サクのバンコク生活日記

タイ・バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

バンコクから日帰りで海・水上マーケット・遺跡観光!ワンデイトリップ集

f:id:saku_bangkok:20181120122448j:plain

バンコクから日帰り可能だけれど、移動に時間がかかる(1.5時間~)ワンデイトリップ先をまとめました。バンコク郊外観光の定番である水上マーケット、アユタヤ遺跡、もし海がみたいならパタヤなど目白押しです。

なお、もうちょっと気軽にバンコクから1時間以内でサクッと行けるプチトリップ先も別にまとめています。

 

神秘的な景色が広がるカオルアン洞窟

バンコクから車で2時間ほどのところにあるペッチャブリー県にある洞窟です。洞窟の岩の割れ目から光が差し込み、幻想的な景色が見られます。

 

三倍速で願いが叶うと噂のピンクのガネーシャ

f:id:saku_bangkok:20181120122448j:plain

バンコクから車で1時間半、チャチュンサオ県にある「ピンクのガネーシャ」。三倍速で願いをかなえてくれると噂で日本人に人気の観光スポットです。

同じくチャチュンサオ県にある白く美しいお寺で、お礼参りでゆで卵を奉納することで有名なワット・ソートーンもあわせてどうぞ。

 

トラと写真が撮れるシラチャータイガーズー

f:id:saku_bangkok:20181120122856j:plain

バンコクから車で1時間半~2時間ほどの場所にあるシラチャータイガーズーではトラと一緒に写真を撮ることができます。

周りの友達が口をそろえて「シラチャータイガーズーは良かった」と言うので気になっていたのですが、たしかにここは楽しかった。

 

メークロン市場&アンパワー水上マーケット

列車が来るとパタパタとテントをたたむメークロン市場は、市場ギリギリを列車が進む大迫力の光景が見られる大人気スポット。

その近くにあるアンパワー水上マーケットはタイの昔ながらの景色が残る水上マーケットです。ノスタルジックな雰囲気のおしゃれカフェなどもあって癒やされます。夜にはホタルも見ることができます。

 

ロッブリーのひまわり畑と遺跡群

お友達が本帰国する前に思い出つくりのために、日帰り日本語バスツアーに参加しました。ひまわり畑はきれいだったし、お寺や遺跡群も雰囲気あってよかったです。普段はあまりツアーは利用しない派なんだけど、こうやって自分ではみつけられない場所に連れてきてもらえるのはいいなぁと思いました。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケット

有名なダムヌンサドゥアック水上マーケット。同じ水上マーケットなら、私はアンパワー水上マーケットの方が好き。

 

タイの世界遺産・アユタヤ

f:id:saku_bangkok:20170806004725j:plain

アユタヤはとにかく暑かった記憶があります。遺跡や歴史に興味がある人は面白いと思うけど、そうでない人にとっては、「とにかく暑い!」という感想になってしまう危険もあります^^;あ、象に乗ることもできますよ。暑すぎてあまり印象が良くなかったからか、そのときのことはブログに書いていませんでした(笑)。

というわけで代わりにアユタヤマラソンに参加したときの記録を…。マラソン大会もタイの各地で開催されていて人気みたいです。私は運動全般が苦手だから一回で十分。

 

ナコンパトムで絶品の火山蒸し焼きを食す

バンコク在住日本人に最近人気の火山海老。火山のようなパフォーマンスもすごいけど、とにかく味が良い!!本当に美味しいので、ぜひ食べにいってみてください。ナコンパトムまでは車、列車、バス、ロットゥーなど色んな行き方がありますが、私たちはタイ国鉄に乗ってみました。ナコンパトム駅前にある巨大な仏塔も見応えがあります。

 

パタヤのラン島

f:id:saku_bangkok:20170806004935j:plain

バンコクから日帰りでこれだけ美しい海に行けるっていうのは素晴らしい!!

 

ウドンタニのピンクの蓮の花の湖

これはワンデイトリップに入れて良いものか迷ったのですが、一応日帰りで行ったので…。ウドンタニというラオス国境に近い県なので、日帰りといっても飛行機利用です。

蓮の花はとてもきれいでしたが、乾季にバンコクと同じノリで行ったらすっごく寒かった思い出があります。服装にはお気をつけください。あと、蓮の花を見た後かなり時間を持て余しました。やはり日帰りでなく、一泊して別の見どころも併せて観光するのがベストかと思います。

以上、バンコクからおすすめのワンデイトリップ先を紹介しました。

ワンデイトリップを楽しみたいけれど「自力では不安…」という方は「タビナカ」のオプショナルツアーに参加してみてはいかがでしょう?

1日もしくは半日で有名な観光地を効率良く回ることができるので、時間に余裕が無い方や急に空き時間ができた方にも最適です。