バンコク生活

バンコク市内で引っ越し!やることリスト【まとめ】

このたびバンコク市内で引っ越しました!

今回は自分用のメモも兼ねて、バンコク市内で引っ越しするにあたって私がやったことをまとめておきます。

新しい部屋をどうやって探したのかはこちらを参照。

バンコクで予算20,000バーツ以下で借りられる部屋を探してみた!*1 このたび、バンコク内で初めてのお引っ越しをしてみました! 前の部屋でもそこまで不満は無かったのですが、同じ条件以上で家...

 

オーナーさんに連絡&解約日を決定

新しい部屋が決まったら前の部屋のオーナーさんに連絡して解約日を決定します。これはLINEで夫が連絡しました。

半年前くらいに壊れて交換を依頼していたブラインドの交換がようやく終わったタイミングだったので少々心苦しかったのですが、しょうがないですよね。特に嫌味を言われることも無く、淡々と解約日と退去後のチェックの日程が決定されました。

ここまではスムーズだったのですが、部屋の立会をお願いした日にオーナーさんが急遽来れなくなってしまい、部屋のチェックは延期に。デポジットがどうなったかは、ちゃんと決まってから追記したいと思います。

【2017年5月追記】デポジットは全額返金されました!良かった~。以前からオーナーさんはけっこう大雑把な感じの人だなーと思っていたのですが、思っていたとおり部屋のチェックもほぼなかったそうです…(笑)

 

引越し業者を手配する

夫婦2人だけとはいえ自分たちだけで運ぶのは辛い荷物量なので、引越し業者を手配しました。手配は新しいコンドミニアムを仲介してくれたエージェントの方にお願いしました。

最初は部屋に見積もりに来るという話でしたが引越し業者さんが忙しく、

「見積もり無しで車一台&作業員2名、梱包は自分たちでやって1,800バーツ(約5,760円)でどう?」

と提案されてOKしました。Twitterで呟いたところどうやらちょっと高めらしいのですが、私達の価値観的にはアリの値段だったので満足しています。

ただ作業員の方に大事なものを壊されたりしたら悲しいので、壊れやすそうなもの(テレビなど)は事前に自分たちで運びました。

新しいオーナーさんの配慮で契約で定められた入居日前に荷物を運び入れてもOKだったのは本当にありがたかった!これ幸いと冬服などの普段使わないものも、どんどん運び入れてしまいました。

実際は引越し業者さんは荷物を割りと丁寧に扱ってくれていたので、全部任せても大丈夫だったかもとも思ったのですが、用心することに越したことはないですからね。事前に荷物をある程度運んでいたおかげで当日の作業がかなりスムーズでした。

2度目の引っ越し時には、配送アプリLALAMOVEを利用してみました。引っ越しの1週間前くらいにアプリで依頼しました。

もろもろ含めて1,000バーツくらいで引っ越しできたかな。特にトラブルもなく、作業員さんたちも親切でよかったです!

 

ダンボールを用意する

ダンボールについてもエージェントの方に依頼して中古のダンボール箱7~8箱ほどを35バーツ(約110円)で譲ってもらいました。でも、これだけでは足りなかったのでプラカノン郵便局で新品のダンボールを6箱買い足して300バーツ(約960円)。新品のダンボールって高いんですね!

あと、主人の会社のダンボールも少し譲ってもらいました。

2019年追記:次に引っ越ししたときには、ダンボールを販売している業者から購入しました。LINEで連絡して、代金を振り込んだら、自宅までデリバリーしてくれて楽ちん。比較的安価だったのでおすすめです。

JINDASIAM PACKAGING.CO.,LTD

 

浄水器の移設手続き

浄水器はお世話になっているCKMAさんに連絡して移設をお願いしました。キャンペーンで無料でやってもらえたのはありがたかった!浄水器を設置したときのことはこちら↓

バンコクで浄水器選び
タイ・バンコクで浄水機選び!我が家の場合 このたび、我が家でもついに浄水機を導入しました。わーいわーい! この機会に、浄水機を選んで契約するまでのアレコレを...

 

不用品・古本の処分

引っ越しに際して持ち物の見直しをしました。それで不要と判断したものはいつもお世話になっているソイ39のトーキョー・ジョーに持ち込んで販売。

本はたくさんあったのでKEY BOOKSに家に来てもらって買い取ってもらいました。引っ越しの約3週間前に連絡したのだけれど、混んでいたのか予約がとれたのは引っ越しの3日前。引っ越しシーズンの3月は余裕を持って連絡した方がいいですね。

 

インターネットの解約&契約

インターネットは前の部屋ではTrueを使っていたのですが、新しいアパートでは3BBを勧められたのでこの機会に乗り換えました。Trueは最近いい評判聞かないですもんね。

Trueの解約については事前にTrueショップに行って解約の手続きをし、解約日にルーターを持っていって完了です。夫の運転免許証を持っていけば代理人でも解約できました。

3BBの契約についてはエージェントの方が手伝ってくれて、入居前には使える状態にしていてくれました。

 

各種住所変更

引っ越しに際して住所変更したものです。

  • 携帯の契約(True)
  • 銀行
  • タイで契約している保険など
  • クレジットカード …カシコン銀行のクレジットカードは銀行口座の住所変更時にまとめて。イオンカードはWeb上で変更できました。
  • クラブタイランド …担当者にメール送信で住所変更。
  • フリーペーパーの無料配送
  • 在留届 …ORRnetというWebサービス上で変更できました。
  • 新住所を実家に連絡

きっとこれで漏れはないはず!もし「これ忘れてるよ!」っていうのがあれば教えてもらえると助かります。

話には聞いていたけれど、バンコク市内での引っ越しは日本の引っ越しに比べればはるかに楽でした。それでも梱包などはそこそこ大変だったので、無事に引っ越しが終わってほっとしています。

バンコクで予算20,000バーツ以下で借りられる部屋を探してみた!*1 このたび、バンコク内で初めてのお引っ越しをしてみました! 前の部屋でもそこまで不満は無かったのですが、同じ条件以上で家...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です