バンコク観光

暮らすように旅したい方におすすめICONSIAM近くのカフェ付きブティックホテル【Vacation Bangkok The Artistic Home】(PR)

Vacation Bangkok The Artistic Home タイトル画像

バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにある全4室のブティックホテル、Vacation Bangkok The Artistic Home(以下VACATION BANGKOKとします。)を紹介します。

おしゃれなカフェに併設されたホテルで、清潔で広くておしゃれな部屋に、パソコン作業にぴったりのデスク付き、バスタブ付きの部屋もあります。

  • 大型ホテルよりブティックホテルが好きな方
  • 旅行中もパソコン作業が必要な忙しい方
  • チャオプラヤー川沿いをゆるゆると観光しながら暮らすように旅したい

におすすめのホテルです。

VACATION BANGKOKを予約する↓

Expediaで予約Booking.comで予約

サク
サク
私の好みにぴったりのホテルでした!

 

VACATION BANGKOKの場所

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の外観

VACATION BANGKOKがあるのは、バンコクのチャオプラヤー川沿いの商業施設ICON SIAMから歩いて5分ほどの場所です。

地図はこちら。

バンコクの中心部から行くなら、BTSサパーンタクシン駅近くのサトーンピアよりICON SIAM行きの無料シャトルボートに乗ってICON SIAMへ。そこから徒歩5分ほどでホテルに着きます。

ICON SIAM行き無料シャトルボート タイトル画像
【最新版】アイコンサイアムの行き方 無料シャトルボートで行く方法[BTSサパンタクシン駅そばサトーンピア発] バンコクの最新商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)行きの無料シャトルボートの乗り方について解説します。 BTSサパ...

最寄りのBTSの駅はクルントンブリー駅ですが、徒歩21分かかります。この場合はタクシー推奨です。

ホテルの1階がカフェになっています。

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内
ICON SIAM近くのパソコン作業向きカフェ【VACATION(バケーション)】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにあるホテル併設のカフェ「VACATION」を紹介します。 今回PRのためにご...

 

VACATION BANGKOKのお部屋

VACATION BANGKOKは全4部屋の、小さなブティックホテルです。

レセプションは特に設けられておらず、チェックインはカフェのスタッフに声をかけて行います。

スタッフさんには英語が通じます。特にオーナーさんは英語が堪能なので、なにか困ったことがあれば彼女に相談しましょう。

チェックインタイムは15:00から22:00。それ以降のチェックインも可能ではありますが、分かりづらいのでおすすめしません。

できればカフェの営業時間内の20:00 までに着くようにした方が良いでしょう。

カフェの2階と3階に部屋があり、エレベーターはありませんが、重い荷物を運ぶときはスタッフが手伝ってくれます。

Vacation Bangkok The Artistic Homeの階段

部屋にはGardener、Leathersmith、Photographer、Illustratorという名前がついていて、それぞれ素敵な内装になっています。

 

Gardener(Deluxe Suite)

Vacation Bangkok The Artistic Home タイトル画像

私が宿泊したのはGardenerのお部屋です。34㎡の広いお部屋です。

広々としたベッドとソファがあります。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのベッド

ベッドは広くて寝心地がよく、掛け布団やシーツも上質なものです。

サク
サク
ゲストが快適に過ごせるように寝具は5つ星ホテル並の上質なものを選んでいるんだそう 

窓からの眺望はこんな感じ。ちょうど目の前の道路が見下ろせます。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteからの眺望

窓際には作業デスクがあります。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteの作業デスク

ここで作業しましたが、机と椅子の高さがちょうどよく、WiFiも速いし、とても快適にブログを書ける環境でした。

サク
サク
旅の間もパソコン作業が必須の方には最高の環境!

壁にかけられたTVではNetflixが見れるようになっていたり、Boseのスピーカーが置いてあったり、部屋でも楽しく快適に過ごせるような工夫が見られました。

クローゼットはありませんが、服をかけられるハンガーがいくつかあります。

キッチンには電子レンジ、ケトル、大きな冷蔵庫があります。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのキッチン

そのほか、果物ナイフやカトラリー類、簡単な食器などが備え付けられているから便利。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteの食器・カトラリー類 Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteの食器・カトラリー類
サク
サク
市場で果物を買ってきて、部屋でむいて食べたりもできます。ただし匂いの強いドリアンと色素が濃いマンゴスチンはNG!

冷蔵庫にはペットボトルの水が2本、それからティーバッグが数種類用意してあってときめきました…!

カーテンで仕切られた先がバスルームになっています。

この部屋の最大の特徴はバスタブがあること!

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのバスタブ

久しぶりにお湯に浸かって極楽。お湯の出も申し分なく、快適に使えました。

サク
サク
お風呂大好き日本人としては嬉しい!

そのほかに独立したシャワールームとトイレ、そして洗面台があります。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのシャワールーム Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのトイレ

ボディソープとシャンプーはタイ産の人気スキンケアブランドglaのもの。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのボディソープとシャンプー

glaは初めて使いましたが、香りが爽やかで使い心地もよくて気に入りました。

ドライヤーもあります。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Suiteのドライヤー

タイのホテルでありがちなのですが、歯ブラシは無かったので持参しましょう。

宿泊していて困ったことといえば、入室してしばらくすると蚊が入ってきたので、蚊対策のスプレーをふってもらいました。その後は蚊は現れなかったので良かった!

スプレー後1時間は部屋に入れないので、もし蚊の気配を感じたら早めにホテルスタッフに伝えて対策してもらいましょう。

 

Photographer(Deluxe Twin Room)

その他の部屋も軽く写真で紹介します。

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Twin Room

Photographerの部屋は、Deluxe Twin Roomにあたります。

Vacation Bangkok The Artistic Homeの4部屋の中では一番低いグレードの部屋ですが、それでも32㎡の広さ。

深いブルーが効いたかっこいい内装も素敵です。

 

Illustrator(Deluxe Double Room)

Vacation Bangkok The Artistic Home Deluxe Double Room

Illustratorの部屋はDeluxe Double Room。この部屋も32㎡あります。

 

Leathersmith(Deluxe Triple Room)

Leathersmithの部屋はトリプルタイプの32㎡の部屋です。

タイミング的に見学できなかったので写真なし。気になる方はエクスペディアなどの予約サイトで確認してみてください。

VACATION BANGKOKの部屋を見る

Expediaで見るBooking.comで見る

 

VACATION BANGKOKのサービス(有料)

VACATION BANGKOKでは、

  • ランドリーサービス(午前中に依頼して翌日受け取り)
  • 空港送迎サービス

を行っています。

 

VACATION BANGKOKの朝食

朝食は1階のカフェでとりました。

Vacation Bangkok The Artistic Homeの朝食

エビのお粥(カオトム)、優しい味でとても美味しかったです!

朝食なしの宿泊プランで申し込んだ場合は、このお粥とコーヒーとクロワッサンとのセットで350バーツです。

Vacation Bangkok The Artistic Home 朝食のコーヒー

おしゃれで美味しいけれど、朝食としてはちょっと高めかな。

朝食は簡単でかまわない方は、最寄りの市場クローンサンプラザあたりまで散歩がてら歩いていくと、たくさん売っています。

クローンサンプラザ

揚げパン「パートンコー」とかもいいですね!

クローンサンプラザのパートンコー

このほかにもワッフルなどもありました。

Klongsan Plaza

セブンイレブンもすぐ近くにあって便利!

VACATION BANGKOKを予約する↓

Expediaで予約Booking.comで予約

 

VACATION BANGKOKの周辺情報

VACATION BANGKOKがある通りは、ある程度人通り・車通りはあるけれど、にぎやかすぎもしない雰囲気です。夜に出かけても怖いということもなく、女性1人で泊まるのに最適な立地だと思います。

以下、VACATION BANGKOKの周辺情報をまとめるので、お出かけの参考にどうぞ。

 

最新商業施設ICONSIAMがすぐそば

ICON SIAM

ホテルから徒歩5分もしない場所に最新商業施設ICONSIAMがあります。

ICONSIAMにはタイ初出店の高島屋が入っているほか、水上マーケットを模したコーナーがあったり、飲食店も多数入っていて、見応えがあります。

アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク最旬デパート【アイコンサイアム】7つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...

特に夕方以降に複数回行われる噴水ショーは必見!

アイコンサイアム(ICONSIAM)の噴水ショー
バンコク【アイコンサイアム】の無料の噴水ショーがすごい! バンコクのチャオプラヤー川沿いに2018年にできたばかりの商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)。日本の高島屋や、タイ発の...
ICONSIAM

 

The Jam Factoryもおすすめ

The Jam Factory

ICON SIAMの近くにあるモールThe Jam Factoryにもぜひ行ってみてください。ICON SIAMよりもこじんまりした雰囲気で、レストラン・カフェ・雑貨屋が集まっています。

ここのThe Never Ending Summerは、私のおすすめのタイ料理レストランです。

ネバーエンディングサマーはおしゃれ&ヘルシーなタイ料理で女性ウケ間違いなし! チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区にあるタイ料理レストラン、ネバーエンディングサマー(The Never ending s...
The Jam Factory

 

王宮方面・アジアティークへのアクセス良好

ホテルから徒歩5分ほどのところにあるICONSIAMの船着き場からは、無料のシャトルボートのほか、王宮方面に行くチャオプラヤーエクスプレスボートも発着しているので、チャオプラヤー川沿いの観光地へのアクセスは抜群です。

  • 王宮(ワット・プラケオ)
  • ワット・ポー
  • ワット・アルン
  • 中華街ヤワラート
  • ニューハーフショーのカリプソが行われるナイトマーケット・アジアティーク

などにも気軽に出かけることができます。

ICON SIAM行き無料シャトルボート タイトル画像
【最新版】アイコンサイアムの行き方 無料シャトルボートで行く方法[BTSサパンタクシン駅そばサトーンピア発] バンコクの最新商業施設アイコンサイアム(ICONSIAM)行きの無料シャトルボートの乗り方について解説します。 BTSサパ...

バンコクが初めてなら、チャオプラヤー川エクスプレスボートを乗りこなすのは難しいかもしれないので、観光客向けのHOP ON HOP OFF BOATを利用するのも一案です。

 

美しい天井画のワットパクナムが近い

美しい天井画で有名なワットパクナムも近いので、ホテルからタクシーで行っちゃっても良いと思います。

【ワットパクナム】で美しい天井画を眺めよう バンコクのお寺ワットパクナムは、チャオプラヤー川の向こう側のトンブリ地区にある、美しい天井画で有名なお寺です。その美しさからIn...

 

手芸問屋街(特にレザー系)

ホテルがあるジャルンラット通りを西の方に歩いていくと、手芸問屋街になっています。

特にレザーやPVC素材の生地、カバンなどの部品などが多く販売されています。手芸好きの方は、見に行ってみると面白いかも。

バンコク・ウォンウェンヤイの問屋街へ手芸用品を買いに行きました チャオプラヤー川の向こう側、トンブリ地区のウォンウェンヤイにある問屋街へ手芸用品を買いに行ってきました!ウォンウェンヤイの問屋街のこと...

逆にホテルからアクセスが悪いのは、

これらに行く予定の方はBTSやMRT沿線のホテルの方が便利です。

また、朝早く出発する現地日本語ツアーのホテル送迎範囲に入っていない可能性があるので要確認。

 

VACATION BANGKOKの総評

VACATION BANGKOKは、バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにある全4室の小さなブティックホテルです。

32~34㎡の広い部屋はおしゃれなインテリアで彩られ、寝具は上質なものを使用。バスタブがある部屋もあり、快適に過ごすことができます。

1階はカフェ、部屋にデスク有り、WiFiが速いことから、旅の間にもパソコン作業が必須の忙しい方にとっても快適なホテルだと思います。

1階のカフェといい、部屋のインテリアといい、私の好みにドンピシャ。しかもかわいいだけでなく快適さについても◎のホテルでした。

チャオプラヤー川沿いの観光地をゆるゆると巡りつつ、暮らすように旅したい、バンコクリピーターの方に特におすすめしたいです。

VACATION BANGKOKを予約する↓

Expediaで予約Booking.comで予約

 

VACATION BANGKOKの基本情報

  • TEL:(+66)  2 162 0166
  • 住所:เลขที่ 756,762,764, ถนนเจริญรัถ คลองต้นไทร, เขตคลองสาน กรุงเทพมหานคร 10600
  • 公式URL:Facebook Instagram
  • アクセス:ICON SIAMから徒歩5分
  • 地図:Google mapで開く

ブログランキングに参加中です。ブログを気に入ってくれたらクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2019年7月現在) 

バンコク・トンブリー地区のカフェVacation の店内
ICON SIAM近くのパソコン作業向きカフェ【VACATION(バケーション)】(PR) バンコクの最新商業施設ICONSIAMの近くにあるホテル併設のカフェ「VACATION」を紹介します。 今回PRのためにご...
アイコンサイアム(ICONSIAM)の見どころまとめ タイトル画像
バンコク最旬デパート【アイコンサイアム】7つの見どころ 2018年にオープンしたばかりのバンコクの最旬デパート、アイコンサイアム(ICONSIAM)。 これまでにデパートがなかっ...
ABOUT ME
サク
サク
2014年4月からタイ・バンコクに住んでいます。夫婦ふたり暮らし。 バンコク在住者にとっても旅行者にとっても役立つ情報をお届けできるよう奮闘中。
サク監修のバンコク近郊フォトジェニックツアー(PR)
サク監修のツアーで訪れる花市場

現地オプショナルツアー予約専門サイトVELTRA(ベルトラ)でツアーを監修させてもらいました!!

  • 自力ではなかなか行きづらいピンクのガネーシャ
  • 天井画が美しいワット・パクナム
  • 花いっぱいのパクローン市場

 

などなど、私がおすすめしたいバンコクとその近郊のフォトジェニックなスポットを盛り込んだツアーです。

ツアー中に立ち寄るレストランやカフェも、私の大好きなお店を選びました。

詳細の確認&ご予約は、VELTRA(ベルトラ)のサイトからどうぞ!

≫VELTRAのツアー予約ページへ
icon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です