サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

バンコク駐在妻がタイ語学校に通うべき4つの理由

4月は新たにバンコクに赴任してくる方が多い季節。これからバンコクで駐在妻として生活を始めるって方もたくさんいらっしゃるかと思います。

バンコクでの新生活がある程度落ち着いてきたら、検討しはじめるのがタイ語学校です。でも「タイ語は日本に帰ってからあまり役に立たないし、バンコクでは英語だけで生活できる」という理由でタイ語学校に通うかどうか迷っている方もいるんじゃないでしょうか?

たしかにそれも一理あるのですが、私は次の4つの理由からバンコクに来てすぐにタイ語学校に通った方がバンコク生活が快適で楽しくなるんじゃないかと思っています。

 

友達ができる

私がタイに来てすぐにタイ語学校に通うことを勧める一番の大きな理由が友達ができるからです。

タイ語のグループレッスンの初級クラスには、同じ時期にタイにやってきて、タイ語を一から学ぶ人達が集まります。これだけ同じ境遇の人たちが集まる場所っていうのは他の習い事ではありません。

同じ時期にタイに来て、全員がタイ語をまったく話せないレベルから一緒にタイ語を学んでいると、自然に団結力が高まって気がつくと友達になっていくんですよね。

また、エアコンが水漏れしたとか、修理の人が時間どおりに来ないとか、慣れないバンコク生活の色んな苦労を共有して情報交換できるのもポイントです。

そんな環境に身を置けるのはバンコクに越してきて数ヶ月の短い間だけ。もしバンコクで友達がほしいなら、このチャンスを逃すのはもったいないと思います。

私はタイに来てからもうすぐ4年が経過しますが、今でも一番仲良くしてもらっているのは最初に通ったタイ語学校でできた友達です。その友達と出会えただけでもタイ語学校に通って良かったと思っています。

 

日常生活で意外とタイ語を使う

たしかに、スーパーなどで買い物をするとか、カフェやレストランで料理を注文するくらいなら特にタイ語は必要ないでしょう。

ただ、タクシーや車の運転手、部屋の不具合の修理に来てくれるスタッフ、デリバリーの担当者など、実際の日常生活で主婦がやりとりするタイ人はタイ語オンリーの場合が多いんですよね。

タイ語を少しでもしゃべれると、日常生活のストレスがグンと少なくなります。

 

ぼられにくくなる

これは肌感覚なのですが、タイ語でコミュニケーションがとれるようになってからタクシーなどでぼられることが少なくなった気がします。これはストレスなく生活する上で大きい!

 

世界が広がる

タイ語がちょっと分かってくると、それまで怖くて行けなかったローカル食堂とか市場にも行ってみようかという気になってきて確実に見える世界が広がります。

さらにもうちょっと勉強してタイ文字の読み書きができるようになると、タイ語で書いてあるお得情報がゲットできたり、バスの行き先や簡単な注意書きくらいは読めるので生活がもっと楽になりますよ。

 

以上4つの理由から、タイ語学校に通ったほうが楽しく快適なバンコク生活になるんじゃないかと思っています。

次回は、私が実際に通ったタイ語学校について紹介しますね。

>>バンコク駐在妻におすすめのタイ語学校をタイプ別に紹介します