サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

午前3時まで営業の多国籍フードモール JIA Thonglor 10 【PR】

トンローソイ10に先月新しい多国籍フードモールJIA Thonglor 10ができました。続Weekender@BangkokのMasaさんを通じてお招きいただいて、おすすめのお料理をいただいてきたので紹介しますね。

 

午前3時まで営業!夜遊び帰りにも最適なフードモール

JIA Thonglor 10は、Ping's Kitchen(タイ・潮州料理)、STIX(焼き鳥フュージョン)、よね田(ラーメン)、Meng Kee(香港ローストご飯・麺)の、バラエティ豊かな4店舗で構成されているフードモールです。

その特徴は夕方5時から午前3時まで営業していること。意外と早く閉まってしまうことが多いバンコクの飲食店の中で、ここまで遅くまで営業しているのはありがたいですよね。知っておくと何かと便利だと思います。

以下、それぞれの店舗について紹介していきます。

 

Ping's Kitchen(タイ・潮州料理)

Ping's Kichienはタイ・潮州料理のお店です。アソーク通りにあるフカヒレの老舗、Ping's Shark Fin がファミリー向けにオープンした店舗なんだとか。

店内には中華街の街の様子などが描かれていて素敵です。

落ち着いて食事をしたい方のために個室も用意してあります。ベビーチェアもありますね。

メニューは写真付きの一覧が用意されています(*^^*)

こちらのおすすめ料理はフカヒレ(小500バーツ++)

プーパッポンカリー(300バーツ++) 

蟹肉入り卵麺(300バーツ++) 

どれも優しいお味で美味しかったです。プーパッポンカリーにあげパンが添えられているのは初めての体験でした。ふんわりと甘みを感じるパンで、プーパッポンカリーとよく合います。

 

STIX(焼き鳥フュージョン)

STIXは日本の焼き鳥をベースに、アジア風のアレンジも加えた焼き鳥屋さんです。赤が効いたかっこいい感じの店内で、お店のキャラクターのお猿さんがかわいい。

こちらではおすすめの焼き鳥を色々いただいてみました。 

アジアっぽさを感じるものもあれば、日本の焼き鳥と同じ感じのものもありましたよ。

価格帯は一串39~59バーツ++。またおまかせで5串セット(250バーツ++)や3串セット(150バーツ++)も用意されています。

またこちらでは一緒に日本酒も楽しめるんです。今回は真澄(300ml 650バーツ++)という長野のお酒をいただきました。

おちょこを選ばせてくれるのも、楽しい(*^^*) 

とっても飲みやすい日本酒で、ついついお酒が進んでしまいました!

 

よね田(ラーメン)

博多風豚骨ラーメンのよね田です。普通のラーメンのほか、タイ人の方にはピリ辛ラーメンが人気なんだそうです。 

 

Meng Kee(香港ローストご飯・麺)

香港のご飯と麺のお店です。こちらもメニューが一覧になっていてとっても見やすい。 

これまでの三店舗のメニューでお腹いっぱいになってしまったので、麺料理をお持ち帰りしました。

100バーツしないお値段設定が嬉しい。次の日の朝美味しくいただきました。

また、デリバリーサービスもやっていて、今のところUBER EATSに対応しているそうです。

 

どの店に入ってもすべての店舗の料理が注文可能

この4店舗をつなぐ廊下部分にはテラス席が用意されています。金曜日の夜にはバンド演奏も入るそうで、賑やかな夜になりそう。

このテラス席、また各店舗内で席についたとしても、全店舗のメニューが注文できるんだそうですよ。

バンコクで暮らしていると、たまに多国籍なメンバーで食事をすることもあるのですが、そんな時にこういう色んな国の料理をワイワイ食べられる場は向いてそうだなと感じました。

JIA Thonglor 10