サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

バンコク市内にある巨大免税店キングパワー(King Power)ランナム店に行ってきた!【PR】

免税店といえば普通は空港にあるものですが、実はバンコクの街中にも免税店があることをご存知でしょうか?それがキングパワー(King Power)ランナム店です。

そのキングパワー(King Power)ランナム店が、このたび大規模な改装工事を経てグランドオープンしたと聞いて行ってきました!

 

キングパワー(King Power)ランナム店の場所・行き方

キングパワー(King Power)ランナム店があるのは、BTSビクトリーモニュメント駅徒歩3分の便利な場所です。

BTSビククトリーモニュメント駅の2番出口から出て、センチュリームービープラザの建物に入り、地上階に降りてミスタードーナツがある出口を出ると、ランナム通りに出ます。

ランナム通りを奥へと進むと、すぐ右手にキングパワー(King Power)ランナム店があります。大きなガラス張りのドームが目立つのですぐに分かります。

歩いても3分もしないくらいの距離ですが、トゥクトゥク送迎サービスもあって、センチュリームービープラザを出てすぐのところに送迎ポイントがあります。

 

売っている物

続いて、キングパワー・ランナム店で売っているものをざっくり紹介します。

1階:ハイブランド/サングラス

1階にはプラダ、グッチなど名だたるハイブランドが勢ぞろい。日本人に人気なのは、BOTTEGA VENETAとCOACHだそうです。

また、中央にはサングラスのコーナーもあります。

 

2階:時計/ブランド化粧品/アロマスパブランド/携帯&カメラ

2階はブランドコスメのフロアです。世界中のブランドコスメがたくさん集まっています。ここに来れば買えないものは無いんじゃないかってくらい。

タイのスパブランド(PANPURI、HARNN、BATH & BLOOM、DIVANA)も勢ぞろい。

その他、時計やカメラ、携帯電話なども売っています。

 

3階:お菓子/ジムトンプソン/OTOP/タイ雑貨・タイの化粧品/レストラン

3階は、お土産用のお菓子がたくさん。

そのほか、タイの一村一品運動OTOPの製品や、ジムトンプソン。

それから、バラマキ土産に最適な石けんやヤードム、タイのコスメ(Mistine)なども売っています。

レストランフロアも3階です。タイの有名な屋台・食堂が集まるフードコートの他、ELGAUCHO、Make me mangoなどのバンコクの人気のレストラン・カフェもあります。

 

おすすめポイント

ここからは、キングパワー(King Power)ランナム店について特におすすめできる点について紹介していきます。

 

ブランド数がとにかく多い!

キングパワー(King Power)ランナム店は建物が大きくて、ブランドの数がとにかく多いんです。空港の免税店とは規模が違います。

 

OTOPコーナーで質の良いタイの特産品が手に入る

私がキングパワー(King Power)ランナム店の中で一番すばらしいと感じたのがOTOPコーナーです。OTOPというのはタイの一村一品運動のことで、簡単に言うとタイの各地域の伝統工芸品だと思えばいいかな。

私は外国に旅行に行ったら、その土地の伝統工芸品を買って帰りたいと思うのですが、タイには納得できる品質やデザインのものが少ないと感じていました。

でも、こちらのOTOPコーナーは品質的にもデザイン的にも素直に欲しいと思う物がたくさん!

個人的にイチオシのコーナーです。

 

しっかり試食してお土産のお菓子を選べる

お土産用お菓子コーナーでは、ほとんど全てのお菓子を試食することができます。

海外のお菓子って日本人の口に合うのかちょっと心配になりますが、自分で試食して納得のいくものを選ぶことができます。

甘いものからしょっぱいものまで、バリエーションも豊富です。

価格帯は1箱150~300バーツ(約520~1,040円)くらいのものが中心です。

 

手荷物預かりサービスがある

1階にあるトラベラーズラウンジで手荷物預かりサービスが利用できます(無料)。

大きなロッカーもあるので、ホテルをチェックアウトした後にスーツケースを持って訪れることも可能です。

なお、手荷物預かりサービスの利用可能時間は10:00~21:00で、日付をまたいであずけることはできません。

ラウンジにはほかに休憩用スペースもあり、希望者はパソコンを利用できます。

 

空港への無料シャトルバスサービスがある

キングパワー(King Power)ランナム店でお買い物をした方は、空港への無料シャトルバスを利用することができます。

シャトルバスの時刻表は次のとおりです。

  • スワンナプーム空港行き 12:00, 15:00, 18:00, 21:00
  • ドンムアン空港行き 12:00, 15:00, 18:00, 21:00

利用希望者は、事前にトラベラーズラウンジにあるカウンターで予約する必要があります。

 

フードコートでバンコクの有名店の料理が食べられる

3階のフードコートには、バンコクの有名屋台や食堂が集まっています。有名どころで言えば、旧市街地にある行列のできるパッタイ店「ティップサマイ」も入っています。

今回食べたのは、「ラマイホイトートヤワラート」というお店のシーフードのラートナーです。

ラートナーはあんかけ麺で、まったく辛くないタイ料理です。辛さが苦手な人も安心。

ここのラートナーは熱い鉄板の上に餡をジャーっとかけて熱々で提供されます。そして中央の麺の中には卵が入っていて、とろっと出てくるんです。これが絶品!

みなさんもぜひお試しください! 

 

日本語ができるスタッフが常駐

キングパワー(King Power)ランナム店には、日本語が話せる担当者が4名います。そのうち2名は日本人で、毎日どちらか1人は必ず出勤しているそうです。

免税の手続きなどちょっと複雑なところもあるので、分からないことがあれば日本語で相談できるのは嬉しいですね。

 

買い物システム

最後に、キングパワー(King Power)ランナム店でのお買い物システムについて確認しておきましょう。

 

まずは受付で登録

キングパワー(King Power)ランナム店に着いたら、まずはドーム型の建物の中にある受付カウンターで登録をします

受付に必要なものは、パスポートです。パスポートを忘れずに持っていきましょう!

上のような紙に、名前、パスポート番号、フライト番号などを記入します。タイ在住者やまだ帰国の日程を決めてない方は、フライト番号は未記入でもOKです。

そして、ぜひこちらの画面を受付で提示してくださいね。

そうしますと、フードコートで利用できる100バーツ分のバウチャーと、お買い物で利用できる割引きクーポンがもらえます。

割引きクーポンは使用できる商品とできない商品に分かれているので、会計の都度御確認ください。

ハイブランドでも使用できる店舗もあるようなので、場合によってはかなりオトクにお買い物できるかも。

 

空港受取品と即日持ち帰り品がある

キングパワー(King Power)ランナム店で販売されている商品は、その場で持ち帰れるものと、空港で受け取るものと、二種類あります。

その見分け方は商品に付けられたタグ。水色のタグのものは、その場で受け取って持ち帰れます。一方、白色のタグのものは空港受取です。

お買い物後のVAT還付手続きは1階のカウンターで行い、白色タグの免税品は出国後に空港のキングパワー(King Power)専用のカウンターで受け取ることになります。

以上、キングパワー(King Power)ランナム店について紹介しました。個人的には建物の巨大さとブランドの豊富さに驚きました。割引クーポンを上手に利用すれば、かなりオトクにお買い物ができそうです。

私も一時帰国時のお土産購入時などに利用してみようと思います。

キングパワー(King Power)ランナム店