サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住5年めのサクが紹介するブログです。

ヤワラートにあるレトロカフェ・イヤセー(益生老店)

イヤセー

ヤワラートにあるレトロカフェ・イヤセー(益生老店)を紹介します。

ここは今流行りのレトロ【風】カフェではなく、正真正銘のレトロカフェです。

その雰囲気はまるでそこだけ50年前にタイムスリップしてしまったみたい。いつも地元のおじいちゃんたちで賑わっています。

ここのミルクティーが優しい味で好きなんです。

 

イヤセー(益生老店)の場所

イヤセーのある通り

イヤセー(益生老店)があるのは、バンコクの中華街ヤワラート。

昨日このブログで紹介したチャタ・スペシャルティ・コーヒー(Chata Specialty Coffee)のすぐ近くです。

実は、このイヤセー(益生老店)に行こうとしていた途中でチャタ・スペシャルティ・コーヒー(Chata Specialty Coffee)を見つけたのでした。

上の写真の通りの右手にイヤセー(益生老店)はあります。

 

数十年前にタイムスリップしたようなレトロカフェ

イヤセーの看板

こちらがイヤセー(益生老店)の入口です。看板からも古さが感じられます。

内装はこんな感じです。冷房はありません。

イヤセーの内装

店内は地元のおじいちゃんたちでいつも賑わっています。

イヤセーの内装

イヤセーの雰囲気

 

イヤセー(益生老店)のメニュー

イヤセー(益生老店)のメニューを紹介します。メニューは全部タイ語で書いてあります。

イヤセーのメニュー

 

チャーイェン(ミルクティー) 25バーツ(約85円)

ミルクティー

私が好きなのはチャーイェン(ミルクティー)です。甘さ控えめ(タイ語でワーンノーイ)で作ってもらいます。優しい味で美味しいので、ここに来たらいつもこれを頼んでしまいます。

他にもコーヒーなど普通のカフェメニューもありますよ。

 

カノムパンピン(バタートースト)

バタートースト

これは前回来た時に頼んだバタートースト。価格は忘れてしまいました。

タイの昔ながらのレトロカフェの定番メニューです。コンデンスミルク無しにしてもらいました。これも懐かしい味がして、たま~に食べたくなるんですよね。

以上、ヤワラートにあるレトロカフェ・イヤセー(益生老店)について紹介しました。バンコクの昔ながらの雰囲気を味わいたいときにおすすめです!

 イヤセー(益生老店)
  • 営業時間:8:00-20:00(日曜定休)
  • 住所:115 Phat Sai, Samphanthawong, Samphanthawong, Bangkok 10100
  • TEL:(+66) 2 221 0549
  • アクセス:MRTフアランポーン駅から徒歩12分
  • 地図:Google mapで開く

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2018年3月現在) 

***ヤワラートのカフェ・レストラン***