルクラブが載っているところが他とは違います。ソフトシェルクラブは柔らかくて食べやすく、パッタイの味付けも美味しかったです。

 

期間限定のAlways Sakura Teaデザートセット

最後に、期間限定のAlways Sakura Teaとデザートのセット(420B++:約1,670円)をいただきました。

この5月から発売になったAlways Sakura Teaは、桜をイメージした緑茶のブレンドティーです。フレッシュで甘い香りのお茶でした。

そしてこれに合わせるデザートは、春をイメージしたデザートプレートです。抹茶のブラウニーと、ピンクのホワイトチョコレートのドームに入ったソルベが可愛らしく盛り付けられています。

ピンクのドームを割ると中からベリーが出てきて華やかに。

常夏のバンコクに居ながらも、春気分を楽しめる素敵なデザートセットです。このデザートセットは2018年6月末までの提供になります。なお、Always Sakura Teaは茶葉でも購入できて一缶1,360バーツ。こちらは商品がなくなり次第終了です。

以上、 シンガポール発のティーブランドTWG Teaのティーサロンについて紹介しました。優雅な空間で美味しいお茶をいただくと満たされた気分になりますね。今度機会があれば、オーソドックスにお茶とスコーンをいただいてみたいなぁと思いました。

TWG Tea エンポリアム店

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2018年5月現在) 

***他にこんな記事も読まれています***