サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

プミポン前国王を偲ぶ無料の展覧会に行ってきました@BACC

BTSナショナルスタジアム駅直結のBACC(バンコク・アート&カルチャー・センター)で開催されている、プミポン前国王を偲んだ展覧会に行ってきました。感想は「本当に行ってよかった」。全て無料で見ることができます。一部は今週末11月26日(日)まで開催です。

 

プミポン前国王葬儀の模様の写真展

今回訪れた展覧会は大きく3つに分かれていました。まず一つ目は、10月下旬に行われた葬儀の模様の写真展です。

BACCに入ってすぐの、螺旋状の壁に展示してありました。

 

プミポン前国王の肖像画と写真展

8階の展示フロアでは、アーティストが手がけたプミポン前国王の肖像画が展示してあります。

ここからは携帯でのみ撮影OK。

もちろん、それも素晴らしかったのだけれど、圧巻だったのはプミポン国王のお写真を集めたこの小部屋。

写真だけでなく、愛用されていたカメラや楽器なども展示してありました。

 

プミポン前国王がご自身で撮影した写真の展示

最後のセクション、9階にはプミポン前国王がご自身で撮影された写真が展示されていました。

写真がご趣味だったとは聞いていましたが、想像を越える作品の数々に、ただただ圧倒されっぱなしでした。

特に素敵だなと思ったのは、シリキット王妃を撮影した写真です。

あと、印象に残っているのはこの写真。

国王を前にした子どもたちの反応が「わーー!!」って感じで、なんか意外でした。

このシルエットだけでどなたか分かってしまうくらいには、長くタイに住んでいるよねって、友達と話しながら通り過ぎた写真。

愛犬たちの可愛らしい写真もたくさんありました。

 

 BACC(バンコク・アート&カルチャー・センター)

 

偉大な王様だったプミポン前国王のお人柄についてもっと知りたい方はこちらの本がおすすめ。愛犬のトーンデーンについて、プミポン前国王自らが筆を執られたものです。

日本語訳されたものは手に入りづらいみたいだけれど、図書館などで探してみてください(^^)