その他のカフェ

ICON SIAM近くのパソコン作業向きカフェ【VACATION(バケーション)】(PR)

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation タイトル画像

バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにあるホテル併設のカフェ「VACATION」を紹介します。

今回PRのためにご招待いただいたのですが、モノトーンと基調にしたスタイリッシュな中にも遊び心を感じる、落ち着いた雰囲気で、とても気に入りました。

ところどころに電源タップが設置され、無料WiFiのスピードも申し分なく、パソコン作業にも向いているカフェだと思います。

ドリンクもフードも美味しく、また種類が豊富。クラフトビールもあるのでバー的な利用も可能。どんな方にもおすすめできるカフェです。

カフェの上階にあるホテルも、部屋が広々としたおしゃれな部屋で、居心地良くて素敵でした。

Vacation Bangkok The Artistic Home タイトル画像
暮らすように旅したい方におすすめICONSIAM近くのカフェ付きブティックホテル【Vacation Bangkok The Artistic Home】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにある全4室のブティックホテル、Vacation Bangkok The Artis...

 

VACATIONの場所

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の外観

VACATIONがあるのは、バンコクのチャオプラヤー川沿いの商業施設、ICONSIAMから歩いて5分ほどの場所です。

地図はこちら。

バンコクの中心部から行くなら、BTSサパーンタクシン駅近くのサトーンピアよりICON SIAM行きの無料シャトルボートに乗ってICON SIAMへ。そこから徒歩でお店に向かってください。

ICON SIAM行き無料シャトルボート タイトル画像
【最新版】アイコンサイアムの行き方 無料シャトルボートで行く方法[BTSサパンタクシン駅そばサトーンピア発] バンコクの最新商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)行きの無料シャトルボートの乗り方について解説します。 BTSサパ...

最寄りのBTSの駅はクルントンブリー駅ですが、徒歩21分かかります。タクシー推奨です。

 

VACATIONの雰囲気

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内

VACATIONの内装は、モノトーンを基調としたスタイリッシュながらも、ところどころカラーを取り入れたどこか遊び心を感じる雰囲気です。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内

カウンター、ソファー、テーブル、お好きな席を選べます。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内

ところどころに飾られたアートが特徴的です。これ、確か有名なアーティストの作品ですよね?

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のアート

おしゃれだけれど、かしこまりすぎなくて落ち着く雰囲気のカフェだと思います。

お店のテーマは、”Make everyday a vacation”

ちなみに、全席にというわけじゃありませんが、ところどころに電源タップが設置されています。無料WiFiのスピードも申し分なく、パソコン作業にも向いています。

ドリッパーとカップのセットが売ってた。カワイイ。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のカップとドリッパーのセット

 

VACATIONのメニュー

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のフード

VACATIONはドリンクメニューだけでなく、ご飯メニューも充実しているタイプのカフェです。メニューはタイ料理から西洋料理まで幅広く、どんな人と一緒でも楽しめると思います。

 

ES-TONIC(180B)

まずはドリンクメニューからおすすめを。エスプレッソとトニックウォーターをあわせたコーヒー・ドリンクです。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation  ES-TONICES-TONIC 180B(約630円)

エスプレッソは、かっこいいドクロ型の器で提供されます。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation ES-TONIC

トニックウォーターにエスプレッソを入れたドリンクはたぶん初挑戦。どんな味かな、と思って飲んでみたけれど意外にもすごく合う!レモンも入っていてフレッシュでフルーティーな味です。

コーヒー豆もフルーティーで爽やかなタイプを使用し、トニックもイギリスから輸入したハーブの風味のフェンティマンスを使用しているからこその、爽やかさなんだそう。

コーヒーの新しい可能性に気付かされました。ドリンクとしてはお高めだけれど、おすすめです!

その他にもドリンクの種類が豊富なので、きっと注文するのみ迷っちゃうと思います。フィルタ-コーヒー用の豆。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のコーヒー豆

それからお茶もたくさんありました。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のティー

クラフトビールも置いてあって、バーとしても楽しめそうです。

 

チキングリーンカレー(195B)

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のチキングリーンカレーチキングリーンカレー&ロティーorライス 195B(約680円)

フードメニューからあまり辛くないタイ料理を、ということでグリーンカレーを。まぁ、グリーンカレーですからそこそこ辛かったですけどね。

でもとっても美味しいグリーンカレーでした。チキンと小さいナスのほか、タケノコも入っていました。

 

トムヤムクンクロワッサン(265B)

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のトムヤムクンクロワッサントムヤムクンクロワッサン 265B(約930円)

独創的なトムヤムクンのクロワッサン。プリプリのエビとチーズに、ほのかなトムヤムクン風味で美味しい!メニューを見なければトムヤムクン味と気づかなかったかも…?辛味もほとんどなくて、万人受けする味だと思います。

 

フライドポークベリー(180B)

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のフライドポークベリーフライドポークベリー 180B(約630円)

もう一品は、豚バラ肉を揚げたボリューミーな一品。とっても美味しいのだけれど、1人で食べるには油がちょっとキツイかな。数人でシェアしたいメニューでした。

 

デザート

今回は食べなかったのですが、デザートもありますよ。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation のケーキ

BTSプロンポン駅直結のデパート「エンポリアム」にも入っているAnya’s Ovenのケーキです。

【Anya's Oven】チョコでできたバラがリアル!エンポリアム内のケーキショップ(PR) Bake Shop【Anya's Oven】がエンポリアムにポップアップストアを出店しました。 Instagramのフォロ...

Anya’s Ovenは、もともと運営していたレストランAnya Placeから派生したケーキ屋さん。実はVACATIONの料理もAnyaのレストランにいたシェフが調理しているのだそう。

カフェの上はホテルになっています。広々とした間取りの部屋ばかりで、とても素敵でした。バンコクで都会の喧騒を離れて、暮らすようにゆるゆると過ごしたい方におすすめです。

 

まとめ:VACATIONはドリンクもフードも美味しいカフェ。パソコン作業にも◎

バンコク・トンブリー地区にある最新商業施設ICON SIAMの近くにあるカフェ「VACATION」について紹介しました。

おしゃれだけれど、落ち着く雰囲気で、パソコン作業にも向いているカフェです。ご飯もドリンクも美味しく、クラフトビールも有り。どんな場面でも、どんな方にもおすすめできます。

ちょうどウォンウェンヤイの手芸用品と同じ通りにあるので、手芸用品を買った帰りによるのもおすすめです。

バンコク・ウォンウェンヤイの問屋街へ手芸用品を買いに行きました チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区のウォンウェンヤイにある問屋街へ手芸用品を買いに行ってきました!ウォンウェンヤイの問屋街のこと...

カフェの上階にはホテルが併設されています。全4室のみのおしゃれなブティックホテルです。

Vacation Bangkok The Artistic Home タイトル画像
暮らすように旅したい方におすすめICONSIAM近くのカフェ付きブティックホテル【Vacation Bangkok The Artistic Home】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにある全4室のブティックホテル、Vacation Bangkok The Artis...

 

バケーション(VACATION)の店舗情報

  • 営業時間:7:30-20:00 (月曜定休)
  • TEL:(+66)  2 162 0166
  • 住所:เลขที่ 756,762,764, ถนนเจริญรัถ คลองต้นไทร, เขตคลองสาน กรุงเทพมหานคร 10600
  • 公式URL:Facebook Instagram
  • アクセス:ICON SIAMから徒歩5分
  • 地図:Google mapで開く

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年7月現在) 

アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク【アイコンサイアム】旅行者におすすめしたい7つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です