サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

バンコクで予算20,000バーツ以下で借りられる部屋を探してみた!

f:id:saku_bangkok:20170404123515j:plain*1

このたび、バンコク内で初めてのお引っ越しをしてみました!

前の部屋でもそこまで不満は無かったのですが、同じ条件以上で家賃がもっとお安くなる部屋をここ数ヶ月探していました。うちの夫の会社は家賃補助が無いため、家賃が安ければ安いほど家計は助かるんです!

具体的には家賃20,000バーツ以下を条件に部屋を探していたのですが、20,000バーツ以下の物件って日系の不動産会社ではほとんど扱っていないんですよね。そこで基本的には日系の不動産会社を通さずに探すことにしました。

今回は私達が実際にどんな風に20,000バーツ以下の部屋を探したのかについて書いてみたいと思います♪

  

何はともあれWebで情報収集!

日系不動産会社を通さないといえ、やみくもに歩き回っても効率が悪いので、まずはインターネットを使って情報収集をしました。

バンコク掲示板

バンコク掲示板に時々安い物件情報が出るので、気になる物件があればコンタクトをとって見に行ってみました。結局引っ越しをするほどの決め手になるような物件はありませんでしたが、まぁまぁ良い部屋はいくつか紹介してもらえましたよ。

Rent Hubなどの日系以外のサイト

日本語だけでは情報が少ないので、英語やタイ語のサイトもいくつか見てみました。その中でも1番情報量が多くて使い勝手が良いのはRent Hubかな。BTSの駅や家賃で細かく検索できるから便利でした。

これらのサイトで情報を集めて、なんとなく「このソイの物件が良さそう。」という目星が付けられました。 

小林不動産のマップ検索&ミシュランの星チェック

ソイの目星をつけたら、小林不動産のマップも見てみました。小林不動産では「小林ミシュラン」と謳って小林社長の独自の観点からコンドミニアムに星の評価が付けられています。私達が探しているのは安いコンドミニアムなのでもちろん5つ星は望めませんが、あまりに辛口の評価が付けられていないかをチェックしました。

 

実際に足を運んで部屋を見学させてもらう

インターネットの情報でだいたいの引越し先の目星が着いたら、実際にそのソイに足を運んで飛び込みで空いている部屋を見せてもらいました。

この時に部屋自体ももちろんチェックしますが、バンコクに3年住んでみてコンドミニアムのスタッフがきちんと対応してくれる人でないと何かトラブルがあった時に困ることを痛感しているので、管理人さんや警備員さんたちの雰囲気も重視。

前の部屋のスタッフはとても良くしてくださったので良かったのですが、やっぱり色んな話を聞きますからね。 

そんなこんなで見つけた新しい部屋は、前の部屋より広く、家賃も安くなって(←大事!)今のところとっても満足しています。このまま何もありませんよーに!!

ちなみに、今回部屋を探すにあたって妥協したポイントは「バスタブ無し」にしたこと。バスタブ無しに条件を緩めたことで対象物件が広がりました。日本にいるときにはお風呂大好き人間だったのですが、バンコクに来てからシャワーでいっかってなりました。人って変わるんですね。

以上、家賃20,000バーツ以下の部屋の探し方についてでした。

****************************
ブログランキング参加中!
下のボタンから他の方のブログを見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ  

*1:写真はタイのコンドミニアムのイメージ画像です。実際にはココは20,000バーツじゃ借りられないお高いコンドミニアムです^^

/**トップページカード表示**/