クラビ・ピピ島

【閉店】クラビタウンで絶対に行きたいレストランCAFE EUROPA【クラビ・ピピ島旅行5】

【追記】2017年4月に惜しまれながら閉店したそうです。大好きなレストランだったから本当に残念です。

 クラビ・ピピ島旅行で、クラビとピピ島に感動しっぱなしのサクです。
 
 
ピピ島の良さは何と言っても海の美しさで分かりやすいのですが、
クラビの良さについてはなかなか文章と写真でお伝えするのが難しい。
 
 
クラビの一番の特徴である、切り立った石灰岩の崖があちこちにそびえ立っている様子ももちろん素敵だったんだけど、一番魅力的に映ったのは、のんびりとした街の空気感なんですよね。
 
それはリゾート地区のアオナンよりも、地元の人が暮らし、バックパッカーも多く訪れるクラビタウンの方で感じました。
 
 
そして、食いしん坊の私にとっては、これから紹介するレストランに出会えたことも、クラビタウンに対する印象アップに大きく貢献しているような気がします。
そのレストランがこちら!
 
 
CAFÉ EUROPA
 
 
 
クラビ在住のデンマーク人のオーナーが切り盛りしているスカンジナビア料理のレストランです。
 
f:id:saku_bangkok:20160712235344j:plain
 
 
 
独特のノスタルジーを感じる店内。
 
f:id:saku_bangkok:20160712235359j:plain
 
 
 
まずはビールを。チャーンをいただきます☆
 
f:id:saku_bangkok:20160712235412j:plain
 
 
 
一口飲んで衝撃が走りました!こんなに美味しいビールを飲んだのは人生で初めてです。興奮する私達を見てオーナーはにんまり♪ こだわりの生ビールなんだそうです。
 
 
 
*****
 
頼んだ料理たちはこちら。一皿一皿が美味しいんです。
 
f:id:saku_bangkok:20160712235430j:plain f:id:saku_bangkok:20160712235437j:plain f:id:saku_bangkok:20160712235443j:plain
 
 
ブルスケッタ以外は、北欧の黒パンの上におかずが乗っているオープンサンドイッチスタイルです。黒パンはこんな風にして食べたら美味しいのかと新しい発見でした。
しかし、これらが一皿100バーツ代というのは衝撃の安さだと思うわ。
 
 
 
デザートも♪
 

f:id:saku_bangkok:20160712235458j:plain
 
 
 
そして、テーブルには、クラビの観光地を紹介したオーナー手作りのパンフレットが。かなり分厚くって力作です!!
 
f:id:saku_bangkok:20160712235511j:plain
 
 
 クラビを再訪する機会があれば、絶対にリピートしたい!!サクの熱烈オススメのレストランです。
 
ワインも飲みたくなると思いますが、ぜひ一杯目はチャーンの生ビールをお試し下さい!!
 
 
 
■ CAFÉ EUROPA
 住所 1/9 Soi Ruamjit RoadKrabi Town 81000, Thailand
 電話 +66 75 620 407
 営業時間 日~木 9:00-17:00/ 金土 9:00-21:00

 
 
以上でクラビ・ピピ島旅行記は終了です♪
あー、ブログ書いてたら、またクラビに行きたくなってきた。いつか、また必ず!!
 
 
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です