サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

おしゃれなカフェやショップが集まるバンコク・アーリー散策記

BTSの終点モーチット駅から2駅手前のアーリー駅。この周辺はおしゃれなレストランやカフェが集まるエリアとして知られています。

今日は、子連れで海外生活@タイでマイペンライのきょんさんとアーリーのカフェ散策に行ってきました。

歩きながら「アーリーってちょっと前に流行りましたよね~」みたいな話をふったら、きょんさんには心当たりが無かったようで。バンコクマダムの特集をきっかけにちょっとしたアーリーブームになった時があったと思うのですが…。

検索してみると、その特集は2014年の10月号だったみたい。もう3年も前のことなんですね。

3年前の特集なので、掲載されている店の中には閉店している店もあるのですが、Saltなどの有名レストランはまだまだ健在です!Salt、行ってみたいんだけれど夜しか営業していないからなかなか機会が無いんだよな。

前置きが長くなってしまいましたが、今回めぐったお店を紹介したいと思います。

 

汁なしカオソーイが旨い!カオソーイ専門店OngTong

まず訪れたのは、ソイアーリー(パホンヨーティン ソイ7)に入ってしばらく行った左手にある、カオソーイ専門店Ong Tongです。

小ぢんまりとした店です。

机の上の紙に書いて店員さんに渡して注文する食堂方式。しかし、その紙にかかれているのはぜーんぶタイ文字。メニューはあるか聞いてみたら、一応英語付きのメニューがもらえました。残念ながら写真付きのメニューは無いみたいです。

とりあえず、普通のカオソーイ(Chiken Khaosoi 69バーツ/約230円)と、

初めて見るStir-fried Chiken Khaosoi w/egg (89バーツ/約300円)を注文。タイ語名は、カオソーイクアヘーンガイとなっていました。

汁なしのカオソーイ、初めてだ!!

カオソーイを卵と一緒に炒めたもので、カレー味のパッタイといった雰囲気で美味しかったです。ノーマルタイプのカオソーイも普通に美味しかったんだけど、こちらの方が断然好みでした!!

私達が入店したのは11時ごろだったのですが、その後お客さんが続々と訪れていました。人気店みたいですよ。ランチの時間帯に訪れるなら早めが良さそうです。

Ong Tong Khaosoi

 

タイの素材を使ったアイスクリームカフェ・One Dee Cafe

 今日のメインの目的はここ。Ong Tong Khaosoiの隣にあるココナッツなどのタイらしい素材を使ったアイスクリームのお店です。

こっちも小さなお店です。中に入るとまずはカウンターで注文します。

アイスクリームのフレーバーは色々あって、それぞれ試食させてくれました!ココナッツミルク味とヤシ砂糖味、タイティー味、蒸しパン味(?)とか、色々説明しながら試食させてもらったけど、細かくはよく分かりませんでした^^; 

選んだのは、まずはタイティー味(99バーツ/約340円)。

アイスクリームも美味しかったけど、トッピングで入っているタピオカゼリーが絶妙にマッチしていました。

それから、これはアイスの味の説明がよく聞き取れなかったもの(99バーツ/約340円)。

上に乗っている青いものはルークチュップ、黄色のものは卵の黄身を使ったフォイトーン。どちらもタイの伝統的なお菓子です。甘い中にも塩味がきいて、タイらしい味わいです。

お味もさることながら、ガラスの器やスタイリングがとってもカワイイ。

飲み物はコーヒーをいただきました(各70バーツ/約240円)。

これもタイの伝統的なベンジャロン焼きのカップで出てくる、というこだわりようです。

すごく可愛らしいお店でした。来た時には空いていた店内でしたが、帰る頃には満席に!タイ人にすごく人気のお店でした。

One Dee Cafe

 

カフェ併設のかわいいお花屋さん Flower in Hand By P. 

最後に訪れたのは、カフェ併設のカワイイお花屋さん。残念ながら水曜日はカフェはお休みということでしたが、お花屋さんは営業していて店内を見せてもらうことができました。

ボックス型のお花を敷き詰めた箱が可愛くって! 

たしか生花だと2400バーツ~、ドライフラワーだと1500バーツ~作ってくれるって言っていました。(価格はうろ覚えです。すみません)

このほか、クリスマスのリースとかも希望に応じてオーダーできるみたい。Instagramがすっごくカワイイのでぜひ見てみてくださいね。

またカフェがやっている日にゆっくり訪れてみたい、とっても可愛らしい場所でした。

Flower in Hand By P.

こんな感じで巡った久しぶりのアーリー散策。かなーり楽しかったです!!

アーリーはスクンビットから遠そうに感じるのですが、実際に行ってみるとBTSで一本だし意外と近く感じるんですよね。

またふらっと遊びに行きたいと思います。

***その他のアーリーに関する記事***