サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

ひょうきんなモニュメントが楽しいフォトジェニックな寺ワットシームアン【ビエンチャン旅行記2017-⑦】

ビエンチャン旅行の最終日。この旅では食べてばっかりで観光らしい観光はしていなかったのですが、最後に一つくらい観光スポットに行っておこうかと思って訪れたのがココ、ワットシームアンです。

ビエンチャンの街の中心からそう遠くない場所にあります。ホテルからバイクで5分もかからなかったかな。

あまり期待せず行ったのが良かったのか、思った以上に面白い場所でした!

緑いっぱいの気持ち良い場所です。

さてさて、

中に入ってみましょう!

中に入ってすぐに気になったのがコイツ。

この絶妙なクオリティ。かわいい。

このあんまり強そうでないライオンが守る、本堂とおぼしきところに入ってみます。

中は金ピカに装飾されていました。

たくさんの人がお参りに来ていて、お坊さんと話しています。

お坊さんの後ろには赤い立派な椅子?がありました。

大きなドラも。

いろいろあったけれども、一番気になったのは、祭壇の右手前に置かれたコレ。

コレです。

女性の方がこれを一生懸命持ち上げてお祈りしていました。いったいどんな効果があるんでしょうか?すごく腰を痛めそうでしたけど。

外に出てみましょう。こちらがさきほど中に入った建物です。

外の売店では、お供え物を売っていました。ビエンチャンではこのタイプのお供え物をたくさん見かけました。

もう少し奥の方にある建物は、お花とトゥクトゥクと相まってなかなか素敵な佇まい。

次に気になったのは本堂の裏手にあるこちらのスペース。

統一感の無い面々に護られているのは、古い遺跡っぽい感じ。

こちらでもお参りします。

お布施をして、線香とろうそく、お花を供えるスタイルはタイと同じでした。

最後にこのお寺で見かけた不思議でちょっとおもしろい面々を紹介したいと思います。

かなり楽しませてもらいました!!

こんな面白いモニュメントがたくさんあるお寺ですが、お寺の建立時に若い妊婦が自ら生贄としてお寺の柱穴に飛び込み亡くなったという悲しい伝説があるんだそうですよ。

ワット・シームアン Wat Si Muang ວັດສີເມືອງ

ビエンチャン旅行記もこれで最後です。長らくお付き合いありがとうございました。次はバンコク生活日記らしいことを書きたいと思います笑

ラオス・ビエンチャン旅行記